亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「一日一笑」を実践するために。4コママンガ、落語、漫才のCD、テレビ番組。YouTube……。知合いの努力に脱帽。

   

知合いの人が毎日行っている
面白い取り組みを知りました。

それは「一日一笑」の実践。

これは一日に最低一回は心から笑うということ。

笑いは、ストレスを減らし、
免疫機能を高める働きがあるんだそう。

以前、生き生きと健康に生きるためには、
1日に
「一読、十笑、吸、千字、万歩」をする
という言葉をご紹介しました。

すべてを一度に行うのはなかなか難しいので、
笑いに絞り、心の底から、思いっきり笑う
ということを目標に掲げたそう。

この「笑う」のために、
その方がやっていることは、
笑いの種を探すこと。

笑いの種は、文字通り、
それを見たり聞いたりしたら、
笑いたくなるもの、こと。

思いついたのは、
新聞の4コママンガ。

しかし心の底から、笑うことは難しいよう。

テレビのお笑い番組。
しかし最近の若い人の笑いは、
早口で聞き取りにくく、ネタも
若者向けなのか笑いにくいそう。

テレビでは、
NHKの「日本の話芸」
http://www4.nhk.or.jp/P659/
インターネットも使えるので探したところ、
ネットでも見られると知ったそう。
http://cgi2.nhk.or.jp/archives/tv60bin/detail/index.cgi?das_id=D0009010378_00000

TBS 落語研究会
http://www.tbs.co.jp/rakuken/

あと、ラジオでも落語を流しているので、
それもチェックしているよう。
(NHK、深夜便、TBS)

さらに近くの図書館に落語、漫才のCDが
置いてあるので、それを借りる。

またYouTubeに、多くの落語、漫才などの
動画があがっていることを知り、それも
見ているとのこと。

落語、漫才ではないけれど、動物や人の失敗ものなど、
笑わせてくれる動画もたくさんあるとのこと。

また昔は、遠藤周作などの愉快なエッセイや、
ユーモア小説なども読んでいたようですが、
年を取ると、長く活字を読むのが疲れるので、
小話や世界の笑い話を集めた本などを読んでいるそうです。

いやー、そのお話を聞いて、
笑うための努力に感心させられました。

これくらいやるからこそ元気なんだろうなー。

 

 - 未分類

Comment

  1. nikitoki より:

    普段、笑うことがほとんどない人は、ほぼ毎日笑う人に比べて脳卒中のリスクが1.6倍、心疾患が1.2倍増えるという調査結果を、千葉大、東京大などの研究チームが発表しました。すなわち、笑いが脳卒中や心疾患の発症を抑える可能性があるとの結果です。この結果について、近藤尚己東京大学准教授は、「笑いは助け合いの元となる人のつながりを生み出したり、ストレスの軽減につながったりすることなどが考えられるが、さらなる研究が必要だ」と解析しています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

従兄弟がもってきてくれたいなり寿司で舌の変化を知る。

今日お昼前、従兄弟が向島に 花見に行ったついでに立ち寄ったから と行って、ある老 …

イオンのトップバリューセレクトのギリシャヨーグルトを食べてみました。

イオンのトップバリューセレクトから 2015年3月24日、ギリシャヨーグルトが2 …

日めくりは嫌いという高齢の知り合い。12月3日はカレンダーの日。

12月になりました。 明日12月3日は、カレンダーの日だそう。 全国団扇扇子カレ …

思い出の品を小さくして手元に。制服、スーツ。ランドセル。

あなたは、学生の時の制服、ランドセルなどをお持ちですか?、 先日、知合いの女性が …

旅先で自分に絵はがき・手紙を出す。あとあと最高の自分へのお土産に。ご当地フォルムカード、特別消印。

高齢になっても足繁く、様々な所に 出かけている知合いの方からちょっといいな と思 …

物を飲み込みにくい高齢者も食べやすい、「おいも ぬくもりパン」、関大が開発し、商品化。

高齢になると、固い物が食べにくくなったり、 唾液の分泌が減るなどで、飲み込み力が …

高齢の知人、2017年から財布を持たないことにした。その理由は?

春財布。 ご存じですか? 新春、立春に財布を買う (もしくは買ってもらう)と 金 …

汁物、スープのススメ。まずお腹に入れてお腹を膨らませ、温めて。肥満抑制。

若い時は、食事の時、汁物、スープ類が なくても平気でした。 しかし今では、そうし …

懐かしの「がんづき」。毎日新聞のおかん飯で紹介。岩手のお菓子だったんだ……。祖母の「雁月」。

甘い物はお好きですか? お好きな方、「がんづき」 というお菓子をご存じでしょうか …

90歳近いのに、夏でも外を歩き回る叔母さんの元気のもとは、ミルク粥。

日曜日のお昼前、家にいたら、 勝手口のインターフォンが鳴りました。 誰だろうと思 …