亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「少欲知足」「少欲の想(おもい) はじめて生じ 知足の心 やや発(おこ)る」。今に感謝する。

   

近所に薬研堀不動があります。
川崎大師別院です。

ウォーキングで前を通ることが多いのですが、
先日、前を通りかかったついでに、足をとめ、
お参り。

その時に入り口右側の掲示板の言葉に
目がとまりました。

「今日の言葉」として次のように書かれていたのです。

「少欲の想 はじめて生じ 知足の心 やや発る」
(しょうよくのおもい はじめてしょうじ
ちそくのこころ ややおこる)

この意味は
「欲を持ちすぎないことが幸せへの近道である」
出典は弘法大師の著作「秘密曼荼羅十住心論」。

この言葉は釈尊の「少欲知足(しょうよくちそく)」
(少欲にして足るを知る)という教えと同じですね。

年末でお金のことを考えることが多い時期。
たまたま先日、録画していた映画「ウォール街」を
見た直後だっただけに、いっそうこの言葉が身にしみました。

映画の中のゴードン・ゲッコーは
「強欲は善だ」と言い放ち、株を買いしめ、
金を際限なく儲ける生き方を肯定しています。

それとは全く逆の生き方を進めるのが、
上の二つの言葉です。

たとえば金を儲ける。
人はそこで満足すると思いがち。

けれど稼げば稼ぐほど、もっともっと
とさらに欲望が大きくなり、決して
満足せず、さらに多くの金を得ようとする。

そこには満足がない。

これがどうやら人間の本質のようです。

これはお金だけに限りません。

美味しいものが好きな人がいる。
とても美味しい料理を食べた。
一時はそれで満足するかもしれない。

けれどすぐにもっと美味しいもの、
さらに味覚を刺激するものを食べたくなる。

何かを求める人の心は際限がないのです。

だからこそ人は様々なものを発明し、
前進してきたともいえるのですが、
そこに心の平安を得るのはとても難しい。

ではどうすればいいのか?

さらにさらにと求めるのではなく、
今、美味しい料理を食べられたということは、
ありがたいことだと感謝する。

いったん立ち止まり、今この状態にあることに
感謝することがとても大切なことなんですね。

いま、こうしていられることは、
当たり前ではなく、
とても「有り難い」ことと気づくこと。

そうすればおのずと、感謝の心が芽生える。
感謝すれば、そこに心の平安が満たされる。

毎日、無事に生きられることが
いかにありがたいことか。

それに気づき、感謝の心を持つことを
忘れないようにと思った大晦日です。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

神武天皇は実在の人物か? 三原じゅん子氏への池上彰氏のインタビューを巡って。「八紘一宇」。紀元節、建国記念の日。

参議院選挙の開票の様子を伝える テレビ東京の選挙特番「池上彰の参院選ライブ」を …

成田空港新ターミナル。格安航空専用の第3ターミナルは遠い! 着いてからの時間に注意。

2015年4月8日、成田空港に格安航空専用の 第3ターミナルがオープンしました。 …

知人が新しいマンションに引っ越して、「引きこもり」状態。そのわけは?

知人が新しいマンションに引っ越しました。 その様子を尋ねたら、 「危ない。このま …

袴の数え方、ご存じですか? 5本のひだの意味。どちらの足から先に入れる? 身体で身に付けたことは覚えているというけれど…。

NHKのBS1で放送されている 「cool japan かっこいい日本発掘!」と …

中学の時のアルバイト先のおじさんの昔話。藪入りの思い出。

お盆休みも終わり、 仕事を再開という方、お疲れ様です。 まだまだお休みという方も …

ドクダミの花を道端に見つける。十薬、ドクダミ茶、化粧水の思い出。

先日、杉並区の取引先に向かう途中、 信号待ちをしていたとき、その先の道端に、 白 …

「請け判押すな」。祖母の教えを久しぶりに思い出した。連帯保証人を頼まれたら……。

あなたは「請け判」という言葉を ご存じでしょうか? これは請け人が保証のために押 …

相違じゃんけんってご存じ。頭を活性化するシナプソロジー。

先日、知合いにあったら、 最近、脳に刺激を与える活動をしている と教えてくれまし …

親から譲られた桐箪笥を再生した知合い。20年物ソファーをどうしよう。

お宅には、着物をいれた桐箪笥、 ありませんか? わが家は、母が嫁入り道具として …

防災食品をチェック。5年保存のミルクビスケット、飲料水を見て年月の経つ早さを知る。

まもなく9月1日、防災の日ですね。 この日、前後に、テレビ、新聞・雑誌などで、 …