亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

最期まで現役。医師の日野原重明さん。105歳で亡くなる。

   

100歳を過ぎても医師、講演、執筆など
活動を続けていた日野原重明さんが、
2017年7月18日、亡くなられました。

105歳でした。

日野原さんの著作や
朝日新聞などの連載をよく読んでいました。

このブログや他のサイトで、
何度も日野原さんについて書いています。

日野原さんが院長をつとめていた
聖路加国際病院は、自分や家族が
いつもお世話になっている病院だけに、
その点でもとても親しみがあります。

講演やテレビなどでのお話を伺っていると、
好奇心、生きることにとても
強い意欲をお持ちなのが
こちらに伝わってきました。

その生きる力の強さを日野原先生から、
一番多く学んだように思います。

100歳を超えても何年も先の講演などの
予定を入れ、日々やるべきコトをやり、
積み重ねていく。
その意思の強さ、姿勢に
とても感銘を受けました。

報道によれば、今年3月肺炎となり
自宅療養されていたのですが、
7月に入ってから流動食となり、
次第に元気を失われたとのこと。

延命措置は一切受けなかったとのことです。

これも日野原先生らしい、
信念のある最期ではなかったでしょうか。

よど号ハイジャック事件に遭遇された後は、
残された命は社会のために使うとの思いで、
社会貢献に力を尽くされていました。

地下鉄サリン事件で多くの方が犠牲になったり、
怪我をした際には、聖路加国際病院は
多くの方を受け入れました。
その指揮をとられていたのは、日野原先生でした。

医療を始め、その著作、生き方で、
多くの人に素晴しいお手本を
示して下さった日野原先生。

優しいユーモアのある話し方を
思い出しながら、静かに偲びます。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

はざ掛け米。じっくり自然乾燥させ、甘みを出す。最期の一手間。

脳を鍛える漢字ドリル。 その見本を眺めていたら、 次のような問題が出てきました。 …

90歳の知人、88歳の時に免許返上。70代前半の知合いも、あと2~3年で運転を止めると決意。高齢者の運転問題。

先日、東京郊外に住む 90歳の知合いとお会いしました。 中華料理の昼食をご一緒し …

年配の知り合いが、かかりつけの医師から飲むように言われた意外なものとは?

年配の知り合いが、 先日、かかりつけのお医者さんのところに。 持病があり、定期的 …

漢字検定に挑戦を決めた知合い。毎日、書き取り問題を出してくれるサイト。

新年に今年の誓い・目標を立てた方、 多いと思います。 続いていらっしゃいますか? …

アスピリンで大腸がん予防効果を確かめる臨床試験開始。万能薬アスピリン。

アスピリンという薬。 ご存じだと思います。 一般には解熱鎮痛薬として知られていま …

健康増進のため知合いがもう1個、買い足したものとは。「温腸活」、朝食に具沢山のスープを。

朝夕、寒さを感じる季節となりました。 ただまだ数日は暑さの揺り戻しがくると 天気 …

夏休みに断食で体をリフレッシュする知合い。

先日、夏休み中に、パソコン、 スマートフォンから離れる デジタル断食を行なう取引 …

近所の餅名人にとっての日本一の草餅は?

聖路加国際病院の帰りに、 出入り口近くの売店の外で、 草餅を販売していました。 …

懐かしの「がんづき」。毎日新聞のおかん飯で紹介。岩手のお菓子だったんだ……。祖母の「雁月」。

甘い物はお好きですか? お好きな方、「がんづき」 というお菓子をご存じでしょうか …

偶然の産物「米ゲル」。2年たっても劣化せずカビも生えないシュークリームの皮。思い出したのは……。

小学生時代の話ですから、 今から相当前の話です。 駄菓子屋でシュークリームを売っ …