元旦と元日の意味。元旦=1月1日の朝、元日=1月1日。それとも同じ。あなたはどっちですか。

スポンサーリンク
未分類

年賀状を頂いて驚いた。元旦=元日との意味で使っている人、多し

2023年(令和5年)1月1日のお昼過ぎ、いただいた年賀状を読み、
ご無沙汰している方々の近況を知り、あったかい気持ちになりました。
しかしその一方で、気になることが。それは元旦の使い方。
文章の中で元旦=元日という意味で使っている方が何人もいらっしゃったのです。

元旦=1月1日の朝、元日=1月1日と思っていたが……

個人的に、これまで教わったのは、元旦(がんたん)は、1月1日の朝。元日(がんじつ)は1月1日。
つまり「元日(1月1日)の朝が元旦」という理解です。
よく説明されるのは、「旦」の字は水平線から朝日がのぼる様子を表していて、
朝や明け方を示す。なので元旦は、1月1日元日の朝、少なくとも午前中を指すと。
また《一年の一年の計は元旦にあり》との慣用表現があります。これは、
《一日の計は晨(あした)にあり 一年の計は元旦にあり》の後半部分です。
意味は、《一日の計画は一日の初めである朝に立て、一年の計画は一年の
初めである元日の朝に立てるべきである》です。

NHKでは、元旦=1月1日の朝。元日は1月1日全体。「元旦の朝」は誤り。

NHKではどのように使っているのでしょうか。
NHK放送文化研究所のHPには、次のようなQ&Aが。
《1月1日の朝は、なぜ「元旦」という?》
https://www.nhk.or.jp/bunken/summary/kotoba/gimon/014.html

まもなく新年を迎えますが、1月1日「元日」の朝のことを、なぜ「元旦」というのでしょうか。

「旦」は日が昇る時(日の出)を表す文字ですので、「元旦」は「元日の朝」のことです。

「旦」は、二つ以上の字を組み合わせて新しい文字を作り意味を合成する会意文字の一つです。

「日」と「-」(地平線)を合わせて、太陽が地上に現れることを示しています。このように「元旦」は「元日の朝」を表すことばですので、「元旦の朝」は重複表現。また、「元旦の夜(午後)」というのは間違いです。

というわけで、NHKは、上に記したように、元旦と元日を使い分けています。

各種の国語辞典では、どのように記されているか

それでは、国語辞典ではどのように記述されているのでしょうか。
《コトバンク》《元旦》
https://kotobank.jp/word/%E5%85%83%E6%97%A6-470768

元日の朝。元朝。また、元日。「一年の計は元旦にあり」《季 新年》
[補説]「旦」は「朝・夜明け」の意であるから、「元旦」を「元日」の意で使うのは、本来は誤り。ただし、「元日」と同じように使う人も多い。

《デジタル大辞泉》では、1義を元日の朝としながらも、元日という語義も記されています。
補説では、《「元旦」を「元日」の意で使うのは、本来は誤り》としていますが
《同じように使う人も多い》と。
精選版 日本国語大辞典は元日の朝、元日どちらも記載。
岩波国語辞典第七版は、《元日の朝。転じて俗に、元日。》と
こちらも二つ書いていますね。
うーん。そうか、間違いと記している辞書もあるけれど、
多くは「元旦」=「元日」も認めているようです。

新聞はどうしているのか。毎日新聞「毎日ことば」

毎日新聞の「毎日ことば」。そこでは、元旦、元日について以下のように記されています。

「元旦=1月1日」としてよいか

2021年1月19日

本来は「元日の朝」だということを意識すべき場面もあると考える立場もあり、新聞などもそちら側にくみするものです。公共の言葉としては、1月1日は「元日」、その朝が「元旦」とする区別は今後も必要と言えそうです。

https://mainichi-kotoba.jp/enq-309

まとめ

元旦=1月1日の朝、元日=1月1日と別の意味であるとの規範がある。
しかし元旦=元日と使う場合も多い。

おまけ 元日、元三日、元旦、歳朝、大旦

元日は上にも記したように1月1日のこと。
お正月の三が日は「元三日 (がんさんにち)」と呼ぶ。
元日はその初日。元日の朝の呼び方として元旦 (がんたん)のほか、
「歳朝 (さいちょう)」、「大旦 (おおあした)」などがある。
こうした特別な呼び方をするのは、年の始まりの縁起を担いでのこと。
「元」という字は「一番初め」という意味。

いやー、言葉はやはり生き物。変化するんですね。

プロフィール
この記事を書いた人

35年以上にわたり、放送(TV、ラジオ)業界、イベント制作に携わる。
30年余り、放送関係の専門学校講師を勤め、企画書、台本の書き方を
教える。10年余りホテルの食に関するHPの制作、コンサルタントも、
行う。新聞は小学4年生から読み始め、多い時には13紙を愛読。現在は朝、毎、読、日経、日経流通、日経産業、産経、東京、日刊スポーツの
9紙を購読。取引先、図書館で地方紙、専門紙、雑誌もチェックする。
ブログ「トクダス」
https://nikitoki.blog.ss-blog.jp/
ブログ「人生やり残しリスト」
https://yarinokoshi.blog.ss-blog.jp/

nikitokiをフォローする

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント