亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

地蔵盆の思い出。大阪の祖母宅で過ごした夏休み。

   

「地蔵盆」。
ご存じでしょうか?

関西方面、北陸、長野の方は当たり前。
他の地方の方は、ご存じない方が
多いのではないでしょうか?

2015年8月25日、産経新聞の大阪特派員の
山上直子さんが《手作り「地蔵盆」のススメ》
http://www.sankei.com/column/news/150825/clm1508250010-n1.html
を書かれています。

先週末から24日にかけて地蔵盆が行われたんですね。

この地蔵盆は、子どものためのお祭。
8月の24日近くに行われるもので、
子どもを助けるという地蔵菩薩信仰に
基づくもののようです。

自分の関西の出身ではないのですが、
祖母が大阪に住んでいたので、
この行事を知っていました。

記事では、京都出身の綿矢りささんの
「トイレの懺悔室」から、主人公のセリフを
引用しています。

《「八月の最後の週末に地蔵盆がなければ、
ほかの地方の小学生たちは、
夏休みがもうすぐ終わってしまう憂(う)さを
いったいどうやって晴らすんだろう」》

姉2人や、祖母の近所の幼稚園、
小学生たちもこの地蔵盆を楽しみにしていました。

自分などはお盆が終わってしまい、秋風がたつころになると、
夏休みも終わりだなーと少し憂鬱になったものですが、
姉たちは、地蔵盆という楽しみが残っているので、
夏休みはお盆を過ぎてもまだまだあると感じていたようです。

祖母宅でお盆を過ぎても滞在したある夏休み。
この地蔵盆に参加させてもらいました。
祖母の家の近くに大きな団地があり、
その中にあった集会所、
そして公園が地蔵盆の主な会場。

もちろんお地蔵さんが設置されている洞は、
きれいに掃除され、行灯そして飾り物、
供え物がされ、お参りの人が絶えません。

しかし子どもの興味といえば、集会所で友達や知合いと
一緒に食べるご飯、お菓子であったり、金魚すくい、
輪投げ、また夜店での買い物であったりします。
(盆踊りを一緒にする所もあるよう。むしろ最近は盆踊りと一緒?)

それらをぐるっと回って、疲れ切って集会所に帰ると、
お菓子などが一杯詰まったお土産が一人一人に渡され、
それを下げて、名残を惜しみながら、家路につく。

なるほど姉たちが、お盆が終わっても楽しみが残っている
と言うのはそうだと納得する楽しい一夜でした。
ただこの地蔵盆が終わってしまうと、いよいよ夏休みも残りわずか。
残っている宿題のことが頭によぎり、不安になったようです。
(地蔵盆でもらったお土産の中に、ノートとか鉛筆が入っているとなおさら)

記事には、この地蔵盆の由来が詳しく書かれていました。

《仏教では、親より先に死んだ子供は「逆縁」とされ、
さいの河原で石を積まされるのだが、地獄の鬼がやってきて
積んだ端から壊してしまう。
それを助けてくれるのが地蔵菩薩とされた。》

自分は祖母からこの話を聞いたのですが、
さいの河原で石を積んだものの、鬼に崩されて
絶望しているという夢を見て、
何度もうなされたことがあります。

今も「逆縁」にならないよう、親より一日でも長生きする
と思っている自分がいます。
小さい頃の影響って考えているより、深いものだなと
しみじみ感じています。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

勧められた「ところ天」を食べて見たら……。「友達の誘いには乗ってみるものだ」との祖母の教え。

あなたは、ところ天がお好きですか? 夏の暑い日、少し冷やした ところ太をすすり込 …

今年、還暦を迎える知合いが、定年準備について語る。忘れがちなのは年をとると体力、気力、知力が衰えるということ。

自分の周りの年上の知合い、友達が、 数年前から、還暦=定年を迎えることが 多くな …

人が変わって時代が変わる。衆議院議員選挙のポスター掲示板を見て。時代の移り変わりを知る。

近所の中学校の前を通ったら、 衆議院議員選挙のポスター掲示板が 立っていました。 …

新しい化合物「アルジャーノン」。出生前のダウン症改善に効果? 京都大の研究グループが発表。あの名作を意識?

2017年9月5日の朝刊各紙に、 京都大学の研究グループが発見した 新たな化合物 …

6月30日、「夏越の祓」をしましたか?  逃した方は、夏詣。《開運八社さんぽ 東京福めぐり》。

6月30日、一年の半分が今日で終わります。 以前にも書いたのですが、この日は、 …

勉学の秋。高校講座、放送大学の講義をテレビ・ラジオで見たり、聞いたりする人が多い。受験サプリを大人が?

少し前の「放送塔」という読売新聞朝刊の 投稿欄に、65歳の男性の投稿が掲載されて …

106歳の先生に台湾の教え子から便りが続々。電話で教え子と会話も。

熊本県玉名市に住む106歳の高木波恵さが、 台湾の学校が甲子園に出場し準優勝した …

「お父さん、臭くなくなった」と娘に言われた友達の秘密兵器とは?

結婚されて子どもがいらっしゃるお父さん。 奥さんや娘さん、息子さんから、 「お父 …

久しぶりに聞いた「運鈍根」という言葉。運のよい人、ツキがある人になるためには。

「運鈍根(うんどんこん)」という言葉を 聞いた事がありますか? これは成功するに …

体が香りに染まるほど、食べていた松茸の思い出を語ってくれた祖母。

先日、百貨店の食品売り場に行ったら、 国産松茸が木箱の中に納められ 売られていま …