亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

少しでもはやく良くなるために。上手な医者のかかり方。記録、メモ。

   

ここ最近、病院に通ったり、
大病を患って通院、入院した身内、
友人の話をいろいろと聞きました。

例えば、理髪店、美容院で、自分好みの髪型に
してもらうためには、いろいろと注文をつけたり、
ヘアスタイルのカタログを持参したりなど工夫するように、
病院にも上手なかかり方があるとわかりました。

いろいろと教わった中で、
一番重要だと思ったのは、
自分の体調の記録です。

自分について一番詳しいのは自分。
症状や身体・気持ちの変化は自分が一番わかっています。

しかし、年齢とともに記憶力は落ちてきます。

確実なのは、手帳でもノートでもいいので、
1冊にまとめて、そこに記録すること。
(領収書、検査データ、注意書きなどもファイルにまとめておく)

日付、時間を記し、体重、血圧、体温などを記録。
気になる症状、例えば、「頭の左側がずきずき痛い」
「のどがはれる」といったことも書いておきます。
(自覚症状、病歴、飲んでいる薬など。
紹介状がある場合、これまでの治療、薬の情報は
書いてあるが、気になるなら、飲んでいる薬を持参すると良い)

医者は、患者の情報があればあるほど、診断しやすくなり、
またそれを簡潔に伝えてもらえると、聞き取りの時間・手間も
短縮され、治療に使う時間も増えます。

またお医者さんに聞いておきたいこと、
疑問はいろいろとあると思います。

それも箇条書きで事前に整理しておくこと。

例えば、「このサプリメントは、飲んでもいいのか?」
「兄弟が同じような病気・症状で入院したのだが……」など。

自分の症状に関係ないようなことでも、
疑問をそのままにしておくより、
「関係ないです」「止めた方がいい」など、
医者の判断があれば、安心でき、
精神的にもストレスがなくなりますから。

またお医者さんの説明は、わかりにくい
専門用語を使って、説明されることがあります。
その際には、遠慮せず、わかるまで聞くこと。
そして言われたことはメモしておくこと。
(以下にも書きましたが、許可を得て
ICレコーダーで録音し後で聞き直すという手も)

聞いた事でも後で思い出せなかったり、
記憶間違いをしたりしてしまうことも。
その点、その場ですぐにメモにしておくと
間違いがありません。

〇近所にかかりつけ医(ホームドクター)を持つ
(いまさら遅いという場合もありますが。近所の
病院・クリニックの情報は知っておいて損はありません)

〇ホームドクターからそこから専門病院、大病院を紹介してもらう

〇自分に合わないと思った時は、先生を変えてもらう。
病院を変えてみる。セカンドオピニオンを求める。

〇わかりにくい場合、メモがおいつかない場合など、
医師の許可を得て、ICレコーダーなどで先生の話を録音。
後でじっくり聞き返す。家族などに聞いてもらうことも。

〇病院は診察時間より、待ち時間の方が多い。
一番、自分が心地よい時間の過ごし方ができるよう
工夫しましょう。
(自分の好きな本、雑誌、音楽などを持参)

〇医療はかなり進んでいますが、万能ではありません。
不確実だったり、限界もあります。
あまり過大な期待をせず、少しでも良くなると
いう意識で病気に立ち向かいましょう。

〇インターネット、本などで病気についての知識をつける
ただ、あくまでも素人知識なので、それを医師の前で
ひけらかしたり、知ったかぶりをしたり、
医師を批判したりしないこと。

《医師にかかる10カ条》
http://medical.itp.ne.jp/byouki/930205001/

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「請け判押すな」。祖母の教えを久しぶりに思い出した。連帯保証人を頼まれたら……。

あなたは「請け判」という言葉を ご存じでしょうか? これは請け人が保証のために押 …

養父市、ごぞんじですか? 「ようふし」「ようちちし」? 2015年8月11日朝日新聞に全面広告。市町村生き残り戦略。

「養父市」という市をごぞんじでしょうか? 兵庫県にある市です。 日本全国には難読 …

牡蠣、柿、牡蠣フライ。それぞれの「カキ」のアクセント。

牡蠣、柿。 どちらも美味しい秋ですね。 2017年11月7日、読売新聞の 4コマ …

2022年冬季五輪は北京。同一都市で夏冬は史上初。

クアラルンプールで開かれた国際オリンピック委員会の 総会で、2022年冬季五輪の …

知合いの高齢者が夢中という重ね鍋(ミルフィーユ鍋)。

高齢者こそ肉を食べなくては とこの頃、よく言われます。 このブログでも何度もその …

選挙権あるんだから、酒・たばこ、さらに競馬も18歳解禁へ。自民党が成人年齢引き下げを提言。

選挙権。 18歳からに改正されました。 これに伴って、酒・たばこ、さらに競馬・競 …

暖かくなっても「冷え」にはご注意。靴下をはいて、冷たいものを避ける。

暖かいというか、時には 夏のような暑さも感じる季節になりました。 冷たいものが欲 …

6月15日は弘法大師の誕生日。行事は?

落語家の桂ざこばさん。 1947年9月21日生まれ、 本名は、関口弘(ひろむ)さ …

町内の婦人会が能登半島に、団体旅行をした訳。高齢者も情報を活用してお得な生活を。

町内の婦人会が先月下旬に 毎年秋、恒例の慰安旅行をしました。 母は残念ながら不参 …

認知症発表の大山のぶ代さんが、声優の仕事に復帰。認知症になっても仕事は可能。ケアの重要性。

2015年5月に、夫の砂川啓介さんが、 妻である大山のぶ代さんが 認知症の闘病中 …