亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「男性は献血をすると長生きできる?」。「いくつになっても年をとらない新・9つの習慣」

   

あなたは、献血をされたことがありますか?

献血のことを思い出したのは、
新聞に、以下の本の広告が出ていたから。

その中に、
《男性は献血すると長生きできる》との
項目がありました。

この本の著者の吉川敏一さんは、
現在、京都府立医科大学学長で、
http://www.kpu-m.ac.jp/doc/about/message/index.html
老化を推進するフリーラジカル研究、
そしてアンチエイジングの世界的権威です。

公式サイト
http://yoshikawatoshikazu.com/

2008年に、

を出されています。
(新刊はこの本をもとに加筆・新書化)

また去年2015年には、

を出されています。
ほかにも何冊もアンチエイジングに関する本を
出版されています。

ちなみに上記新刊の広告は、
《アンチエイジングの世界的権威が教える健康寿命の意外な延ばし方!
◎強い「抗酸化力」を持つサケ、タイ、エビを食べる
◎「免疫力」の低下を防ぐ、穀類、野菜、いも、豆、果物をたくさんとる
◎「更年期障害」も軽くなる大豆製品を毎日食卓に
◎ウォーキングにジャンプ(上下運動)を加えれば骨を強化!
◎男性は「献血」がおススメ
……など、今日からできる若さの秘訣が満載!》

吉川先生の主張は、
老化は酸化であり、いかに抗酸化するかが
アンチエイジングの鍵であるということです。。

それを、運動、食べ物、生活習慣などの
面から具体的に記述されています。

献血は、9つの習慣の
うちのひとつで、《鉄分の功罪》に関係します。

鉄は酸素と結合しやすく、
全身に酸素を送り込む運び屋の役目を果たしています。
これが功。
しかし一方で、毒性も。
「活性酸素」「フリーラジカル」といった
酸化(老化)反応を引き起こす物質を
大量に生み出すのですね。

鉄分は肝臓にたまりやすく、
肝臓に障害が出やすいとのこと。

生理のある女性は、造血のため、鉄が、
肝臓から腎臓に。

しかし生理の無い男性は、鉄分が肝臓に留まりがち。
なので、ときどき献血したり、
鉄分の多い食品を取り過ぎないように注意することが肝要と。

近代以前の医療では、東洋、西洋どちらも、
体の中の毒素を出すため、「瀉血」が
行われていました。

今、これを現代的に考えると、余分な鉄分を出す
という作用があるということなのかもしれませんね。

年上の知合いの方は、若い時から、
季節に1度の献血を続けてこられました。

その理由は、知合いのご家族・親族が
輸血で助かったという経験をされたこと。
そして、簡単な健康チェックもできることからだそう。

献血すると、検査サービスといって、
《生化学検査では7種類、血球計数検査では
8種類の項目について検査》し、結果を教えてくれるのですね。
https://www.tokyo.bc.jrc.or.jp/current/index4.html#kensa

全血献血は男女とも69歳まで可能。

献血は他人のためという意識がありましたが、
自分の健康のためでもあるんですね。

〇食べ過ぎない
〇適度な運動、なわとび、ジャンプを取り入れる

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

取引先の新入社員。ネットワークカメラで一人暮らしのマンションを防備。実家、祖父母宅にも設置し見守る。

取引先の今年春からの 新入社員。 会社の近くの ワンルームマンションに 住んでい …

年齢を重ねても骨折知らずの叔母さんのお土産はワカサギの唐揚。一物全体。食材はまるごと食べる。

先日、90歳近くに成っても元気に動き回る 叔母さんが久しぶりにわが家にやってきた …

「人は後ろ姿から年をとる」。大きな鏡で自分の後ろ姿を見てびっくり。

あなたは、母親、父親の後ろ姿を見て、 「(お母さん、お父さんは)年を取ったなー」 …

女優・藤山直美さんがお父さんの藤山寛美さんから教えてもらった言葉。「したことは忘れなさい。してもらったことだけ覚えていなさい」。

毎日新聞の「赤坂電視台」という連載で、 来年1月10日から始まるTBS系ドラマ …

口笛を覚えたのはいつですか? 口笛研究家・福井大学准教授の森幹男さん、原理を解明。

口笛を吹けるようになったのは 何歳のときですか? 昔は、年齢に関係なく、近所の年 …

「おリンピックでゆうしょうした!」。日本新連発、16歳の池江璃花子(りかこ)さんが小学生の時にコーチに渡した絵に書かれていた文。

リオ五輪。 体操男子団体金メダル。 柔道男子73キロ級で 大野将平選手も金メダル …

ドウダンツツジの「ドウダン」ってどういう意味?

産経新聞一面下に連載されている漫画 「ひなちゃんの日常」。 2015年4月21日 …

「継続は力なり」。毎日、足裏を刺激し続けた結果、健康になり、足裏を押しても無痛に。

足裏マッサージ。 ご存じですか? 街中にリフレクソロジー、 台湾式足裏マッサージ …

6月15日は弘法大師の誕生日。行事は?

落語家の桂ざこばさん。 1947年9月21日生まれ、 本名は、関口弘(ひろむ)さ …

人生は脇道、寄り道、曲がり道。

先日、地下鉄の駅から自宅への帰り道にある、 飲み屋の前で、「寄り道セット1000 …