亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「話す」ことは「放す」こと。悩み、問題を誰かに話しなさい。心はそれらから放されます。

   

友達から教えてもらった言葉を記しておきます。

それは、
『「話す」ことは「放す」こと』
というものです。

どういうことかと言うと、
抱いている悩み、問題、苦しみは、
誰かに「話す」ことで、心から「放す」ことが出来る
ということ。

人生に行き詰まり、問題を抱えたら、
自分一人でじっと抱え込んでいないで、
誰かに話しなさい。
それが解決の糸口になるということ。

聞かされた相手は、必ずしもその悩みを
解決しようとして、回答する必要はないのだそう。

ただただじっと相手の言葉、
話が収まるまで聞いてあげる。
それで十分なんだそうです。

人間にとって、
いつでも自分の思いを話せる人が
いることがいかに重要か。

でもそうした身近な、親しい人がいない
場合でも嘆いて、あきらめてはいけません。

ボランティアの電話相談でも、
お金を払って相手をしてもらう
便利屋さんでも、いいんです。

体の中から、言葉を発することで、
悩みが言葉となって少しずつ出て行く。

そんなイメージを抱くとなお良いようです。

また話す前に文章にしてみる
というのも良い手段。

パソコンより手書きで紙に記し、
それを破いて焼いてしまう。

まじないのようですが、
それでも気持ちが整理され、
感情が抑えられるようです。

友達から教えてもらったこの方法、
問題を抱えたら、試してみたいと思います。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

手書きは脳を活性化。なるべく手書きを増やすために、知合いが取り入れたものは?

漢字を読めるが書けなくなる。 パソコン、スマートフォンが普及して、 そうした人が …

あなたは、緊急時の連絡先を記した身分証明書を持っていますか?

2015年5月31日、東京23区は、5月の 観測史上最高の32.2度を記録したそ …

肩書きのない名刺。何でも自分で作ってみる。

定年退職した知合いの方。 仕事をしていないと、 こんなに時間があるのかと 驚いて …

童話作家の佐藤さとるさんなくなる。88歳。「コロボックル物語」シリーズの作者。小学生の時に魅了された。

童話作家の佐藤さとるさんが、 お亡くなりになりました。 89歳でした。 佐藤さと …

「柏餅の葉、高くて困った」との記事で思い出す、柏餅の由来話。

まもなくこどもの日、 昔は端午の節句。 この日前後に柏餅をいただきますね。 今日 …

「ポツリポツリと同級生の訃報が入る」。「ペコロスの陽だまりの時間」。岡野雄一さんの作品から。

2015年6月22日は、出張先でみかけた 中学の同窓会の古希の祝いについて記しま …

定期的に五感を刺激してリフレッシュ。長生き、健康のコツ。

人は惰性の生き物。 前の日と同じ事をしがち。 同じ時間に起き、同じモノを食べ、 …

人の心を強くし、力を与える活人剣。「切ってみたいと思わせるなら、それはすでに鈍刀です」。刀匠・河内國平さん。

最近、漫画、ゲームなどの影響で日本刀が好きな女性、 いわゆる刀剣女子が増えている …

従兄弟がもってきてくれたいなり寿司で舌の変化を知る。

今日お昼前、従兄弟が向島に 花見に行ったついでに立ち寄ったから と行って、ある老 …

一人暮らしの知合いたが、旅の仲間(旅友)を募るサイトを利用。

一人旅も良いですけれど、 集団で行く旅行も思い出を後で、 語り合え楽しいですね。 …