亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

自動車免許を返納した叔母。脚代わりのシニアカーの最新軽量モデルを知る。

   

東京の中心に住んでいる叔母。

買物できる場所は徒歩圏内。
また電車、バスの便が良いので、
車がなくても困っていません。

しかし若い時は、車であちこちに出かけていました。

現在その叔母は夏の暑い時期、
別荘がある八ヶ岳で暮らしています。

昔は、叔母が自分で運転していたのですが、
90歳近くなるので、何年か前、息子(従兄弟)が
運転をするようになりました。

向こうはとても快適で過ごしやすいのですが、
困ったのが、買物。

大きなスーパー、ホームセンターなどが
あるのですが、どこも車でないといけません。

地元の人は、かなりの年配の人でも
軽自動車で通っているよう。

公共交通はなく、あっても便数が少ないので、
実用的ではありません。

叔母のように自動車を運転できない人は
どうしているのか?

自転車・三輪車という人もいるにはいるのですが、
多いのが、シニアカーと呼ばれる、電動の四輪車。

時速4キロほどで公道(歩道)を走れます。
免許は不要。

叔母もそうしたシニアカーを考えたようですが、
見るととてつもなく大きくて重い。

5~60キロくらいあり、
もし万が一横転などしたら
起こすことは出来ないし、
止まってしまったら、誰かに気軽に
運んでもらうこともできないんですね。

という訳でシニアカーを購入したり、
レンタルすることはあきらめていたのですが、
先日、同じ別荘地の中のご近所さんが
乗っているシニアカーを見て、「これだ」と
思ったそう。

その機種は、それまでのものに比べかなり小さく、
コンパクトで、重さもかなり軽そうに見えたのでした。

後で、乗っている方に聞いた所、
20キロほどとそれまでのものに比べて軽く、
折りたたんで、車に乗せることもできるのだとか。

これなら使いたい、使えそうと叔母は思ったといいます。

叔母の話から調べた見たら、
こんなモデルが、
《スマートEV301》
http://www.iicoiico.com/feature.html
http://www.iicoiico.com/

他にも軽量なモデルはありそうですが……。

現在、自動車メーカーや様々な企業が、
シニアモビリティと呼ばれる高齢者のための
移動手段の開発を行なっているそう。

またAIによる自動運転も開発中。

それらはそれらとして、
すぐにでも、軽量で安価で安全な
移動手段を発売してほしいですね。

〇叔母の別荘がある地域には、
週に何度か、バンに日用品、食料品を積んだ
バンが訪問するそう。
東京でも丸正食品が、移動スーパーを実施中。
今後、こうしたサービスがもっと増えるかも
https://www.marusho-chain.jp/tokushimaru/

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

イオンの「伊勢形紙」を使った浴衣のCMを見て。伊勢「形紙」と伊勢「型紙」。

2015年5月26日、テレビを見ていたら、 イオンの浴衣のコマーシャルが。 それ …

同い年の友達に去年、赤ちゃんが誕生。涙ぐましい努力。妊活は温活に似ている。

昔は毎日のように会っていたものの、 最近は疎遠となっていた同い年の友達。 先日、 …

少しでもはやく良くなるために。上手な医者のかかり方。記録、メモ。

ここ最近、病院に通ったり、 大病を患って通院、入院した身内、 友人の話をいろいろ …

今年、還暦を迎える知合いが、定年準備について語る。忘れがちなのは年をとると体力、気力、知力が衰えるということ。

自分の周りの年上の知合い、友達が、 数年前から、還暦=定年を迎えることが 多くな …

物置の奥に眠っていたオールドレンズを最新のデジカメで生き返らせる。物を生かすマウントアダプターという存在に拍手。

あなたのお家に、昔のフィルムカメラ、 交換レンズは眠っていませんか? じつはわが …

善循環。見たり聞いたりしたことありますか?

「善循環」という言葉をご存じでしょうか? 2015年7月22日、日経流通新聞の連 …

睡眠不足を自作のバスタオル枕に白い粉で克服した知合い。

睡眠不足は万病の元だそう。 認知症も睡眠不足によって 引き起こされる恐れありなん …

愛犬の知られざる性格を知って衝撃を受けた知り合い。

我が家では犬や猫など ペットを飼っていないのですが、 友達、知り合いの中では、 …

8月5日は発酵の日。甘酒、お酢、味噌、醤油。日本の食文化は発酵のたまもの。

8月5日は、その語呂から「発酵の日」 なんだそうです。 マルコメ、《8月5日は発 …

こころの一冊「あやのねがい」。両目が見えなくなった父のためにお百度参りをした娘・あや。満願の日に現れたのは……。

「あやのねがい」という絵本をご存じでしょうか? 個人的にすごく思い出のある一冊で …