亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

母が頭を悩ます「ひな人形問題」。家に2揃いのひな飾りが眠る。人形供養か、どこかに寄贈か……。

   

3月3日、ひな祭り。

お宅では、ひな人形を飾られましたか?

わが家では、もうずいぶん前から、
ひな人形を飾らず、チラシ寿司、
ハマグリのお吸い物、菱餅、ひなあられ、
白酒といった行事食も
食卓には出てこなくなりました。

熱心にそうした行事をやっていた
母がもう年をとってしまい、
疲れたというのが、やらなくなった理由。

もう未婚の娘(姉)もいないし……
というのもやらなくなった訳かもしれません。

先日、母が食事の時、
「ひな人形、どうしようかねー」
としみじみとつぶやきました。

家には、姉そして姉の子ども(自分にとっては姪)の
2そろいの立派なひな人形があるのです。

姪のものは、嫁ぎ先の両親が、
孫娘のお祝いとして、贈ってくれたもの。

小さい頃は飾っていたのですが、
マンション暮らしで、しまう場所もないため、
いつの頃からだったか、実家であるわが家に
送られた保管を頼まれたのでした。

送られてすぐは、2つ並べて飾ったりしていたのですが、
今は、年に一度、かびがついたり、傷まないように、
風通しをするくらい。

その手入れも母の負担になったので、
「どうしようか」というつぶやきになったようです。

もちろん不要になった人形は、
人形供養(人形感謝祭)に持って行って、
供養してもらうというのは、知っているのですが、
そこまでの決断はつかないみたいです。
(先日、上野公園内の清水観音堂の人形供養の話をしたが……。
東京で有名なのは明治神宮。毎年10月の日曜日に
人形感謝祭を行っています)

つい先日、母は、各地で不要になったひな人形を
譲り受け、それを飾ってお祭をするという
ニュース映像を見たそう。

これならひな人形を活用してくれるのでは
と考え、そうしたところに寄贈することも
あるのではと考えたようです。

さらにひな飾りをしまってある納戸に
はいっったので、いろいろと他のものを
見渡し、あれもこれも自分が元気なうちに
なんとかしないといけないと考えたよう。

けれどそれぞれの物には、長い間の
思い出が詰まっているだけに、
すぐにそれをなんとかするということは
できなさそうです。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

フィリップスの機械に負けた、知合いのソバ打ち名人。

お蕎麦の美味しい季節ですね。 食べるだけでなく、 自分で打っている という方もい …

「死ぬときくらい好きにさせてよ」。樹木希林さんを使った宝島社の広告。「メメントモリ」。

1月5日、読売新聞の朝刊のページを めくっていると美しいカラーの 見開き広告が現 …

「叔母さんの家と土地、あげるけれど、いらない?」。もしそう言われたらあなたは受け取りますか?

昔、アメリカのテレビドラマだか映画だかで、 主人公が顔も知らない大金持ちの親戚の …

大人のための粉ミルク「ミルク生活」。森永乳業が販売開始。昔はやった粉ミルクダイエット、美容法。

もうずいぶん前になりますが、 赤ちゃん、乳児が飲む粉ミルクを 大人が飲むというの …

肌ぴかぴかおじいさんの使っていた小さな布の正体とは?

夏になって少し回数が減りましたけれど、 銭湯に通っています。 長風呂で身体の血行 …

高齢の知合いが定期的に利用している意外な場所とその利用法とは。

先日、高齢の知合いの方と話す機会がありました。 その方がふだん定期的に利用してい …

アパート住まいでもフェラーリを買いなさい。身分不相応なモノを持て。モノがアナタを育ててくれる。

今日、新しい取引先に伺いました。 仕事の話の流れで、 そこの25歳の担当者(女性 …

遺影は笑った写真で? プロのカメラマン、写真館での記念写真の勧め。

先日、知合いの方が亡くなりました。 その遺影が40代の頃の写真で、 かしこまった …

知合いの高齢者が夢中という重ね鍋(ミルフィーユ鍋)。

高齢者こそ肉を食べなくては とこの頃、よく言われます。 このブログでも何度もその …

「マツコの知らない世界」で進化した冷凍食品が取り上げられ話題に。高齢者も注目。

2016年5月31日に「マツコの知らない世界」で、 「冷凍食品の世界」が放送され …