亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

久しぶりに聞いた「運鈍根」という言葉。運のよい人、ツキがある人になるためには。

   

「運鈍根(うんどんこん)」という言葉を
聞いた事がありますか?

これは成功するには、
幸運、鈍いくらいの粘り強さ、
そして根気の3つが必要である
という教えです。
(「運根鈍」という場合も)

小さい時に大阪の祖母、
大阪に丁稚修行に行った近所のおじさん
などから、教えられました。

なのでとても馴染みが深い言葉なのです。

大阪、それも商人の間で言われていた
という狭い範囲の教えではなく、
故事成語であり、
広く知られていた表現のようです。

昨日・今日と出張に出かけていたのですが、
出張先のバスの中で、年配の女性二人が、
この「運鈍根」について話していました。

久しぶりにこの言葉を聞いて、
祖母や近所のおじさんのことを
思い出したという訳です。

その二人が特に語り合っていたのは、
「運」について。

あの人は「運が良い」とか、
「ツキがある」とかいうが、
どうしたら、運、ツキをもてるのか。

あなたはどうしたらいいと思いますか。

それは「利他」を心がけることと。

利他とは、自分のことよりも、
まず他人の利益や幸福を考えること。

なかなか出来ないですね。

四字熟語だと
「忘己利他(もうこりた)」とも。

自分のことを忘れて
人のために尽くすことを言います。

年配の女性二人は、誰かにおまんじゅうを
もらったら、まず人にあげて、
食べてもらってから、自分が食べるとか、
我先にではなく、譲り合う心なんて
話していました。

なかなか出来ないことですよね。

そんな自分の心に刺さることを、
自分が聞こえるように話していたのは、
高齢の女性二人に姿をやつした仏様の
御心だったのかもしれません。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「窓からは光(や風)とともに幸せが入ってくる」。その通り道、汚れていませんか?

以前、別のブログで 「窓の曇りは心の曇り」 という、曾祖父と祖父に言葉について …

町内のお稲荷様の初午祭。町会からお赤飯をいただく。初午詣で。落語「明烏(あけがらす)」。

2016年2月19日、お昼ご飯を家で食べていたら、 町会の人が訪ねてきました。 …

畳の目1つ、薄紙1枚の積み重ね。日課をやめてわかった日々の努力の大切さ。

先日、知合いに、体が硬くなって しまったという話をしました。 以前はストレッチを …

上野動物園の赤ちゃんパンダの名前はシャンシャン(香香)。

2017年9月25日、上野動物園の赤ちゃんパンダの 名前が、「シャンシャン(香香 …

やっぱりすごい効果ありかも。足裏とふくらはぎマッサージ。

もうずいぶん昔になりますが、 近所のおじさん、おばさんから、 健康の秘訣として「 …

ご近所でペットのお葬式。慰霊堂で個別に火葬、お骨上げ、合同納骨。ここまでするのは、気持ちの整理、区切りでペットロスの軽減。

先日、ご近所でペットのお葬式がありました。 年配のご夫婦が長年飼っていた犬が、 …

またまた怪しい電話が母にかかってきた。詐欺電話を撃退した一言とは。

2016年2月8日、遅めのお昼をとって、 仕事場に戻ろうとしたら、 リビングの電 …

しばらくぶりの知人・友人の名前が出てこない……。ついにきたか。歯で名前を覚えている歯科医。

あなたは、しばらくびりにあった 知人・取引先の名前を 呼びかけることができますか …

白髪染めをやめる同年代の友人、増える。

先日、テレビをつけたら、 俳優の陣内孝則さんが出演していました。 驚きました。 …

「まだいける そう思えるか」「いつでも だれでもラッキーはくる そう思え」。錦織圭が自分を鼓舞する自作の相田みつを風格言。

リオ五輪の男子シングルス準々決勝。 しびれましたね。 世界ランキング7位の錦織圭 …