亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

やっぱりすごい効果ありかも。足裏とふくらはぎマッサージ。

   

もうずいぶん昔になりますが、
近所のおじさん、おばさんから、
健康の秘訣として「足もみ」を
勧められたことがあります。

足裏マッサージ、
リフレクソロジーなどが
ブームになるはるか前です。

おじさん夫婦は、毎晩、風呂上がりに、
互いに足裏とふくらはぎの
マッサージをしあっていたのでした。

毎晩のマッサージで、
その日の疲労がとれ、
血行もよくなるのが、
足が冷えない、
よく眠れるなどと
その効能を
教えてくれました。

その時は若かったので、
余り真剣に聞いておらず、
実践することはありませんでした。

その後、足裏健康法、
リフレクソロジーなどが
はやり始めた時は、かなりの頻度で
様々なお店に通ったりしていました。

しかしそうした所に通うのは
お金がかかるため、
毎日は通えません。

このため、足裏マッサージ器を購入。
足が疲れた時に、行なっていました。

しかしそのマッサージ器は
足裏のみで、ふくらはぎは、
もみほぐすことができません。

このため数年前に追加で購入したのが、
パナソニックの レッグリフレ。

当初は風呂上がりに
毎日、続けていたのですが……。

そうどちらも、いつの間にか、
物入れの奥に眠ってしまったのです。

数ヶ月前から、日課のウォーキングをした後、
風呂に入って寝ても、次の日に足に疲れが
残るようになりました。

距離的には以前より減っているのに
と思いながら、そのままにしていたのですが、
ふと昔聞いた話を思い出したのです。

機械がやってくれるのですが、
それでも面倒に思っていたのですが、
テレビでニュースを見たり、
新聞を読むときに、行なえば、
時間もとらないし、手間もかからない。

そう考えて再開しました。

毎日、続けるうちに、
足裏、脚の疲れが次第に
軽くなっていきました。

脚はもちろんなのですが、
体全体の血行もよくなり、
体温も高くなりました。

さらに以前、台湾の足裏マッサージに
凝っていた時にプレゼントしてもらった
木の棒もあったことを思い出し、
それを使って、足裏もみも再び始めました。

それを加えると、
さらに調子がよくなってきました。

やはり少しずつでも毎日、行なうのが、
健康には一番効果があるようです。

「継続は力なり」ですね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

久しぶりに昔、通った田舎料理の店を訪ねたら……。

このところ、新宿三丁目の2つの取引先に、 毎週、定期的に通っています。 どちらも …

「まだいける そう思えるか」「いつでも だれでもラッキーはくる そう思え」。錦織圭が自分を鼓舞する自作の相田みつを風格言。

リオ五輪の男子シングルス準々決勝。 しびれましたね。 世界ランキング7位の錦織圭 …

広島カープの黒田博樹投手と男気。朝日新聞、耕論で「男気って」で特集。

ニューヨーク・ヤンキースの高額な報酬を捨て、 広島カープに復帰した黒田博樹投手。 …

「泥棒も客や」。今も覚えている母の言葉。がんこフードサービス会長小嶋淳司さん。

「ねじり鉢巻きのおやじ」が看板の 「がんこ寿司」、ご存じでしょうか? あの看板は …

斧琴菊紋。ご存じですか? 「良き(善き)こと聞く」の精神。

2015年9月28日、取引先の女性が騒いでいました。 福山雅治さん、千原ジュニア …

「粛々と」は「上から目線」? 菅官房長官が 翁長沖縄県知事から批判。今後使わないと官房長官。

2015年4月5日、菅義偉官房長官が、 翁長雄志沖縄県知事と会談しました。 その …

知人が高齢の父母に贈って、大歓迎された電動家電。

実家に帰省され、ご両親の顔を 久しぶりにご覧になった方も多いでしょう。 若い方は …

ストレッチ、柔軟体操はいつする? 冬の体操、ウォーキングは室内で体を温めてから。

健康のため、毎日、運動を していらっしゃる方、多いと思います。 知合いの高齢者の …

親のための自分史製作サービス「親の雑誌」が2015年5月1日から始まる。

以前、別のブログで自分史の制作サービスを ご紹介したことがあります。 自分が書い …

熊本在住の106歳の元教師、台湾の教え子たちとインターネットで、およそ80年ぶりの再会が実現。

現在、熊本に在住の106歳の女性が、 台湾の教え子に送った一通の手紙。 そこから …