亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

春告魚(はるつげうお)。東京湾のエビメバル。相模湾のイワシメバル。ニシン、サワラ、イカナゴ。クギ煮の思い出。

   

2016年2月9日、日刊スポーツに、
春告魚=メバルの釣りの記事が出ていました。

春告魚は、春の到来を告げる魚。
辞書などには、ニシンが載っています。

ただ地方によっては、それぞれ春先に
よくとれる魚を言うことが多いようです。

関東・東海ではメバル。
瀬戸内では、漢字もそれらしい
サワラ(鰆)といった具合です。

残念ながら、東京湾でメバル釣りに
出かけたことはないのですけれど、
釣り好きな友人・知合いから何度か
その様子を聞いたことがあります。

東京湾、相模湾では2月から
メバル釣りが解禁になるんですね。

2月から春にかけて、
メバルは浅場に集まり、
釣れやすくなるんだそう。

ただ目が非常によい魚なので、エサ、仕掛けが重要。

記事にもありましたが、エサは、生きたエビ。
海エビではなく、モエビという淡水のエビ。
生きたまま動くエビにメバルが食いつくのだそう。

このため東京湾でのメバルを、
エビメバルとも呼ぶのだとか。

相模湾でのメバル釣りでは、エサに、
カタクチイワシを使うとかで、
こちらは、イワシメバルと呼ばれているんだそう。

同じ魚なのに、エサが違うのは面白いですね。

瀬戸内の春告魚は、サワラ。

柔らかい白身のあっさりとした魚です。

瀬戸内出身で、のちに神戸・大阪で暮らした
祖母にとって、このサワラは特別な魚でした。

元気な頃は、サワラを酢でしめた
酢魚にして、箱寿司を作っていました。

春や秋のお祭、冠婚葬祭の時に
欠かせなかった料理。
祖母の出身の東予地方では、5月の頃に、
嫁ぎ先から、花嫁の実家にサワラを
贈る風習があったんだそう。

故郷のことを思い出しながら、
サワラを料理し、食べていたんでしょうね。

神戸に長く暮らしていた叔母の春告魚はイカナゴ。
若い時は、自分であがったばかりのイカナゴを
買って、クギ煮を作っていたそう。

年をとって手が掛けられなくなってからは、
お気に入りのお店のイカナゴのクギ煮を買って、
よく送ってくれました。

このクギ煮を見る度に、叔母のことを思い出します。

神戸市の垂水区、長田区には、
イカナゴのクギ煮の
「発祥の地」の記念碑があるんですね。

《いかなご釘煮発祥の地》
http://hamadayori.com/hass-col/food/IkanagoKugini.htm
《「いかなごのくぎ煮発祥の地」石碑除幕式》
http://www.gogyofuku.co.jp/kan/2013/10/post-276.html

今は大阪、和歌山などでもイカナゴのクギ煮を
製造販売しているところがあるようですが、
叔母は、ずっと慣れ親しんだ神戸のお店のものを買っていました。

春告魚。

春への思いとともに、
祖母、叔母の思い出を連れてきてくれました。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

熱中症を注意する余りの水の飲み過ぎにご注意。むくみ、だるさなど水毒にも注意。常温でこまめに補給。

東京は2016年7月3日、暑い一日でした。 夕方に買い物に出かけたのですが、 外 …

「思うは招く」。リアル下町ロケット、ロケットを開発する北海道・植松電機の植松努さん。そのお母さんの言葉。

2015年1月2日、フジテレビで放送された 「奇跡体験!アンビリーバブル」。 日 …

断捨離と一緒に省エネも実施した知人宅。電気代、ガス代などが激減。

東京都にお住まいのあなた。 白熱電球2個をLED電球に交換しましたか。 現在、特 …

若者と年配の2人組。若者が「生きている実感がしないんです」と相談。年配の人はどう答えたか。

先日、某所で、今年大学に 入ったばかりの若者(男性)が、 年配の男性に人生相談し …

久しぶりに会ったイタリア人の友人達2人。未婚の母と別居生活開始。惰性で生きない。

2017年10月8日、 あるお祝いのパーティーに出席。 知合いや友達の イタリア …

高齢の知人が修理・交換してうれしいモノとは?

先日、会社と仕事場で使っている ボールペン2本の芯を使い切りました。 近所の文房 …

年を取ってから、小中高時代の教科書が懐かしくなり、買い求め、学び直し中の知合い。大人の教科書。

学生の時は読みのが苦痛。 卒業すると、もう不要とばかりに捨てた。 そんな方、多い …

焼麩に白砂糖。小さい時のおやつは、焼きたてのお麩に白砂糖。

2017年10月6日、 ある食堂で昼食。 御膳についていた味噌汁の具は わかめと …

原節子さん逝去に感慨ひとしおの母と叔母さん。二人にとって自分の時代を象徴する人物の1人。

今朝、朝食をとりにダイニングに行くと、 下から新聞を持ってきた母と入り口のところ …

塩は命の源。塩に凝り、各地の塩作りを見学体験までになった知合い。高知の完全天日塩。

昨日は、わさび田を訪れる知人のことを書きました。 今日は、日本、世界各地の塩作り …