日刊スポーツで男性更年期の特集。9月から開始。三浦雄一郎さん。ビートたけしさんも悩む。

スポンサーリンク
未分類

女性の更年期。
良くしられています。

男性にも同様な更年期があることが、
少しずつ知られるようになりました。

そのための専門クリニックも出来、
マスコミなどでも報じられるようになっています。

9月1日から日刊スポーツで、
男性更年期症候群に関する特集が始まりました。

ちょうど自分もその年代で、
同級生や少し上の知合いが、
この男性更年期症候群ということで、
大きな関心を持っています。

有名人でも冒険家の三浦雄一郎さんが、
男性更年期症候群の治療を受けていることを
明らかにされています。
(男性ホルモンの筋肉注射、薬の服用など)

また先月、ビートたけしさんが、
ある賞品のPRイベントで、50歳ちょっとのころ、
男性更年期に悩んだことがあったと告白しています。

その時期、「仕事を『やる』と言ったり『やらない』と言ったり。
1日に3回、意見が変わった時もあった」のだとか。

治療したのかどうかは、話されていませんが、
現在は安定しているとのこと。

男性の更年期の場合、女性の場合が、
時期がほとんど一定しているのとは異なり、
30代でそうなる人もいれば、70代でも
大丈夫な人もいて、年齢の幅が広いのが特徴だそう。

日本泌尿器学会がチェックリストを公開しています。
8ページ、17項目。
https://www.urol.or.jp/info/data/gl_LOH.pdf

「総合的に調子が思わしくない」
「関節や筋肉の痛み」
「ひどい発汗」
「睡眠の悩み」
「よく眠くなる、しばしば疲れを感じる」
「いらいらする」
「神経質になった」
「不安感」
「体の疲労や行動力の減退 」
「筋力の低下」
「憂うつな気分」
「絶頂期は過ぎたと感じる」
「力尽きた、どん底にいると感じる」
「ひげの伸びが遅くなった」
「性的能力の衰え」
「早朝勃起(朝立ち)の回数の減少」
「性欲の低下」

それぞれの項目について、
非常に重いを5点、無しを1点として、
すべてを加算し、
「軽度」27点~36点
「中等度」37点~49点
「重度」50点以上、
で判定します。

このチェックリストがすべてではありませんが、
1つの目安になります。

もし不安に思う場合は、専門のクリニック、
男性更年期外来、泌尿器科などで受診することができます。

自由診療のところもありますが、
保険診療のところもあります。

男性ホルモンの主要なものであるテストステロンは、
筋肉の形成、記憶力などと身体の中の
様々な機能低下に関係しており、
認知症の発症にも関わっているそう。

男性更年期症候群については、
知らない事ばかりなので、
日刊スポーツの連載記事をきっかけに、
少し本格的に勉強したいと考えています。

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント