亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

ローマのコロッセオをイベント会場に。エイプリルフールのネタではなく。反対意見も。

   

今日は4月1日。
なので、新聞にもエイプリルフールの
ネタ記事が出ていたりします。

東京新聞の特報欄の記事
《本日はエープリルフール特別記事ですウイルスで戦争根絶》
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2015040102000172.html
を始め、文芸評論家の斎藤美奈子さんの
コラム、また広告も楽しませてもらいました。

毎日新聞には、
《イタリア:ローマ「コロッセオ」活用案 「遺跡をイベント場に」 「ディズニーランド化」批判も》
http://mainichi.jp/shimen/news/20150401ddm007030056000c.html
との記事がでています。

剣闘士(グラディエーター)が猛獣などと戦ったコロッセオ。
現在は、世界中から観光客を集める観光名所になっています。

けれど、全体の構造、客席などは大丈夫なのですが、
競技場内部は床がなく、立ち入れない状態となっています。
581e8bc758a87d1126cb2df81c6e967e_s記事はこの床を復元し「イベント会場」にする構想が出ている
との内容です。

エイプリルフール?いえいえ、たまたま4月1日に毎日新聞が記事にしただけで、
記事の中にもありますが、2014年7月にローマ第3大学の
ダニエレ・マナコルダ教授が考古学雑誌「アルケオ」で主張したものです。

《ARCHEO》《n. 353 Luglio 2014》(イタリア語)
http://www.archeo.it/rivista/413/2014/7/sommario

これにフランチェスキーニ文化相が賛同。
2015年2月に、マナコルダ氏は、コロッセオを担当する
科学委員会の委員に任命されています。

けれど問題は、その費用。
コロッセオに限らず、イタリアは財政難で、国内に数ある
遺跡の修復費用が大幅に削減されています。

このため、あのポンペイでさえ、維持・修復できず、
崩壊の恐れがある場所が多数にのぼっています。

このため、その一部を民間企業に出してもらう
という試みを行っています。

コロッセオは、トッズ・グループが費用を出し、
修復工事が進行中です。

マナコルダ氏のプランは、19世紀の発掘調査で取りさられた木製の床を復元。
闘技場の上の部分で、映画や演劇の上演などが出来るようにし、
地下部分は「博物館」にするというものです。

記事では、マナコルダ氏の考えは「文化遺産の商業利用に向かう動き」であり、
「文化省の人員・予算が足らない中で、コロッセオの床の復元は優先事項ではない」との
ナポリ・フェデリコ2世大学のトマゾ・モンタナーリ教授の反対意見を紹介しています。

マナコルダ氏は、この反対意見に対し、
「文化遺産と、映画や演劇などの娯楽文化は相いれないものではない」と再反論。

あなたは、コロッセオの活用案についてどう思われますか?

個人的には、このコロッセオでは、
もともと「娯楽」が行われていたのですから、
床を復元し、映画、コンサートなどのイベントが
行われても問題はない気がします。

実際、ヴェローナのアレーナ(円形闘技場)では、
夏に野外オペラフェスティバルが開かれています。

フランスの南部、プロバンス地方の
アルルの円形闘技場では闘牛、コンサートなどが
開催されています。

ほかにもローマ帝国時代の遺跡、遺産を
商用に活用しているところは数多くあります。

というわけで、それが、遺跡の維持、保存に
反しないものであれば、そうした利用を
認めていいのではないかと思うのですが、
いかがなものでしょうか?

関連エントリー
コロッセオ付近を通行止め ローマ市、遺跡保護目指し
ローマのコロッセオ。土台部分が40センチ沈み、崩壊の危機。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

深交と親交。声帯を失うも奇跡的に復活した韓国テノール歌手のベー・チェチョルさんと日野原重明さんの関係。

韓国のテノール歌手ベー・チェチョルさん。 ご存じでしょうか? ヨーロッパでデビュ …

物置の奥に眠っていたオールドレンズを最新のデジカメで生き返らせる。物を生かすマウントアダプターという存在に拍手。

あなたのお家に、昔のフィルムカメラ、 交換レンズは眠っていませんか? じつはわが …

高島屋が来日観光客向けに浴衣の着付けレンタルサービス。外国人の浴衣人気。

先日、ミラノ出身の21歳の大学生に会いました。 初来日の彼、東京の後、北海道に行 …

SMAP、今年2016年限りで解散。

アイドルグループのSMAPが、 今年2016年限りで解散と新聞各紙が伝えています …

ドウダンツツジの「ドウダン」ってどういう意味?

産経新聞一面下に連載されている漫画 「ひなちゃんの日常」。 2015年4月21日 …

手書きで紙に書く。悩み、苦しみから心を救う。「1分書くだけ 世界一シンプルなこころの整理法 」。

2015年5月21日、今秋月曜日発売の アエラを読みました。 手書きについての特 …

十三参り。ご存じですか? 振り向いたばっかりに、記憶力が……。

杉並区の取引先で仕事が終わった後、 いつもとは違うところを経由して、 帰宅しまし …

終戦の日の「すいとん」。さつまいも、じゃがいも、カボチャは食べない叔父さんたち。

2015年8月15日、70年目の終戦の日です。 この日になると思い出す食べ物があ …

食べ物をテーマにした旅をする知合い。わさび田巡り。

大学生の頃、ゼミの仲間が多摩地方の出身。 学生にもかかわらず、珍しく自分の車を …

まずは3分間の踏み台昇降運動から。続けるコツは、好きな歌を聞きながら、歌いながら。フレイル・認知症予防。

以前、友達のお母さんが、 お医者さんに勧められ、 家の中で踏み台昇降運動を毎日し …