亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

久しぶりに聞いた「運鈍根」という言葉。運のよい人、ツキがある人になるためには。

   

「運鈍根(うんどんこん)」という言葉を
聞いた事がありますか?

これは成功するには、
幸運、鈍いくらいの粘り強さ、
そして根気の3つが必要である
という教えです。
(「運根鈍」という場合も)

小さい時に大阪の祖母、
大阪に丁稚修行に行った近所のおじさん
などから、教えられました。

なのでとても馴染みが深い言葉なのです。

大阪、それも商人の間で言われていた
という狭い範囲の教えではなく、
故事成語であり、
広く知られていた表現のようです。

昨日・今日と出張に出かけていたのですが、
出張先のバスの中で、年配の女性二人が、
この「運鈍根」について話していました。

久しぶりにこの言葉を聞いて、
祖母や近所のおじさんのことを
思い出したという訳です。

その二人が特に語り合っていたのは、
「運」について。

あの人は「運が良い」とか、
「ツキがある」とかいうが、
どうしたら、運、ツキをもてるのか。

あなたはどうしたらいいと思いますか。

それは「利他」を心がけることと。

利他とは、自分のことよりも、
まず他人の利益や幸福を考えること。

なかなか出来ないですね。

四字熟語だと
「忘己利他(もうこりた)」とも。

自分のことを忘れて
人のために尽くすことを言います。

年配の女性二人は、誰かにおまんじゅうを
もらったら、まず人にあげて、
食べてもらってから、自分が食べるとか、
我先にではなく、譲り合う心なんて
話していました。

なかなか出来ないことですよね。

そんな自分の心に刺さることを、
自分が聞こえるように話していたのは、
高齢の女性二人に姿をやつした仏様の
御心だったのかもしれません。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

90歳の知合いにフラッシュモブの面白動画を教えられる。「…だから」をやめると人生、楽で楽しい。

昨日、90歳の知合いに会いました。 話している途中、相手の呼び出し音が鳴りました …

おじさん・おばさんたち(同級生)のスマートフォンのカメラ機能の活用術。

先日8人ばかり中学の同級生が集まり、 旧交を温めました。 いろいろと驚くことがあ …

家庭内の投票の秘密。夫と妻、親など家族のの投票先を知っていますか?

明日、2017年10月22日は衆議院選挙ですね。 全国的に天気が悪い予想が出てお …

美術家・篠田桃紅さん。「103歳になってわかったこと」。

篠田桃紅さん。 ご存じでしょうか? 墨書のほか、金箔、朱泥を使った書や、 壁画・ …

「お前はまだ人生の歌を残していない。生きて、歌を残しなさい」。イヌイットの古老が若きC.W.ニコルさんに語った言葉。

作家のC・W・ニコルさん。 長野県の黒姫の山に、「アファンの森」を作り、 自然を …

SMAP、今年2016年限りで解散。

アイドルグループのSMAPが、 今年2016年限りで解散と新聞各紙が伝えています …

肌ぴかぴかおじいさんの使っていた小さな布の正体とは?

夏になって少し回数が減りましたけれど、 銭湯に通っています。 長風呂で身体の血行 …

アパート住まいでもフェラーリを買いなさい。身分不相応なモノを持て。モノがアナタを育ててくれる。

今日、新しい取引先に伺いました。 仕事の話の流れで、 そこの25歳の担当者(女性 …

公園浴の勧め。芝生、観葉植物など身近な自然でリフレッシュ。

毎日のように近所の公園を巡っています。 ここ最近は桜の花の開花を楽しみにしていま …

残念。村上春樹さん、2015年ノーベル文学賞を逃す。ベラルーシのスヴェトラーナさんに栄冠。

村上春樹さん、 2015年ノーベル文学賞を逃しました。 先ほどスウェーデン・アカ …