知らない場所に行くのに、Googleマップ、Yahoo!地図などを利用しない知合い。その訳は荘子の「機心」。

スポンサーリンク
未分類

あなたは、知らない場所に行くとき、
スマートフォンの地図アプリを使いますか?

昔は、新しい知らない場所に行くときは、
地図をコピーしたり、地図を片手に見ながら、
なんとかたどりついたものです。

今は、スマートフォンを片手に
その地図上の点を見て、それに従っている。

そんな方、多いのではないでしょうか?

取引先の知合い。
以前からもそうでしたが、
今もその信念を貫いていることを改めて知りました。

その信念とは、新たな場所に行くときに、
事前にスマホ、パソコンの地図で場所を
確かめるのはいいが、歩きながら地図を見ない。
案内ソフトは使わないというものです。

これは高校時代に漢文だか、倫理社会だかの
授業で習った荘子の「機心」が頭にずっと
残っているからなのだとか。

あなたは、「機心」(きしん)をご存じでしょうか?

辞書を引くと、次のように書かれています。

《機を見てはたらく心。また、はかりごとをめぐらす心。》
https://kotobank.jp/word/%E6%A9%9F%E5%BF%83-240838

そちらではなく、機械に頼る心という意味の方です。
中国の「荘子」が出典です。

孔子の弟子の子貢は、老人が井戸の中に入り、
甕で水をくんでいるのを見て、時代おくれと驚きます。

水をくみ畑に水をまくなら
「はね釣瓶」という便利な機械があるのです。

老人に尋ねた所、知ってはいるが、使わないと。

訳を聞いて心を揺さぶられたのです。

老人は次のように答えました。

「機械を使い出すと、必ず機械に頼る仕事が増える。
そうした仕事が増えると、頼る心=機心が生じ、
とらわれてしまう」。

荘子の「天地篇」の中に
「有機械者、必有機事。有機事者、必有機心」。
これは、
「機械あれば必ず機事あり、機事あれば必ず機心あり」
と読み下されます。

つい先月、日本小児科医会と日本医師会が発表した
ポスターに、
「スマホを使うほど、学力が低下する」
とのフレーズがあり、物議をかもしました。

上のフレーズが果たして事実なのかどうか、
まだ確定的に結論づけられません。

しかしスマートフォンに限らず、
様々な文明の利器は我々の生活に
大きなプラスをもたらしてくれる反面、
もしかしたらそれまで持っていた能力を
衰えさせるといったマイナスの面を
持っているのかもしれません。

古代中国の荘子の機心。

頭に入れて置いた方がよいのかもしれませんね。

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント