亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

住宅ローン完済記念日を祝った知人。35年ローンを繰り上げ返済。ライフイベント表の効用。

   

先日、仕事で知り合って
もう30年近くになる知人に会いました。

「いやー、先日、妻と一緒にお祝いしたんですよ」
と話し始めました。

何のお祝いかと思ったら、ついこの間、
住宅ローンを完済したんだとか。

知り合って何年か経った頃、
そういえばマンションを買ったと
話していました。

これから35年もローンを返し続けないと
なんて話していたのを覚えています。

だがあれから35年も経っていない。

不思議に思って尋ねると、
頑張ってローンの繰り上げ返済を行なったとのこと。

それにより、ローンを返す時期が短くなり、
また支払う利息も減ったんだとか。

時期は10年ほど短くなり、
返済額は数百万も安くなったんだそうです。

知人はまだまだこれからも働くつもりですが、
以前のままだとローン返済が、60歳を
大幅に超えてしまうので、それまでに支払い
終えてしまうようにと、考えたとか。

また早めに繰り上げ返済すればするほど、
支払う利息が減るので、
ローンの支払い始めから、
支払いを増やしたと言います。

ただその頃は、子育ての最中で、
特に教育費がかかるので、
その両立が大変だったとか。

かなりの節約を心がけたとのこと。

そしてそうしたことを
考え実践するのに役立ったグッズが
あるといいます。

それはライフイベント表。
ご存じですか?

これは自分の年齢、家族の年齢を記入。
そしてその年齢の時にどんなことが起こるか、
人生の大きなイベント、つまり小学校入学、
大学入学、定年などを書き入れ、何年には、
何が起こり、その時にはどれくらいの収入、
また支出があるかを人目で把握するものです。

ライフイベント表の一例
http://www.dai-ichi-life.co.jp/tips/lc_game/pdf/download_003.pdf

こうした物で、しっかりと
生活設計をしていたんですね。

もちろん長い人生のこと、思いも掛けぬ
事件、出来事が起こったりしますが、
そうした表があると、自然と心構えができ、
備えをしておこうという気持ちになるようです。

三井住友銀行
一部繰上返済シミュレーション
http://www.smbc.co.jp/sim/servlet/sim.IchikuriSimServlet

東洋経済
《住宅ローンを「損得」だけで考えるな
「繰り上げ返済は早いほどよい」に異議あり
2015年7月29日》
http://toyokeizai.net/articles/-/78544

《全国銀行協会》
《Q. 住宅ローンの繰り上げ返済、効果的に行うには?》
https://www.zenginkyo.or.jp/article/life/myhome/4376/

そしてもう一つ、いや最も大きかったのは、
30年近くの歳月の中で家族、両親が
大きな病気、怪我をしなかったことだと。

健康はすべての基とはよく言われますが、
まさにその通りだったようです。

みんなが健康であったことは
奇跡に近いことですが、
ただ日頃の生活で、健康に一番影響が
大きいと思われる食生活は、
気をつけていたようです。

出来ることはした上での、
健康だったみたいですね。

知人の話を聞いて、
長いスパンで計画的に物事を考える
という自分に一番、欠けていることの
大切さを思い知らされました。

細かくライフイベント表を
作ることが面倒であれば、
1年後、5年後、10年後をまず考えては
ともアドバイスされました。

そして逆算せよと。

どういうことなんでしょうか。

10年後の自分。
どんな自分でいたいのか。
(生活環境など)
それをまず思い浮かべる。

そしてそうなるためには、
今、何をなすべきかを
逆算して考え、行動を起こすと
いうことのようです。

終わりよければ全て良し。

人生の仕上げの時期を、
今から想像し、計画しておくのは、
無駄ではないかもしれません。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

落語「八五郎坊主」と釈迦の弟子・周利槃特(しゅりはんどく)。そして「レレレのおじさん」。

落語「八五郎坊主」そして、 釈迦の弟子の一人周利槃特(しゅりはんどく)。 ご存じ …

4リットルの焼酎を箱買いしている1人暮らしの女性。大酒豪? おばあちゃんの知恵に学ぶ。

焼酎、お好きですか? 先日といってもずいぶん前ですけれど、 20代の若者たちと居 …

「ナスダックって何」と質問した母。「知識を得たい人は老いない」 「知識をなおざりにする人は老いる」。

2015年12月15日、朝ご飯をとりながら、 NHKのニュースを見ていました。 …

横浜・野毛の”三杯屋”「武蔵屋」、2015年7月31日で閉店。店主・木村喜久代さん93歳。「体力の限界」。

横浜・野毛にある(あった) 居酒屋・武蔵屋。 ご存じでしょうか? 昭和の香りを残 …

佐野研二郎氏デザインの東京五輪エンブレム。使用を中止する方針。大会組織委員会。

東京五輪大会組織委員会は、 2015年9月1日、佐野研二郎氏のデザインした エン …

知人が高齢の父母に贈って、大歓迎された電動家電。

実家に帰省され、ご両親の顔を 久しぶりにご覧になった方も多いでしょう。 若い方は …

「古川に水絶えず」。わが家の意味は、一般的なそれとは違っていた。

自分の祖父母や両親から 教えられていたことと、 世間一般の教えが異なる。 そんな …

毎日、前腕が凝ってしょうがない。同じ悩みを持つ友達から教わった解消法。

毎日、パソコンを かなり長時間、使っています。 キーボードでメール、企画書、 報 …

新国立競技場に旧国立にあった「野見宿禰」の壁画を設置と設計の隈研吾さん。国技館の近くにある野見宿禰神社。

いろいろともめた末、隈研吾さんの設計で 建設されることが決まった新国立競技場。 …

人の名前が出てこなくなった高齢の知合いが、それを克服した自作のカルタとは?

この所、人・モノ・場所などの名前を すぐに思い出せないことが多くなりました。 そ …