亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

春告魚(はるつげうお)。東京湾のエビメバル。相模湾のイワシメバル。ニシン、サワラ、イカナゴ。クギ煮の思い出。

   

2016年2月9日、日刊スポーツに、
春告魚=メバルの釣りの記事が出ていました。

春告魚は、春の到来を告げる魚。
辞書などには、ニシンが載っています。

ただ地方によっては、それぞれ春先に
よくとれる魚を言うことが多いようです。

関東・東海ではメバル。
瀬戸内では、漢字もそれらしい
サワラ(鰆)といった具合です。

残念ながら、東京湾でメバル釣りに
出かけたことはないのですけれど、
釣り好きな友人・知合いから何度か
その様子を聞いたことがあります。

東京湾、相模湾では2月から
メバル釣りが解禁になるんですね。

2月から春にかけて、
メバルは浅場に集まり、
釣れやすくなるんだそう。

ただ目が非常によい魚なので、エサ、仕掛けが重要。

記事にもありましたが、エサは、生きたエビ。
海エビではなく、モエビという淡水のエビ。
生きたまま動くエビにメバルが食いつくのだそう。

このため東京湾でのメバルを、
エビメバルとも呼ぶのだとか。

相模湾でのメバル釣りでは、エサに、
カタクチイワシを使うとかで、
こちらは、イワシメバルと呼ばれているんだそう。

同じ魚なのに、エサが違うのは面白いですね。

瀬戸内の春告魚は、サワラ。

柔らかい白身のあっさりとした魚です。

瀬戸内出身で、のちに神戸・大阪で暮らした
祖母にとって、このサワラは特別な魚でした。

元気な頃は、サワラを酢でしめた
酢魚にして、箱寿司を作っていました。

春や秋のお祭、冠婚葬祭の時に
欠かせなかった料理。
祖母の出身の東予地方では、5月の頃に、
嫁ぎ先から、花嫁の実家にサワラを
贈る風習があったんだそう。

故郷のことを思い出しながら、
サワラを料理し、食べていたんでしょうね。

神戸に長く暮らしていた叔母の春告魚はイカナゴ。
若い時は、自分であがったばかりのイカナゴを
買って、クギ煮を作っていたそう。

年をとって手が掛けられなくなってからは、
お気に入りのお店のイカナゴのクギ煮を買って、
よく送ってくれました。

このクギ煮を見る度に、叔母のことを思い出します。

神戸市の垂水区、長田区には、
イカナゴのクギ煮の
「発祥の地」の記念碑があるんですね。

《いかなご釘煮発祥の地》
http://hamadayori.com/hass-col/food/IkanagoKugini.htm
《「いかなごのくぎ煮発祥の地」石碑除幕式》
http://www.gogyofuku.co.jp/kan/2013/10/post-276.html

今は大阪、和歌山などでもイカナゴのクギ煮を
製造販売しているところがあるようですが、
叔母は、ずっと慣れ親しんだ神戸のお店のものを買っていました。

春告魚。

春への思いとともに、
祖母、叔母の思い出を連れてきてくれました。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

加齢による物忘れ防止法。あの女優さんの名前だれだっけ? あれ、それが多くなったら。

このブログに何度も書いていますが、 加齢の影響か、モノの名前や人の名前が なかな …

かかりつけの医師が母に食べることを勧めた食品。それは鮭フレーク。

長年、病気とは無縁だった母。 すこし体調を崩し、食欲が落ち、 やせてしまいました …

ついに自家焙煎まで。凝り性の知合いがコーヒー豆、緑茶を自宅で焙煎。

人形町の甘酒横丁の入り口近くにある 森乃園。 http://morinoen.j …

肩書きのない名刺。何でも自分で作ってみる。

定年退職した知合いの方。 仕事をしていないと、 こんなに時間があるのかと 驚いて …

電気調理鍋、高齢者にこそお勧め。三浦雄一郎さんの父・敬三さんも愛用。

80歳を超えてエベレスト登頂に成功した 冒険家の三浦雄一郎さん。 そのお父様・三 …

安倍総理、2017年、「丙酉」の仕事始めの言葉。大塩平八郎の座右の銘「山中の賊(ぞく)を破るのは易(やす)く 心中の賊を破るのは難し」

安倍総理が、2017年1月5日の自民党本部の 仕事始めで、次のような挨拶をしたそ …

新札の効用。商売をやめた今も銀行に通い新札に両替する知り合い。

年末年始、新札を手にする機会が 多かったのではないでしょうか。 お年玉、お祝いな …

筋肉は何歳からでも鍛えられる。銭湯友達が100均で夏前に買ったものとは?

行きつけの銭湯にいつもより 早い時間に行ったら、 以前、良く銭湯友達にあいました …

給食から、あのソフトめんが消える? 小さい時の味の記憶。

学校給食の思い出。 いろいろあります。 地域や年代によって、いろいろと異なってい …

木の音を聞いたことがありますか? 新芽の季節。1年で一番、音を聞くのに適した時期。

新緑が美しい季節となりました。 この時期に思い出し、実行することがあります。 そ …