亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

母が頭を悩ます「ひな人形問題」。家に2揃いのひな飾りが眠る。人形供養か、どこかに寄贈か……。

   

3月3日、ひな祭り。

お宅では、ひな人形を飾られましたか?

わが家では、もうずいぶん前から、
ひな人形を飾らず、チラシ寿司、
ハマグリのお吸い物、菱餅、ひなあられ、
白酒といった行事食も
食卓には出てこなくなりました。

熱心にそうした行事をやっていた
母がもう年をとってしまい、
疲れたというのが、やらなくなった理由。

もう未婚の娘(姉)もいないし……
というのもやらなくなった訳かもしれません。

先日、母が食事の時、
「ひな人形、どうしようかねー」
としみじみとつぶやきました。

家には、姉そして姉の子ども(自分にとっては姪)の
2そろいの立派なひな人形があるのです。

姪のものは、嫁ぎ先の両親が、
孫娘のお祝いとして、贈ってくれたもの。

小さい頃は飾っていたのですが、
マンション暮らしで、しまう場所もないため、
いつの頃からだったか、実家であるわが家に
送られた保管を頼まれたのでした。

送られてすぐは、2つ並べて飾ったりしていたのですが、
今は、年に一度、かびがついたり、傷まないように、
風通しをするくらい。

その手入れも母の負担になったので、
「どうしようか」というつぶやきになったようです。

もちろん不要になった人形は、
人形供養(人形感謝祭)に持って行って、
供養してもらうというのは、知っているのですが、
そこまでの決断はつかないみたいです。
(先日、上野公園内の清水観音堂の人形供養の話をしたが……。
東京で有名なのは明治神宮。毎年10月の日曜日に
人形感謝祭を行っています)

つい先日、母は、各地で不要になったひな人形を
譲り受け、それを飾ってお祭をするという
ニュース映像を見たそう。

これならひな人形を活用してくれるのでは
と考え、そうしたところに寄贈することも
あるのではと考えたようです。

さらにひな飾りをしまってある納戸に
はいっったので、いろいろと他のものを
見渡し、あれもこれも自分が元気なうちに
なんとかしないといけないと考えたよう。

けれどそれぞれの物には、長い間の
思い出が詰まっているだけに、
すぐにそれをなんとかするということは
できなさそうです。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

フードロスと「関東の一つ残し」。

食の仕事をしている方と食事をしました。 その方が、 今一番関心をもって 取り組ん …

勉学の秋。高校講座、放送大学の講義をテレビ・ラジオで見たり、聞いたりする人が多い。受験サプリを大人が?

少し前の「放送塔」という読売新聞朝刊の 投稿欄に、65歳の男性の投稿が掲載されて …

「おいしい果物をお持ちしました」「いらない靴を引き取ります」。家に訪れる危ない人や電話。

仕事場から家に、昼ご飯を食べに 帰ってきたら、母が電話を受けていました。 どうや …

タンパク質1日体重1キロあたり1グラム。高齢者はそれ以上。1日肉・魚など250グラム作戦。ロコモ予防。

高齢の母がいます。 かかりつけの先生から、 いろいろと医療知識を仕入れてきて、 …

永六輔さん。亡くなる。各地を旅して、そこの体験、空気を、放送で伝える。民俗学者・宮本常一の言葉を実践。

放送作家、作詞家、エッセイスト、 ラジオパーソナリティなど 数多くの肩書きを持ち …

知合いが始めた定期契約・支出の見直し、カット。リスト化しておくと、万が一の際、遺族が助かる。

あなたは定期的 (毎日、週間、月間、季間、年間など)な契約を どのくらいされてい …

今年、還暦を迎える知合いが、定年準備について語る。忘れがちなのは年をとると体力、気力、知力が衰えるということ。

自分の周りの年上の知合い、友達が、 数年前から、還暦=定年を迎えることが 多くな …

夜中のセミの声。けれど日中、セミ捕りの少年は見かけない。

毎日、1時間ウォーキングをしています。 夏の間は日中、暑いので、日が暮れてから …

仏壇をどうするか? 実家の始末。お墓そして仏壇。売るに売れず、処分するにもお布施、処分料。

お宅に仏壇はありますか? 仕事仲間で、実家の片付け、始末、 お墓の移転などをした …

阪神大震災で被災して落語家・桂文珍さんが目覚めたこと。

落語家の桂文珍さん。 朝日新聞夕刊に現在、インタビューが掲載されています。 20 …