亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

インドネシア、日中どちらの高速鉄道案も採用せず。「中速鉄道」を建設したい。

   

インドネシアが日本、中国、
どちらの高速鉄道案を採用するか
注目されていました。

インドネシアのナスティオン調整相(経済)と
会談した谷崎泰明駐インドネシア大使が明らかにした
ところによれば、インドネシア政府は、日中どちらの
高速鉄道案も採用せず、時速200キロから250キロの
「中速鉄道」を建設することにしたとのことです。

いやー肩すかしというか……。

ただ鉄道に詳しい知合いによれば、
インドネシアは、在来線の低速な鉄道しか
運行経験がなく、新幹線のような時速300キロを超える
高速鉄道を一気に運行するのは、非常に危険と話していました。

時速200キロ程度の鉄道の運行経験を重ね、
次の段階で高速鉄道を導入する。

そうしないと重大な事故を起こしうると。

鉄道の運行は、膨大なノウハウの固まり。
それを現地のインドネシアの人が、習得するのは、
時間がかかると。

その意味では順当な判断だったのかもしれません。

なお予定している中速鉄道の建設にも、
これまでの高速鉄道計画と同じく、
国家予算を投入せず、さらに融資に対する
政府保証もしないと表明しているよう。

となると高速鉄道よりは安くなるとはいえ、
巨額の資金を調達できるかは疑問ですね。

〇インドネシアへの日本の鉄道関係の輸出
「ジャカルタMRT事業」:地下鉄事業
他にも、
日本の鉄道関係の会社は、郊外鉄道などのプロジェクトなどを受注している。
《インドネシア ジャワ幹線鉄道電化・複々線化工事を受注
~ジャカルタ周辺の輸送力を増強~》
http://www.sumitomocorp.co.jp/news/detail/id=25545

《各分野での日本のインドネシアに対する経済協力の紹介》
http://www.id.emb-japan.go.jp/oda/jp/whatisoda_04b.htm

 - 未分類

Comment

  1. nikitoki より:

    インドネシア政府は、最高時速を250キロ以下に落とし、建設費を削減した計画案を提出するよう、日本、中国双方に求める意向のようです。政府予算を使わず、債務保証もしないとの条件は変わらず。ともかく建設費の削減が狙いのようです。

  2. nikitoki より:

    国庫支出や政府保証はしないと表明していたインドネシア政府。
    どうやらインドネシアの国営銀行が中国開発銀行から
    30億ドル(3600億円)のインフラ融資を受けることで
    合意した模様です。この融資の一部を民間資金として
    高速鉄道計画に充てることで条件を満たすことができます。

  3. nikitoki より:

    インドネシアの大統領特使は、2015年9月29日、菅義偉官房長官と会談し、インドネシアのの高速鉄道計画では、中国案を採用することを伝えたとのことです。やっぱりという気がします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

まもなく90歳。今でも1日中、外を歩き回る叔母さんの元気の秘密。

母が叔母さんがもってきてくれた と言って、1つずつ白い紙に包まれた 黒い玉のよう …

砂糖水に冷し飴、そしてニッキ水。懐かしの夏の飲み物。

自分が小さい頃、すでにラムネ、サイダーの ほかに、コカコーラ、ファンタ、チェリオ …

「お前はまだ人生の歌を残していない。生きて、歌を残しなさい」。イヌイットの古老が若きC.W.ニコルさんに語った言葉。

作家のC・W・ニコルさん。 長野県の黒姫の山に、「アファンの森」を作り、 自然を …

読み終えた新聞をビリビリ破って捨てる人の気持ち。大阪の電車の網棚。

仕事柄、毎日新聞を大量に読んでいます。 読み終えた後の新聞。 家、会社にいるとき …

結婚式、披露宴、パーティーなどで、無くなったブーケトス。かわりに始まったのがブロッコリートス。起源は? その意味。

ここ最近、お葬式には出席するものの、 おめでたい結婚式・結婚披露宴に招待されませ …

イオンの「伊勢形紙」を使った浴衣のCMを見て。伊勢「形紙」と伊勢「型紙」。

2015年5月26日、テレビを見ていたら、 イオンの浴衣のコマーシャルが。 それ …

「思うは招く」。リアル下町ロケット、ロケットを開発する北海道・植松電機の植松努さん。そのお母さんの言葉。

2015年1月2日、フジテレビで放送された 「奇跡体験!アンビリーバブル」。 日 …

毎朝のカプチーノのカップが重いと言い出した母。軽くて丈夫で持ちやすく、安っぽくないコーヒーカップはどこに?

裕福な家に生まれ育って、 自分で働いたことのないことのたとえとして、 「箸より重 …

不食の本の広告を見て思い出した。「ばあちゃん」から聞いた、不食不老の不思議な女性のお話。

先日来、新聞に、 の広告が掲載されています。 広告、書籍の紹介によれば、著者は、 …

あなたの利き腕はどちら? 反対側の腕、手は使っていますか? 逆を鍛えると脳を活性化し、認知症予防になるとか。

右利きの方、多数派ですね。 事務の仕事をされている方は、 パソコンのキーボードを …