亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

閖上。「ゆりあげ」。「閖」はどんな意味と母から質問。知ったかぶりは知識を狭める。

   

昨日だったか、朝、ご飯を食べていると、
母が新聞を持ってきて、尋ねました。

「この漢字、なんて読むの?」

「閖上」でした。

あなたはご存じですか?

「ゆりあげ」ですね。

宮城県名取市の地名です。
(以前は閖上町)
東日本大震災で大きな被害を受けました。

その記事が出ていました。

「そうそう、『ゆりあげ』だった」

続けて母は尋ねます。
「閖上の『閖』という漢字はどんな意味?」

そういえば、どこかで聞いたような、
伊達藩のお殿様がなんとか……。

「教えてもらったけれど、忘れたなー」。

「そう」

朝食の後で調べたら、
「閖」は、日本で作られた、いわゆる国字でした。

名取市のサイトに「閖」の由来が書かれています。

《この漢字が生まれたのは、仙台藩4代藩主・伊達綱村に由来があります。
綱村公は、大年寺山門からはるか東のゆり上浜を望み、こう言いました。
「門の中に水が見えたので、門の中に水という文字を書いて『閖上』と呼ぶように」。》
http://www.city.natori.miyagi.jp/natori100/019.htm

そうでした。
寿司店で聞いたのでした。

寿司店で「閖上」と言えば、赤貝。
こちらの赤貝は味、香り、色合いなど
品質が良く、築地でも珍重されるものなんだそう。

それでこの地名を覚えていたのですが、
ついでに「閖」の漢字についても、
教えてもらっていたのでした。

母は、これに限らず、
いろいろ聞いてきます。

これは小学生の時の先生から、
「聞くは一時の恥 聞かぬは一生の恥」
と教わったから。

そして、祖母などからは、
「知らざるを知らずと為す 是知るなり。
知ったかぶりは知識を狭めるよ」
とずっと言われ続けていたとのこと。
(知らざる…は、論語の一節。
「之を知るを之を知ると爲し、
知らざるを知らずと爲す。是れ知るなり。」)

なので一度、教わったことでも、
基本的なこと、小学校で教わるようなことでも、
自分がわからなければ、尋ねるようにしているのだとか。

素直に質問できることがなにより大切なんですね。

いくつになっても、知らないことは知らないと言え、
子どものように素直に尋ねられる人でいたいなと
強く思います。

最近、他に母に聞かれたのは、
「エンジェル・ハート」の冴羽獠の「獠」の意味)
http://www.weblio.jp/content/%E7%8D%A0

 - 未分類

Comment

  1. 地震が起きる前から記事がありますね
    http://jitenfeti6.jugem.jp/?eid=55

    ※ メアドは私のものではありません。借りものです ※

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

水やりはやり過ぎると枯らす。筋トレは休養もトレーニング。記憶は間隔をあけて。

小学生の頃、丁度、これくらいの季節に、 学校で、朝顔のタネを鉢にまいて、成長を …

久しぶりに西式健康法の入浴法を実践している人に会った。お温と冷たい水風呂に交互に。

広くて気持ちが良く、 家より良く温まるので、 銭湯に良く出かけています。 先日、 …

口笛を覚えたのはいつですか? 口笛研究家・福井大学准教授の森幹男さん、原理を解明。

口笛を吹けるようになったのは 何歳のときですか? 昔は、年齢に関係なく、近所の年 …

「両親は私が生まれた時に桐の木を植えてくれた。自分が亡くなったら木の下に眠りたい」。樹木葬。

赤ちゃんから幼児の頃、母が仕事をしていたため、 近所のおばあさんに朝から夜10時 …

週刊新潮が、週刊文春は不正に入手した中吊り広告で「スクープ潰し」との記事。スクープとは? 独占スクープ、単独スクープ。

週刊新潮が、2017年5月18日発売の号で、 ライバル誌である週刊文春が、新潮の …

ブーメランで健康に? ブーメランで運動量を増やす。手作りブーメラン。

ブーメラン。 あなたはやったことがありますか? 昔、小学生の時にブーメランがはや …

広島の原爆で全く消息が不明になった母方の叔父。お墓には小石のみ。

今日の昼、NHKのニュースを 母、家族と一緒に見ていました。 広島の記念式典の様 …

オロナイン軟膏のCMに出ていた浪速千栄子さんの本名は? 藤原紀香さんのUQモバイルのCM。本名・芸名にちなんでCM出演。

今年生まれた赤ちゃんの名前ランキングが 先日、発表されました。 (明治安田生命保 …

読書に目ざめた知人からさらなる情報。LED付きリーディンググラスでどこでも快適読書。

先日、LED付きルーペから、読書灯を交換し、 再び、読書にはまったという知人につ …

70年以上、食べられなかった鶏肉を食べ始めた母。人は何歳になっても意識を変えれば、変われる。

多くの人には、食べ物の好き嫌いありますね。 自分は、納豆が苦手です。 食べられな …