亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

長年使っていた羽毛布団を新素材の布団に変えた知人。暖かさと軽さに驚く。

   

寒い季節。
あなたはどんな布団でお休みになっていますか?

自分は、もうずいぶん前にラジオ局の
通販で買った羽毛布団を使っています。

安かった割に、結構暖かく、重宝しています。

何年か前からは、親戚からお返しにもらった
アクリルボア毛布を上にかけるようにしたら、
さらに暖かさが増しました。

先日、知り合いとあって、話をしました。

知り合いも長い間、羽毛布団を使っていたのだそう。
けれど、ここ数年、中に入っている羽毛が部屋に
出るようになり、またへたれてきたので、交換することに。

それで新しい布団を探し始めたところ、
それより少し前に同じく布団を変えた人から、
ある新素材の布団を勧められたのだそう。

それは、シンサレートという素材を使った掛け布団。

宣伝のうたい文句によれば、羽毛布団の2倍の暖かさとか。
また軽く、羽毛のように外に出ないし、ダニ、
ほこりも発生せず、丸洗いでき、臭い、汚れも防げ、
清潔なのも特徴とか。

値段も同等の羽毛布団に比べると格安。

そういえば、自分も大昔、冬にスキーをしていた頃、
防寒衣料の素材としてシンサレートが出たばかりでした。

当時は、かなり高かったのですが、購入。

ダウンジャケットに比べても暖かく、
薄くて、防水でとてもよかったのを覚えています。

ただそのジャケットは、ぼろぼろになり、
汚くなったので、捨ててしまったのですが……。

知人は、早速、シンサレートの布団を購入。
寝てみたところ、うたい文句通りの暖かさに
驚いたといいます。

この話を何人かの人にしたら、
同じものを使っていた人がいたそう。
また最近、CMで放送している発熱布団を
使っている人も。

そしてこう思ったそう。

最近はどんどん技術が進歩して、新しく、
機能が高く、また価格も手ごろなものが
たくさん出ている。

年をとるとそうしたことにうとくなるが、
若い人や、専門店の店員などに聞くと
情報を教えてくれるので、積極的に利用する
のがよいと。

同感ですね。
布団に限らず、新しい情報に
敏感にならねばと思ったことです。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

杉良太郎さん、「俺はぼうふら役者」。その意味は? 「ぼうふら野郎」。悪口の裏の優しさ。

少し前のことになりますが、 2015年5月26日付けの日本経済新聞の 「心の玉手 …

2016年は60年に一度のお遍路、逆打ちの好機。閏年、丙申(ひのえさる)。

お遍路は春の季語。 この時期、四国八十八ヵ所は、 お遍路さんの姿を多く見かけます …

「お金は貯まらないがほこりはすぐたまる」。カバーを変えてほこりを減少。

昔、祖母から言われた言葉で、 今でも頭に残っているものの一つが、 「お金は貯まら …

横浜・野毛の”三杯屋”「武蔵屋」、2015年7月31日で閉店。店主・木村喜久代さん93歳。「体力の限界」。

横浜・野毛にある(あった) 居酒屋・武蔵屋。 ご存じでしょうか? 昭和の香りを残 …

知合いが、泣きながら食べたコッペパン。思い出料理人。

昨日、2017年3月1日、 浅草橋の福井町通りを歩いていたら、 《コッペパンカフ …

汁物、スープのススメ。まずお腹に入れてお腹を膨らませ、温めて。肥満抑制。

若い時は、食事の時、汁物、スープ類が なくても平気でした。 しかし今では、そうし …

「冷暖自知」(れいだんじち)。ネット、ヴァーチャル時代。実際に体験することの重要さ。

中学の時だったか、町のパン屋さんが 新たに発売したパンが評判となったことがありま …

知合いの家は家中に紙をはさんだバインダーとスタンプが。これが健康維持の極意と言うが……。

年配の知合いの方と、 先日、話した時のこと。 毎日の暮らしぶりについての 話題と …

昔、近所にあった石屋のおじさんの話。「人にも石目がある。それを読め」。

お盆の時期。 お墓参りに行かれた方も多いでしょう。 その際には、お墓を きれいに …

行きつけの理容師から、頭皮の固さと青白さを指摘され、頭皮マッサージに目ざめ、眼精疲労を解消した知人。

毎日、パソコン、スマートフォンに 向かって、目を酷使。 眼精疲労、頭痛などに悩ま …