「塩分が日本人を滅ぼす」。管理栄養士・本多京子さんの新刊。

未分類

何度もこのブログに書いていますが、
現在、家族と一緒に減塩生活を行っています。

目標は、1日塩分摂取量6グラム。

2015年に厚生労働省が定めた
1日の塩分摂取量の目標値は、
成人男性で8グラム未満。

なおWHOは5グラム未満。

標準的な摂取量は10~12グラムほど。

何らかの対策をしないと塩分の摂取量を
減らすことはできません。

そのため専門のお医者さんや、
管理栄養士の方のアドバイス、
さらに本などを参考にしています。

医学博士で管理栄養士の本多京子さんが、
新刊を出版されました。

「塩分が日本人を滅ぼす」
というちょっと物騒なタイトルです。

日本人は塩漬けであると。

健康食として世界に認められた和食ですが、
実は、塩分が非常に多い。

さらに現代日本人の食生活では、
加工食品、調理済み製品を多くとっており、
それらには味、保存性のため多くの食塩が
含まれているのですね。

塩分過多により引き起こされると考えられているのは、
高血圧、動脈硬化、糖尿病、運動器症候群のほか、
脳出血、心筋梗塞、がんなど……。

塩分過多のみが問題であるとは、
必ずしも言えませんが、
原因の一つであると言えます。

本多さんの本の内容、目次は?

《[目次]
第1章 日本人の食文化と「新しい危険」(あやふやな「減塩」
「塩分を感じて」いますか? ほか)
第2章 私たちは健康&食について理解が足りない
(社会が変われば食が変わり、食が変われば病気も変わる
「栄養学」とは違う!「食養生」という考え方 ほか)
第3章 塩分はなぜ体に悪いのか(父の最期の言葉「ピザが食べたい」
人は死ぬ前にピザが食べたい? ほか)
第4章 美味しく知的に減塩するコツ(「慣らされた味」からの脱却を
健康寿命を延ばしたい人は、自分で食事をつくる ほか)》

《塩は万病のもと/塩分過多で血管が老化しボロボロに/
食物繊維とカリウムが足りない/コンビニ弁当・インスタント食品・
ファーストフードに頼らない/高血圧・動脈硬化・運動器症候群も
塩分が原因/がんと塩分は関係が深い!/「沖縄が長寿県」は昔話/
料理好きはボケない/現代日本人は男性で9年、女性で13年
介護を必要とする》

聖路加国際病院の中にある食堂のメニューには、
カロリーと塩分含有量が記載されています。

それで驚くのが、和食、麺類の塩分の多いこと。
健康に気遣った病院内の食堂でもこの値。

減塩をするなら、自分で口に入れるモノは、
自分で塩分をコントロールする必要がありそうです。

本多さんの本にありますが、
減塩するための工夫、
出汁、酢、ハーブ、スパイスの活用。

また食材を新鮮で、有機など
しっかりした食材にすると、
醤油、塩はじめ調味料の量を減らすことができます。

減塩生活をはじめ、足、顔のむくみ、
血圧の低下などがあり、健康状態は
改善されています。

味覚は慣れ。
薄味になれると、たまに口にする
外食の味の濃いこと。

これからも工夫し続けていこうと考えています。

created by Rinker
¥880(2020/07/15 09:52:45時点 Amazon調べ-詳細)

Amazonサーチ
未分類
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント