亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

自動車免許を返納した叔母。脚代わりのシニアカーの最新軽量モデルを知る。

   

東京の中心に住んでいる叔母。

買物できる場所は徒歩圏内。
また電車、バスの便が良いので、
車がなくても困っていません。

しかし若い時は、車であちこちに出かけていました。

現在その叔母は夏の暑い時期、
別荘がある八ヶ岳で暮らしています。

昔は、叔母が自分で運転していたのですが、
90歳近くなるので、何年か前、息子(従兄弟)が
運転をするようになりました。

向こうはとても快適で過ごしやすいのですが、
困ったのが、買物。

大きなスーパー、ホームセンターなどが
あるのですが、どこも車でないといけません。

地元の人は、かなりの年配の人でも
軽自動車で通っているよう。

公共交通はなく、あっても便数が少ないので、
実用的ではありません。

叔母のように自動車を運転できない人は
どうしているのか?

自転車・三輪車という人もいるにはいるのですが、
多いのが、シニアカーと呼ばれる、電動の四輪車。

時速4キロほどで公道(歩道)を走れます。
免許は不要。

叔母もそうしたシニアカーを考えたようですが、
見るととてつもなく大きくて重い。

5~60キロくらいあり、
もし万が一横転などしたら
起こすことは出来ないし、
止まってしまったら、誰かに気軽に
運んでもらうこともできないんですね。

という訳でシニアカーを購入したり、
レンタルすることはあきらめていたのですが、
先日、同じ別荘地の中のご近所さんが
乗っているシニアカーを見て、「これだ」と
思ったそう。

その機種は、それまでのものに比べかなり小さく、
コンパクトで、重さもかなり軽そうに見えたのでした。

後で、乗っている方に聞いた所、
20キロほどとそれまでのものに比べて軽く、
折りたたんで、車に乗せることもできるのだとか。

これなら使いたい、使えそうと叔母は思ったといいます。

叔母の話から調べた見たら、
こんなモデルが、
《スマートEV301》
http://www.iicoiico.com/feature.html
http://www.iicoiico.com/

他にも軽量なモデルはありそうですが……。

現在、自動車メーカーや様々な企業が、
シニアモビリティと呼ばれる高齢者のための
移動手段の開発を行なっているそう。

またAIによる自動運転も開発中。

それらはそれらとして、
すぐにでも、軽量で安価で安全な
移動手段を発売してほしいですね。

〇叔母の別荘がある地域には、
週に何度か、バンに日用品、食料品を積んだ
バンが訪問するそう。
東京でも丸正食品が、移動スーパーを実施中。
今後、こうしたサービスがもっと増えるかも
https://www.marusho-chain.jp/tokushimaru/

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

腰によいという馬具座椅子を買ってみた。その効果は? 30年物のへたったソファを交換。

気付けばテレビの前に置いてある ソファは、30年近く使い続けています。 イデー製 …

夢実現ノート。言語化、視覚化の効果。旅の思い出ノート作りの記事を読んで。

今朝、2016年9月19日の毎日新聞の 《くらしナビ スローライフ》は、 《旅の …

原節子さん逝去に感慨ひとしおの母と叔母さん。二人にとって自分の時代を象徴する人物の1人。

今朝、朝食をとりにダイニングに行くと、 下から新聞を持ってきた母と入り口のところ …

若手女優が「出家」で芸能界引退で思い出した、知人の永平寺での修行。

ある若手女優が家族が信じる宗教活動に 専念したいということで、芸能界を引退 とい …

勤労感謝の日=新嘗祭。新米を食べるのはこの日を過ぎてから……。

11月23日、勤労感謝の日の祝日です。 法律によれば、その趣旨は、 「勤労をたつ …

良い習慣をつけるためには? アプリの力を借りる。年頭の誓い、守れていますか?

明日は1月10日。 2016年になってもう10日ですね。 年の初めに、今年の誓い …

2015年3月31日正午でデジアナ変換のテレビ放送終了。

2015年3月31日午後7時からのNHKのニュースを見ようと、 自宅の自室のテレ …

がん治療からまもなく10年の友達。一病息災で助かった命。

先日、会った友達。 今の姿からすっかり 忘れていたのですけれど、 がんの大手術を …

知人がインドネシアの納豆と言われる「テンペ」を自宅で製造。

「テンペ」という食品をご存じでしょうか? インドネシアの発酵食品で、 ちょっと乱 …

和の文化を見直している友達、ついに月に一度の写経を始める。その心境はいかに。

若い時はニューヨーク、ロンドンなどに出かけ、 最新の流行、モードなどを取り入れて …