亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「少欲知足」「少欲の想(おもい) はじめて生じ 知足の心 やや発(おこ)る」。今に感謝する。

   

近所に薬研堀不動があります。
川崎大師別院です。

ウォーキングで前を通ることが多いのですが、
先日、前を通りかかったついでに、足をとめ、
お参り。

その時に入り口右側の掲示板の言葉に
目がとまりました。

「今日の言葉」として次のように書かれていたのです。

「少欲の想 はじめて生じ 知足の心 やや発る」
(しょうよくのおもい はじめてしょうじ
ちそくのこころ ややおこる)

この意味は
「欲を持ちすぎないことが幸せへの近道である」
出典は弘法大師の著作「秘密曼荼羅十住心論」。

この言葉は釈尊の「少欲知足(しょうよくちそく)」
(少欲にして足るを知る)という教えと同じですね。

年末でお金のことを考えることが多い時期。
たまたま先日、録画していた映画「ウォール街」を
見た直後だっただけに、いっそうこの言葉が身にしみました。

映画の中のゴードン・ゲッコーは
「強欲は善だ」と言い放ち、株を買いしめ、
金を際限なく儲ける生き方を肯定しています。

それとは全く逆の生き方を進めるのが、
上の二つの言葉です。

たとえば金を儲ける。
人はそこで満足すると思いがち。

けれど稼げば稼ぐほど、もっともっと
とさらに欲望が大きくなり、決して
満足せず、さらに多くの金を得ようとする。

そこには満足がない。

これがどうやら人間の本質のようです。

これはお金だけに限りません。

美味しいものが好きな人がいる。
とても美味しい料理を食べた。
一時はそれで満足するかもしれない。

けれどすぐにもっと美味しいもの、
さらに味覚を刺激するものを食べたくなる。

何かを求める人の心は際限がないのです。

だからこそ人は様々なものを発明し、
前進してきたともいえるのですが、
そこに心の平安を得るのはとても難しい。

ではどうすればいいのか?

さらにさらにと求めるのではなく、
今、美味しい料理を食べられたということは、
ありがたいことだと感謝する。

いったん立ち止まり、今この状態にあることに
感謝することがとても大切なことなんですね。

いま、こうしていられることは、
当たり前ではなく、
とても「有り難い」ことと気づくこと。

そうすればおのずと、感謝の心が芽生える。
感謝すれば、そこに心の平安が満たされる。

毎日、無事に生きられることが
いかにありがたいことか。

それに気づき、感謝の心を持つことを
忘れないようにと思った大晦日です。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

まもなく90歳。今でも1日中、外を歩き回る叔母さんの元気の秘密。

母が叔母さんがもってきてくれた と言って、1つずつ白い紙に包まれた 黒い玉のよう …

体力測定の結果、体力年齢=実年齢+30歳を嘆く知人。

体育の日の休日。 体を動かされましたか。 この日に、各地で運動会や、 体力に関す …

フードロスと「関東の一つ残し」。

食の仕事をしている方と食事をしました。 その方が、 今一番関心をもって 取り組ん …

自民党税調。国税をクレジットカードで支払えるようにする方針。税金のクレジットカード払い。

自民党の税制調査会は、来年度(2016年度)の税制改正に、 国税のクレジット決済 …

オスとメス、どっちが美味しい、優秀? 蚕、肉牛、うなぎ、タコ、鯛。 

2016年6月12日、毎日新聞の特集記事 「ストーリー」は、とても興味深いもので …

ご飯の量が減って栄養失調気味と言われた高齢の知合い夫婦が、食べる量を倍増させた方法は?

あなたは1日、どれくらいご飯を 召しあがっていますか? 病気などで、ご飯を控えて …

高齢の知人が修理・交換してうれしいモノとは?

先日、会社と仕事場で使っている ボールペン2本の芯を使い切りました。 近所の文房 …

冬、暖かい部屋でアイスクリーム。おいしいけれど。がんの人は要注意。嗜好の変化。

冬、お風呂上がりに、 暖かい部屋でアイスクリーム。 おいしいですよね。 自分も若 …

毎日のコンビニ通いが健康の元という知合いの高齢者のお母さん。コンビニ通いの勧め?

毎年春先に通っている取引先を、 先日、1年ぶりに訪れました。 同年代の知合いが、 …

90歳近いのに、夏でも外を歩き回る叔母さんの元気のもとは、ミルク粥。

日曜日のお昼前、家にいたら、 勝手口のインターフォンが鳴りました。 誰だろうと思 …