亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

焼麩に白砂糖。小さい時のおやつは、焼きたてのお麩に白砂糖。

   

2017年10月6日、
ある食堂で昼食。

御膳についていた味噌汁の具は
わかめとお麩(小町麩)でした。

最近はそもそも味噌汁自体、
ほとんどいただかないのですが、
具がお麩の味噌汁は、本当に久しぶりでした。

小さい頃は、ほぼ毎日のように、
味噌汁、スキヤキの具など、
お麩が何かしらの料理に使われていました。

というのは、実家の斜め前が、
お麩の製造卸しをしていたからです。

いろいろな種類を作っていたようですが、
一番覚えているのが、
もちもちの生地を棒のようにして、
釜に入れて焼き上げた、
まるでフランスパンのような棒麩(焼麩)

それを家のお使いで、
度々、買いに行っていました。

その棒麩は、料理に使うだけでなく、
幼稚園、小学校の頃は、
おやつとしても楽しんでいました。

焼き上がってすぐのお麩を
買い求め、家に持ち帰ります。

まだあつあつ。

それを半分に折って、
断面に指を突っ込んで穴をあけます。

指を火傷しないように気をつけます。

穴があいたら、そこに、
白砂糖を適量、入れて、
むしゃむしゃ食べるんですね。

当時、駄菓子屋では麩菓子が
売っていましたが、あれは、
表面に砂糖がまぶしたもの。

自分たちが食べていたのは、
中に砂糖を詰めたお麩で、
焼きたてなので、香ばしくて、
砂糖の甘さがしっかりとしていて、
お麩のさくさくとした食感にあって、
とても美味しかったのを覚えています。

おそらく今食べたら、
白砂糖の量でげんなりしてしまい、
またお麩がのどにつまって、
食べられないかもしれません。

残念ながら、その製麩所は、
夫婦二人で営んでいたのですが、
そこの旦那さんが亡くなった後、
しばらく奥さん1人でやっていたのですが、
結局、息子さん娘さんが跡を継がず、
無くなってしまいました。

砂糖を中にいれて食べるのはともかくも、
素朴ながら、昔ながらの製法のお麩が
失われてしまったことは残念です。

もう一度、どこか製造直売の
お麩屋さんをみつけて、
焼きたてのお麩をその場で
食べて見たいですね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

自分の記憶を信じない。仕組みでカバーする。

先日、新聞に全面広告で掲載された 2017年9月5日発売のロッテの 「記憶力を維 …

畳の目1つ、薄紙1枚の積み重ね。日課をやめてわかった日々の努力の大切さ。

先日、知合いに、体が硬くなって しまったという話をしました。 以前はストレッチを …

週刊新潮が、週刊文春は不正に入手した中吊り広告で「スクープ潰し」との記事。スクープとは? 独占スクープ、単独スクープ。

週刊新潮が、2017年5月18日発売の号で、 ライバル誌である週刊文春が、新潮の …

鳥取県にスタバ1号店。2015年5月23日にスターバックス コーヒー シャミネ鳥取店オープン。

日本の都道府県の中で唯一、スターバックスが 進出していない県、それが鳥取県。 「 …

「人が一番、幸せを感じるのはどんな時」。その答えは? 世話をするより世話をする。

どこで知ったか、教えてもらったか 忘れてしまったのですけれど、 次のような内容が …

生涯で2枚だけ名刺を受け取らなかったことがある。温厚な年上の方が明かしたその理由。

出張先で取引先の方と立ち話。 かなり地位の高い方なのですが、 出入りの業者にも気 …

トランプ大統領は下戸。夕食会で提供された日本ワイン。長野の赤、山梨の白。

2017年11月5日から7日にかけて 来日したトランプ大統領。 肉、ポテトが大好 …

カレーライスの肉の調査。東は豚、西は牛。カレーライスに入れるもの。インドカレー、タイカレー作りのコツ。

お宅のカレーライス。 肉は何をいれていますか? 国内の新聞16紙が読者に 食文化 …

90歳近いのに、夏でも外を歩き回る叔母さんの元気のもとは、ミルク粥。

日曜日のお昼前、家にいたら、 勝手口のインターフォンが鳴りました。 誰だろうと思 …

自分はどこで亡くなりたいか? 自宅それとも?

先日、ある病院に行ったときのこと。 80代とおぼしき女性二人が話をしていました。 …