亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「再審開始は針の穴をラクダが通るくらい難しい」。針の穴、ラクダ。この出典は?

   

お昼のワイドショーを見ていたら、
20年ぶりに釈放された2人の方の
ニュースを取り上げていました。

20年前、大阪市で住宅が全焼し、
当時、小学6年生だった女の子が、
亡くなった放火殺人事件です。

放火さらに保険金目的の殺人の罪で、
無期懲役が確定した母親とそのパートナーの
男性の2人が、再審を求めていました。

このほど大阪高等裁判所は、再審を認める決定をし、
加えて、現在服役中の2人の刑の執行を停止し、
刑務所から釈放することも認めたのです。

番組の中で、再審開始を認められたのが、
非常に少なく(18件と聞いたが間違っているかも)
「再審開始は、ラクダが針の穴を通るより難しい」
との表現が出てきました。
(ジャーナリストの大谷昭宏さん。フリップにもなっていた)

一緒に放送を見ていた家族が、
「なんで針の穴とラクダなんだろうね?」
と聞いてきました。

「これに似た表現が、聖書にあり、
中東でラクダは身近な生き物だから、
不可能という意味で、例えに用いたのでは……」
と答えました。

以前にも調べたことがあったのですが、
気になってもう一度、調べ直しました。

表現には、前があり、ラクダと針の穴の部分も
少し異なっています。

「金持ちが神の国に入るよりも、らくだが針の穴を通る方がまだ易しい」
(マルコによる福音書第10章25節など)

イエスが金持ちの青年に向かって言った言葉です。

青年はイエスに、
永遠の命を得る方法を尋ねます。

イエスは、戒律を守れと答えます。
青年は、それは守っていると返事します。

それに対して、イエスは、青年に、
自分の持ち物を売り払い、貧しい人々に施しをすれば、
天に宝を持つことになる。さらに自分に従うように
求めるのです。

その言葉を聞いた、青年は、失意のうちに立ち去ったのでした。

その後に、イエスが言ったのが、上の言葉です。

この成句の解釈については、諸説あるようです。

「針の穴」は、文字通りの針の穴ではなく、
古代のイスラエルなどの城壁都市にあった
人がやっと通れるような、小さなくぐり門のことだ
というのが一説。

そこをらくだが通るには、背中の荷物をおろし、
膝を屈して通らないとならず、かなり難しいというもの。

らくだは、聖書の世界の中東では、人が乗ったり、
荷物の運搬に日常的に使われていた生き物なので、
自然にそうした例えが出た。

一方で、針の穴は、文字通りの針の穴であり、
「らくだ」は、らくだではなく、ロープ(綱)である
との説もあります。

イエスが話したであろうアラム語では、
「らくだ」と「ロープ」を意味する
単語が、同じ音であり、
(同じ単語で意味が複数あるとの解釈も)
アラム語からギリシャ語に翻訳する際に、
「ロープ」に訳したとの説です。

針の穴に通すのは、一般に糸ですが、
それが綱になると絶対通らない。
言葉の親和性から言えば、綱が近いですね。

関連エントリー
《トクダス》
12月17日、今日の気になった言葉「針の穴にロープを通すくらい難しい」。「針の穴」とは?

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「清水の舞台から飛び降りる」。これまで飛び降りた人は234人。「清水寺 成就院日記」発刊。

「清水の舞台から飛び降りる」 という言い回しがあります。 成功しないのはもともと …

田舎の同級生から母にかかってきた電話は年賀状について。人生の幕引きを考えた一日。

母に岐阜にいる同級生(女性)から 電話がかかってきたそうです。 80歳を超えて、 …

酢飯のカレー販売。くら寿司。薬味はガリ。何にカレーのルーをかける?

無添加寿司で知られるくら寿司。 寿司の他にラーメン、うな丼など いろいろなメニュ …

蓮舫議員、今も日本と台湾の二重国籍? 台湾籍を抜き忘れ? 満18歳で除籍したと答えていたが、台湾では20歳未満は除籍できず。

現在、行われている民進党の 代表選挙に立候補している蓮舫民進党代表代行。 今日2 …

田中角栄都市伝説。目白の田中角栄邸から新潟県西山町の実家まで3回曲がるだけで着く。神楽坂の逆転一方通行。

「月曜から夜ふかし」という番組の 2015年5月4日放送で、 田中角栄の都市伝説 …

声がかすれる。声が小さくなった。声の老化を防ぐレッスン。

体の中で声は一番、年をとりにくい と言われているそう。 電話に出て、娘や息子に間 …

阿藤快さん、大動脈破裂胸腔内出血でなくなる。「背中の痛み」を訴えていた。体の訴えを聞く。

俳優の阿藤快さんが、お亡くなりになりました。 9月、知合いの方が、阿藤快さんとお …

「お金は貯まらないがほこりはすぐたまる」。カバーを変えてほこりを減少。

昔、祖母から言われた言葉で、 今でも頭に残っているものの一つが、 「お金は貯まら …

日野原重明先生。10月4日で104歳。「10月4日 104歳に 104句」。

最年長の現役医師・日野原重明先生。 2015年10月4日で104歳になられました …

ちょっとした手助けに、シルバー人材センターの利用。わずかな金銭的負担で生活が楽になったと知合いの高齢者。

電球の付け替え、掛け時計の電池交換、 敗れた網戸の張り替え、いらなくなった 鉢植 …