亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

妻の隣には埋葬しないでとデンマークのヘンリック殿下。長年の不満が原因。夫、妻の墓の反乱。「あの世離婚」。

   

デンマークのヘンリック殿下。

元フランスの外交官で、
デンマークのマルグレーテ女王と
50年前に結婚しました。

現在、83歳。去年公務からは引退し、
現在は、フランスの自己所有のぶどう園で
過ごされているそう。

その殿下が、自分が亡くなったら、
埋葬されるであろう
首都コペンハーゲンの大聖堂の
妻の隣に埋葬しないでと訴えて、
内外に波紋を呼んでいるそうです。

原因は、自分には「王」の称号が与えられず、
また希望する公務も与えられなかった
という長年の不満と考えられているそう。

報道によれば、妻であるマルグレーテ女王は、
殿下の希望を受け入れるとのこと。

日本でも長年連れ添った妻が、
夫と一緒の墓に入ることを拒む、
「あの世離婚」が増えていますね。

同じ墓に入りたくないというのは、
妻が夫のわがまま、暴力などに
耐えに耐えてきたあげくの、
最後の最後に反乱なんて言われています。

あの世に行っても、一緒で
我慢したくないと。

実は身近なところにその例がありました。

わが家のお墓は、同じ墓地の中に、
3つの墓があります。

本家、わが家そして祖母の墓です。
祖父が亡くなった後、祖母が、
「じいさんと同じ墓(本家の墓)に
入りたくない。別の墓を建ててくれ」
と言い残し亡くなったからです。

祖母は、生前は一緒に二人で
暮らしていましたが、
母に言わせると決して仲が良くなく、
亡くなってからも一緒にいるのは耐えきれない
と訴えていたそう。

その原因は、祖母・母によれば、
若い時の祖父の裏切りとのこと。

ただ子孫からすると、墓は別だけれど、
同じ墓地内だから、ほとんど一緒ではないか
と思うのですが、祖母の意識では同じ敷地でも
墓が別ということが大切だったようです。

その墓地・お墓をどうしようかという話が、
本家との間で出ています。

本家の従兄弟二人がどちらも独身で、
跡継ぎがいないことに加え、引っ越しして、
墓地から遠くなったから。

なので出来れば本家の墓のみ移すか、
永代供養の共同墓にしたいということのようです。

お盆のお墓参りで帰省という季節ですが、
わが家と同じようにお墓をどうしようか
と悩んでいるお宅も多いはず。

これから数年で、お墓に対する意識が変わり、
それに伴い実態も大きく動きそうな予感がします。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

味覚を取り戻せ。年配の知合いが行なった数々。

年を取ると、味覚が衰える とよく言われます。 香り、味がわからなくなり、 料理の …

医者からダイエットを勧められた友人。蒸し大豆と蒸し小豆で減量中。

先日も少し書いたのですけれど、 友人が健康診断を受けたら、 糖尿病予備軍(生活習 …

ビワの実の嫌な思い出の理由は? ビワと疫痢。ビワのお灸。ビワの葉の煮出し液を入れたたらいで行水。

先日、訪れたスーパーの果物売り場に、 早くもビワの実が並んでいました。 ビワ、お …

「雨のことば辞典」。雨づくしの1200語。青葉雨、麦雨。雨濯、筍流し。豊かな言葉。

新聞の書籍広告に、 「雨のことば辞典」が出ていました。 《雨づくしの一二〇〇語》 …

傘の進化に驚く。晴雨兼用、グラスファイバーの傘で、夏の熱暑と豪雨に備える。

2017年7月19日、関東地方は梅雨が明けました。 数日前からもうずっと30度を …

91歳のアメリカ人男性、死ぬまでにやっておきたかったことを実行。それは……。「バケット・リスト」。

「人生やり残しリスト」というブログを書いています。 始めるきっかけは、映画「最高 …

間違うと恥ずかしい日本語。台東区、茨城県、凡例、月極、役不足、図示。上には上が「いる」?「ある」?

先日、母と雑談していて、 「台東区」の話題になりました。 母は、台東区を「だいと …

こころの一冊「あやのねがい」。両目が見えなくなった父のためにお百度参りをした娘・あや。満願の日に現れたのは……。

「あやのねがい」という絵本をご存じでしょうか? 個人的にすごく思い出のある一冊で …

もっと卵を。良質安価なタンパク源で虚弱・寝たきりを防止。コレステロールも心配なし。日本は「たまご大国」。

卵、召しあがっていますか? コレステロールの制限で、 昔は1日1個までと言われた …

子供や若者は「ポケモンGO」、中高年は、古地図アプリで町を探索?

「ポケモンGO」。 2016年7月22日から日本でも 配信が始まり、早くも話題に …