海外旅行でトイレに悩まないために。早め早めが肝心。役立ちグッズを紹介。

スポンサーリンク
未分類

日本は世界一といってもいいほど、
トイレに恵まれた国。

なので海外旅行に行くと、多くの日本人は、
トイレに悩まされることになります。

トイレが見つからない。
有料だった。
コインがなくて入れなかった。
汚かった。
カギの閉め方がわからない。
紙がない。
水が流れない。

そんな海外でのトイレ問題の対策を列挙します。

〇トイレは出来るところですませる

ホテル、ホステルなど宿泊している場所には
必ずトイレはあるはず。
そうした所ですませておきましょう。

他にトイレが確実にあるところは、

ホテル(宿泊していないホテルでも利用可)
(4つ星ホテルなどの場合、ロビーに設置。
わからない場合はレセプション・フロントに)

ファストフード店、カフェ、バール
(イタリアのバールはトイレの設置が
法律で義務づけられている)

食堂、レストラン、大型書店など。
ショッピングモール、ショッピングセンター
美術館、博物館、教会などの観光施設、公共の建物
公衆トイレ(有料の場合が多い)

なお空港、鉄道・地下鉄の駅にも
トイレはありますが、誰でも入れ、
無防備になる場所ですので、
十分に注意下さい。
またホームから離れていることも多いので、
時間的余裕を持ってご利用下さい。

飛行機、長距離列車内のトイレ
(最近は比較的きれい。飛行機のトイレは着陸前、
混み合いますので、余裕を持って)

〇小銭の用意を

海外では公共の場所でも有料のトイレが多く、
紙もその場で購入したりするので、
小銭の用意を。

〇トイレの使い方、特に流し方を確認!

バールの場合は、店の人に申し出て、
カギをもらうスタイルが多い。
カギの閉め方、またトイレの水の流し方が
日本と違うことが多いので、確認すること。

〇トイレに流せるポケットティッシュなどを持参

海外ではトイレットペーパーが備え付けられて
いないことがあります。また切れていることも。

トイレに流せるポケットティッシュを、
日本から持って行くと安心です。

韓国、中国、東南アジアなど、
トイレにトイレットペーパー自体を
流せない国・地域があるので注意。
(トイレ脇のゴミ箱に入れる)

またウォシュレットはついていないことが
ほとんどですので、赤ちゃん用のお尻ふき、
携帯用のウォシュレットなどを持って行くと
よいでしょう。
(荷物になりにくく、便座の洗浄用にもなる
お尻ふきがお勧め。また心配な方は
薄型の尿を吸収するパンツ、パッドを利用する)

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント