ソニー、「アイボ」復活。12年ぶりに開発し2018年戌年の1月11日に発売予定。

スポンサーリンク
未分類

今日は2017年11月1日。

1は英語でワン。
犬の鳴き声と一緒ですね。

それを意識してか、11月1日午前11時1分から、
ソニーは、12年ぶりに開発した
新型の犬型家庭用ロボット「aibo」の
記者会見を行ないました。

あの「AIBO」の後継機。

発売は来年2018年、戌年の1月11日。
2017年11月1日午後11時1分から
先行予約が始まります。

気になるのは値段ですが、ワンにちなんで、
11万1111円……だとよかったのですが、
198,000円(税抜、ソニーストア価格)

エンタテインメントロボット“aibo”(アイボ)を発売
ソニー株式会社は、家庭における新たな楽しみを提案する進化した自律型エンタテインメントロボット“aibo”(アイボ)を発売します。aiboは家庭の中で人とつながりを持ち、育てる喜びや愛情の対象となることを目指して開発したロボットです。自ら好奇心を持ち、人と寄り添いながら毎日を共に楽しく生活し、共に成長していくパートナーと...

さらにaiboベーシックプランへの加入が必要となります。
(クラウド利用)
aiboベーシックプラン
3年 一括払い 90,000円(月あたり2,500円)
月払い2,980 円 / 月 (36回)

なお故障した場合の修理が割引になったりする
aiboケアサポートは
3年 54,000 円(月あたり1,500円)
1年 20,000 円(月あたり1,667円)

今時ですから、購入して支出は終わりではなく、
月々に基本料金がかかるのはしょうがないのかもしれませんね。

AIBOの特設ページ
http://aibo.sony.jp/

旧型に較べ、丸みを帯び、
より犬らしい外見となっています。

またこの間の技術、通信の進歩により、
双方向性、知能がより発達したものと
なっているみたいですね。

プレスリリースより
《主な特徴》
《1.つい目を奪われてしまう可愛らしさと、表情豊かで躍動感あふれる動き》
《2.オーナーに近づき、寄り添う。互いにふれあう中で生まれる楽しみと驚き》
《3.時を重ねて変化し続け、醸成される関係性。唯一無二のパートナー》

初代AIBOは、1999年に発売。ソニーが2006年に発売をやめ、
その後、サポートを中止した後も、
多くのユーザーの声に応えた方が
修理をしていたほど
愛されたロボットでした。
(1999年発売の「AIBO」初代モデルは25万円。
当初は限定3000体での発売。わずか20分で完売。
2000年から一般発売。2006年までに累計15万台が売れた)

今でも「飼っている」方も多くいらっしゃるようです。
新しいaiboは、長くソニーが発売・サポートを続けて欲しいですね。

《先輩AIBOの治療続ける 元ソニー社員
3 2017/11/1 6:00》
http://www.nikkei.com/video/5630813946001/?playlist=4654649186001

AIBOの修理を手がける
ア・ファン 匠工房
http://a-fun.biz/

(AIBOのみならず、カセット、MD、
ビデオデッキなどの修理も扱っている)

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント

  1. nikitoki より:

    アイボの予約が始まりましたが、わずか30分ほどで、
    初回分は完売したそうです。