亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

焼麩に白砂糖。小さい時のおやつは、焼きたてのお麩に白砂糖。

   

2017年10月6日、
ある食堂で昼食。

御膳についていた味噌汁の具は
わかめとお麩(小町麩)でした。

最近はそもそも味噌汁自体、
ほとんどいただかないのですが、
具がお麩の味噌汁は、本当に久しぶりでした。

小さい頃は、ほぼ毎日のように、
味噌汁、スキヤキの具など、
お麩が何かしらの料理に使われていました。

というのは、実家の斜め前が、
お麩の製造卸しをしていたからです。

いろいろな種類を作っていたようですが、
一番覚えているのが、
もちもちの生地を棒のようにして、
釜に入れて焼き上げた、
まるでフランスパンのような棒麩(焼麩)

それを家のお使いで、
度々、買いに行っていました。

その棒麩は、料理に使うだけでなく、
幼稚園、小学校の頃は、
おやつとしても楽しんでいました。

焼き上がってすぐのお麩を
買い求め、家に持ち帰ります。

まだあつあつ。

それを半分に折って、
断面に指を突っ込んで穴をあけます。

指を火傷しないように気をつけます。

穴があいたら、そこに、
白砂糖を適量、入れて、
むしゃむしゃ食べるんですね。

当時、駄菓子屋では麩菓子が
売っていましたが、あれは、
表面に砂糖がまぶしたもの。

自分たちが食べていたのは、
中に砂糖を詰めたお麩で、
焼きたてなので、香ばしくて、
砂糖の甘さがしっかりとしていて、
お麩のさくさくとした食感にあって、
とても美味しかったのを覚えています。

おそらく今食べたら、
白砂糖の量でげんなりしてしまい、
またお麩がのどにつまって、
食べられないかもしれません。

残念ながら、その製麩所は、
夫婦二人で営んでいたのですが、
そこの旦那さんが亡くなった後、
しばらく奥さん1人でやっていたのですが、
結局、息子さん娘さんが跡を継がず、
無くなってしまいました。

砂糖を中にいれて食べるのはともかくも、
素朴ながら、昔ながらの製法のお麩が
失われてしまったことは残念です。

もう一度、どこか製造直売の
お麩屋さんをみつけて、
焼きたてのお麩をその場で
食べて見たいですね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

知人がスマホのカメラで毎日、撮影しているものとは。

同年代の知合いが、1年ほど前に ガラケーからスマートフォンに変えました。 それを …

「人生は洗濯だ」。「え、選択じゃなくて洗濯?」。その意味するところは? 命、心を洗濯する。

わが家では、未だに80歳を過ぎた母が、 家族の洗濯を行っています。 いっても全自 …

お盆の思い出。懐かしの駄菓子ストロー寒天を発見した従兄弟から、メールが来る。

あなたはストロー寒天という駄菓子を ご存じでしょうか。 ストローの中に色つき(赤 …

豚シャブに使う料理酒とトイレットペーパー。「一度あげた生活レベルを落とすのは難しい」を実感。

わが家でこのところ使っているトイレットペーパー。 ドラッグストアで売られている中 …

「きれいな心のつくりかた」。価値の高いものは値切らない。

先日、新聞の書籍広告に、 が出ていました。 内容が箇条書きで示されていました。 …

104歳で現役の経営者。コーヒー焙煎販売。西荻窪「アロマフレッシュ」店主・安藤久蔵さん。

最近は100歳を超えていらっしゃる方は、 そんなに珍しくなりました。 けれど働い …

舌苔(ぜったい)が、がんと関連? 岡山大学、北海道大学の研究チームが発表。

内容 舌苔(舌苔)の汚れがガンに関連するかもという研究が発表された 〇研究を行っ …

弟の家の壁にかかっていた「VW(Vision&Work Hard)」。毎日、目標を目にする効用。

先日、愛媛県の弟の家を訪れました。 広いリビングのテレビの後ろの壁に、 「VW( …

アメ横の鮭の教訓。

国立博物館で最終日の ラスコー展を見てきました。 http://lascaux2 …

106歳の先生に台湾の教え子から便りが続々。電話で教え子と会話も。

熊本県玉名市に住む106歳の高木波恵さが、 台湾の学校が甲子園に出場し準優勝した …