亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

またまた怪しい電話が母にかかってきた。詐欺電話を撃退した一言とは。

   

2016年2月8日、遅めのお昼をとって、
仕事場に戻ろうとしたら、
リビングの電話がなりました。

母が留守だったので、仕方なく
「はい。〇〇ですが……」と出ました。

そう言った瞬間、
「しまった名前を言ってしまった」
と後悔したのですが、
若い男の声の相手は、
「すみません。間違いました」
とすぐ切ってしまいました。

けれど、なんだかおかしな雰囲気。
高齢の女性が出ると思ったのに、
野太い男が出たのでびっくりして、
あわてて切った。
そんな感じでした。

戻ってきた母に、
「間違い電話だと言ったけど、
若い男が電話かけてきた。
何かおかしいから気をつけて……」
と注意して、仕事場に戻り、その後、外出しました。

夜、帰宅。
夕食後に、母が話しかけてきました。

夕方に、お昼にかけてきたと思われる男から、
こちらの名字を告げて、電話がかかってきたそう。

内容は、高齢者向けのマンション投資の勧誘。
高齢者向けのマンションの権利に投資すると、
配当(?)がもらえるというもの。

母は「そういうものには興味がない」
と言ったものの、相手はなかなか電話を切らず、
どんどん話しかけてくる。

そこで、以前、教わった
迷惑電話の撃退法を思い出し、実行したそう。

「言っていることがよくわからないから、
電話を録音して、あとで息子に聞いてもらって
そちらに電話しますから……」。

そしたら、あっという間に、
「ではまた」と切れたそうです。

そう、教わった方法というのは、
相手の会話を録音するということ。

(実際に録音しなくても良い。また留守録機能の
ある電話機の中には通話録音機能や声を変えられる機能のものもある。
《VE-GD32 > あんしん機能》
http://panasonic.jp/phone/gd32/anshin.html

次に、一人暮らしではなく他に家族がいるということ。
(実際に一人暮らしでなくても、家族がいるという)

そして相手の名前、連絡先などを聞くこと。

この3つは、詐欺電話の犯人たちが嫌うことだそう。

最も良いのは、相手の話を聞かず、
興味・関心がないから
相手にせず切ることらしいですが……。

それが出来なかった場合は、上の3つをお試し下さい。

また上で紹介した機種のように、
通話拒否機能、通話拒否メッセージを流したり、
ドアチャイムを鳴らしたりする機能がついたものもあります。

不安な時はそうした機種を利用するのも手ですね。

ともかく、不審な詐欺電話は
いつといわずかかってきます。
お気をつけ下さい。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「マツコの知らない世界」で進化した冷凍食品が取り上げられ話題に。高齢者も注目。

2016年5月31日に「マツコの知らない世界」で、 「冷凍食品の世界」が放送され …

関西出身の知人。夜に納豆。入れるのはヨーグルトで快調、快腸。

納豆はお好きですか? わが家は必ず冷蔵庫に入っていて、 朝、家族の誰かがいただき …

電気調理鍋、高齢者にこそお勧め。三浦雄一郎さんの父・敬三さんも愛用。

80歳を超えてエベレスト登頂に成功した 冒険家の三浦雄一郎さん。 そのお父様・三 …

簡単な血液検査で認知症のリスク(前段階MCI)がわかります。

認知症の研究。 日々、進んでいます。 認知症の前段階はMCI(軽度認知障害)。 …

久しぶりに西式健康法の入浴法を実践している人に会った。お温と冷たい水風呂に交互に。

広くて気持ちが良く、 家より良く温まるので、 銭湯に良く出かけています。 先日、 …

お宅に百科事典、世界文学全集はありますか? 実家の片付けで、この二つを手放した知人宅。寂寥感に襲われる。

お宅には、百科事典、世界文学全集は ありましたか? もちろん紙のものです。 わが …

青天の霹靂を田植え。霹靂(へきれき)とは? 青森県の米の新品種、2015年秋市場デビュー。

「青天の霹靂」。 後ろの「霹靂」が難しいですけれど、 今では読める人も多いのでは …

古い危ない家電を取り替え。ジェネリック家電で節約。

年配の方。 お手持ちの国民健康保険証のどこかに、 ジェネリック薬品を使うかどうか …

「花は心の食べ物です」。南房総。戦争中、花を守った川名りんさん。

先日、友達と一緒に房総半島の 鴨川に行ってきました。 意外だったのは、キンセンカ …

日本発見の新元素「ニホニウム」。リーダーの森田浩介教授。113円のお賽銭。「準備を怠っていないことの意思表示として神頼みする」

理化学研究所が発見した113番元素の 名前の案を「ニホニウム」にすることになった …