亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

何か目標を実現したいなら、精神力を求めるのではなく、環境・仕組みを整えなさい。行動経済学。

   

年の初めにたてた今年の目標。
着実に実現に向かっていますか。
もう実現されて新たな目標に向かっている
という方もいらっしゃるかも。

けれど、早々に挫折し、
目標さえ見失っているという方も
多いのではと思います。

先日、ある方から伺った、
目標を達成させる方法、考え方が
有用だと思ったので記します。

せんじつめると、
「意志に頼るな。仕組み・環境を整えろ」。

どういうことでしょうか?

例えば、
「標準体重から5キロオーバーなので、
体重を落としたい」とします。
そこで、
「1年で体重を5キロ落とす」と目標をたてます。

この目標を実現させるため、あなたは、
「1日1万歩、ウォーキングする」

「毎晩の晩酌はやめ、2日に1度にし、
ビール(発泡酒)も500ミリリットル1本ではなく、
350ミリリットルにする」
といった具体的な行動の目標をたてるとします。

しかしあなたは、飲み会があった、天気が悪かった、
高校時代の同級生にあったなどの理由をつけて、
上の毎日の取り決めを守ることができず、
いつの間にか、もとのままに。

こんなとき、どうやれば、取り決めを
守ることができるようになるのか?

とにかく、自分が決めた取り決めを
守れるように頑張る、気合いを入れる。

これでは、いつまでたっても出来ないそう。
人は現状維持の生き物。
自分の命にかかわることでも、
楽な方、現状維持に流れやすい怠惰な生き物
なんだそう。

基本は、頑張ることができない。
だから精神を鍛えてとか、
頑張るように気合いを入れる
といった「精神論」は基本的には無意味。

ではどうするのか?

人は楽な方、怠惰な生き物であることを認め、
そんな人でも取り決め、目標ができるように、
環境の方を変えるのが重要だそう。

環境を変えるとは、その人を取り巻く状況、
仕組みなどを変えていくこと。

上のウォーキングの例で言えば、
1日Ⅰ万歩あるける環境作りをする。
通勤している人の場合は、
会社、自宅の一駅前で下車し、その分、歩く。
買い物をしている店を遠い店に変える。
歩いても疲れないように、通勤でも使える
ビジネスウォーキングシューズをいつもはく。
スマートフォンの目標達成アプリを利用する。
家族がいる場合、コーチになってもらい、
毎日、歩数が達成できているか、
メールや電話をしてもらう。
ウォーキングを競う仲間を作る。もしくは
サークルに入り、歩数を競う。
(ソフト、アプリでも全国で歩数を競うものあり)

ともかくやらざる得ないような環境を考え、
その環境を考え、整えることに力を尽くすのが大事だと。

なるほどと思いました。

他に教わったのは、

○できる目標をたてて、
小さな成功体験を得させる。
上の例で言えば、最初から1日Ⅰ万歩ではなく、
現在、1日5000歩ほどなら、5500歩を
最初の取り決めにする。

○いつまでに実現するか、期間、
また具体的な数字をできるだけいれる。
「できるだけ歩く」というような
あいまいな目標をたててしまうと、
自分ができたのかどうかがわからず、
意欲をたもちにくい。
はっきりわかる数字をいれるとよい。

○目標を達成する目的・狙いは?
「1年で5キロ減量」が目標として、
それを達成する目的・狙いをよく考える。
標準体重にして、健康になるとか、
好きなブランドの服が自由に着られるようになるとか。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

虫の知らせ。大学時代の同級生のお父さんが亡くなる。亡くなる直前まで弱音を吐かず毅然と。

大学時代の同級生のお父さんが 先日、亡くなりました。 そんなに頻繁に会っていた訳 …

「人は他人の記憶の中で永遠に生きられる」。オーネット・コールマンへの山下洋輔さんの追悼文の中の言葉。

「フリージャズ」を創始した一人とされる オーネット・コールマンさんが、先日亡くな …

2月23日富士山の日。富士山初登頂した友人が強烈に富士登山を勧める訳。

語呂合わせで2月23日は富士山の日だそう。 富士山というと、 数年前の友達のチャ …

「汗と涙の結晶」は「the crystal of sweat and tears」で通じる? ホンダジェットの藤野道格(ふじの・みちまさ)社長のスピーチより。

2016年2月4日、朝のNHKニュース「おはよう日本」の中で、 ホンダジェットが …

京王線新宿駅で電車待ち行列でトラブル。後から来て3列目を作った母娘が、ブロックした男性を痴漢扱い。

春から夏にかけての3ヶ月、毎年、 京王線沿線の取引先に通っています。 幸いなこと …

同級生との写真を見た娘が父親に向かって放った言葉は。見た目は大切。

月刊文藝春秋の連載の一つに 「同級生交歓」があります。 有名人の(中学)高校の同 …

年を聞いて驚いたイタリア人の知人。今日で78歳。見た目は60代前半。その秘密は?

久しぶりにイタリア人の友人家族と食事。 夕方にそのイタリア人家族のお宅に伺い、 …

「マツコの知らない世界」で進化した冷凍食品が取り上げられ話題に。高齢者も注目。

2016年5月31日に「マツコの知らない世界」で、 「冷凍食品の世界」が放送され …

修理して使い続ける。プロフェッショナルで時計修理の名人松浦さんが紹介される。

NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」で、 2015年6月7日、 《時計に命 …

ノーベル医学生理学賞受賞の大村智さんの母校・山梨県韮崎高校の校訓「百折不撓(ひゃくせつふとう)」。

今年2015年のノーベル医学生理学賞受賞の大村智さん。 母校は、山梨県立韮崎高校 …