亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「クリスタルのグラス、お皿などをもらってくれない?」。親戚の叔母さんから言われた知人。なぜ?

   

夏の暑い時期。
食器にガラス製品がよくあいますね。

知人と少し前、食事をしながら雑談。
その席で出たのはガラス製品、中でも
クリスタルグラスについて。

知人は、今年に入って、
親戚の叔母さんから、
電話がかかってきたのだそう。

それは食器類をもらってくれないか
という内容です。

なぜ?

まず家族が少なくなった。
また来客もほとんどいなくなった。

なので、洋皿、グラス類が不要に。

叔母さんのところには息子さん2人が。

息子さん夫婦に譲ればいいのに?

息子さん二人は結婚して独立したのですが、
お嫁さんの趣味もあり、
やんわりと断られたのだとか。

どれも海外の有名なブランド物なので、
どこかに買い取ってもらえないか?

そう考えて調べたところ、
信じられないような値段でしか
買い取ってもらえないとわかったとのこと。

売るより、誰か喜んでくれる人に
譲りたいと思って、親戚、知人に
声を掛けたのだと言います。

この叔母さんは、特にグラス、
クリスタルグラスを熱心二集めていたそう。

これは最後まで手元におこうと考えていたのですが、
旦那さんから、重くて段々使わなくなっている
と指摘され、夫婦それぞれ1つずつだけ残し、
あとは手放すことにしたと。

以前にも書きましたが、年を取ると、
お茶碗、グラスの重さでさえも
負担になるんですね。

鉛24%のクリスタルグラス。
輝きは素晴しいですが、
重いですからね。

知人は、奥さんに相談。
しかしただでさえ食器類を減らそうと
思っているのに、これ以上増やすのはダメと
強く反対されたそう。

ただウィスキーを飲むときのために
ということで、2つだけグラスを
譲り受けることに。

奥さんは、知人が管理するなら
と台所ではなく書斎に置くことで
許してもらったとのこと。

もし自分が知人の叔母さんのような人から、
「食器、クリスタルグラス、入らない」と
言われたら、喜んで引き取ってしまいそう。

でも家にわずかながらある
クリスタルのグラスやワイングラス。

昔はそれでも使っていたのですが、
今は全くといっていいほど使っていません。
(シャンパングラスのみ年に、お正月と、
もう一度、つまり年に2回しか使わない)

なので、もしもいただいても、
使わずに、飾っておくだけになりそう。

人生のしまい支度を考え、
実際しなくてはならない年代になった今、
その物の値段・価値にとらわれず、
それを必要か使うかと基準に
変えないといけないのでしょうね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

日本酒巡りの達人から教えてもらった福島の「飛呂喜」。ついでのアドバイス「次の機会はほとんど来ない」。

先日、久しぶりにあった知合い。 日本酒の師匠ともいうべき方です。 新潟のご出身で …

ロンドン近郊、ガトウイック空港近くに大規模油田を発見。

驚きました。 ロンドン郊外のガトウイック空港。 中心部から南におよそ45キロ。 …

最期まで現役。医師の日野原重明さん。105歳で亡くなる。

100歳を過ぎても医師、講演、執筆など 活動を続けていた日野原重明さんが、 20 …

感謝しながらものを捨てる。使わない捨てるものも綺麗にの精神。近藤麻理恵さん、「TIME」の「世界の100人」選抜に思う。

すでに2週間ほど前の話題となります。 2015年4月16日、アメリカの雑誌TIM …

ご飯の量が減って栄養失調気味と言われた高齢の知合い夫婦が、食べる量を倍増させた方法は?

あなたは1日、どれくらいご飯を 召しあがっていますか? 病気などで、ご飯を控えて …

「運気が下がることをするな」。知人の古い下着の話で思い出したわが家の教え。

藤村俊二さんが先日、亡くなられました。 友人、知人、肉親の方が、 人となりを語っ …

長嶋茂雄さん「人生は習慣の織物である」。アナウンサー中井美穂さんが30歳の時に贈った色紙の言葉。

2016年7月30日読売新聞に、 第22回口腔保健シンポジウムの様子が 2ページ …

出張ついでの休暇「ブリージャー」。母に話したら、「私たち、そんなの昔からやってたわ」。

先日、朝日新聞で、「プリージャー」という言葉に 関する記事が出ていました。 《出 …

熊本の地震。知合いが被災。3月11日に防災用品を更新しておいてよかったと。

熊本地方、余震が続いているようです。 被災された皆様にお見舞い申し上げます。 今 …

あっぱれな同級生。ひっそりと被災地通い、そして途上国支援を続ける。「陰徳を積む」。

明日、3月11日。 東日本大震災から5年が過ぎようとしています。 直接ではないの …