亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「ホラッチョ」は熊本弁か? 由来はトロンボーン漫談のホラッチョ宮崎? イタリア語では「アッチョ」と語尾につけると軽蔑の意味。

   

経営コンサルタントの経歴詐称問題で、
熊本の中高時代の同級生が、高校時代、
同級生から彼が「ホラッチョ〇〇(名字)」とか
「オッペケペー〇〇(名字)」と呼ばれていたと
報道されていました。(週刊文春)

そして「ホラッチョ」は熊本弁とも。

しかし熊本の人の中から、そうした言葉は
言わないし、聞いたことがないとも。

この言葉を聞いたときに、真っ先に浮かんだのが、
ビートたけしのオールナイトニッポンで
ネタにしていた浅草のトロンボーン漫談の
ホラッチョ宮崎です。

ビートたけしさんは弟子に変わった芸名をつけることで
知られていますが、そのきっかけとなった芸人の一人と
言われています。

番組に登場したのが、演歌歌手の村田英雄ネタが
盛り上がっていた、1981年ころ。

たけしさんと放送作家の高田文夫さんが、
タレント名鑑かなにかで見つけたとかで、
ホラッチョのほかにも、おかしな芸名の
芸人の話で盛り上がっていました。
(「思わず笑ってしまう芸人の芸名」)

その後、若者の間ではやったので、
おそらくそこから、
このあだ名がついたと思うのですが……。

ホラッチョのホラは、おそらく「法螺吹き」から。

物事を大げさに言う人、でたらめ、嘘ばかり言う人のことです。
ホラ貝を吹く人、修験者のことですが、
吹くと大きな音が出るところから、
上のような意味になったとされています。

後ろの「ッチョ」というのは、日本語だと、
単なる語呂からつけられているものと思われます。

方言の中にも、「…っちょ」となるものがありますね。

「隅っこ」の事を「すみっちょ」とか。

ちなみにイタリア語では、「-accio」(アッチョ)と
語尾につくと、「やっかいもの、手に負えない」
という蔑(さげす)んだ、悪い意味合いになります。

例えばragazzo(少年)がragazzaccio (やんちゃな少年)
といった具合です。

ホラッチョにはユーモラスな音の響きが感じられますが、
それとともに、何か侮蔑的な意味会いを受け取るのは、
自分がイタリア語を少しばかりかじっているせいでしょうか?

軽蔑辞-accio
poveraccio かわいそうなやつ、気の毒な奴

「オッペケペー」。
博多生まれの明治時代の俳優で新演劇の祖。浮世亭〇〇(まるまる)で
落語家として寄席に出演。オッペケペ節で人気者となる。
そののち壮士芝居を結成して上京し、新演劇をおこした。
妻の貞奴は日本初の女優であり、二人で日本演劇界初の
海外公演を行った。東京に川上座、大阪に帝国座を建設した。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

血縁、地縁、社縁、学縁。他は? 縁・人間関係を、複数にして、毎日を豊かに刺激を。

少し前からよく聞く話ですけれど、 「若い人に友達は何人いる」と尋ねたら、 「40 …

「頑張っている人を応援することは、自分を応援することでもある」。2016年2月28日の東京マラソンのランナーを応援する近所の人の言葉。

明日、2016年2月28日、 東京マラソンが行われます。 自宅、仕事場、会社がそ …

毎週一度の「食の冒険」。あなたは最近、これまで食べたことがない物を食べましたか?

以前にも書いた覚えがあるのですが、 もう一度、記しておきます。 ある高齢の方から …

「窓からは光(や風)とともに幸せが入ってくる」。その通り道、汚れていませんか?

以前、別のブログで 「窓の曇りは心の曇り」 という、曾祖父と祖父に言葉について …

「ささくれ(さかむけ)は親不孝のあかし?」。コボちゃんを見て、昔、言われていたことを思い出す。

読売新聞の連載4コママンガ「コボちゃん」。 2017年3月17日は「ささくれ」が …

2016年は60年に一度のお遍路、逆打ちの好機。閏年、丙申(ひのえさる)。

お遍路は春の季語。 この時期、四国八十八ヵ所は、 お遍路さんの姿を多く見かけます …

失敗談が心を打つ。元商社マン・江木隆之さんの「英対話」。体験を社会に生かす。

英語。 春から始めようと思っていらっしゃる方、多いのでは? これまで海外旅行に行 …

鈴虫おじさん。夏休み前、鈴虫を近所にわけていたおじさん。もらっても繁殖はできず。いつかは……。

まだ少し早いのですが、7月20日前後、 夏休み前の頃、近所のおじさんの家から、 …

今まで包丁すら握ったことがない知合いから、鶏ハムと自家焙煎珈琲豆をもらった。自炊が寿命を延ばす?

以前、高齢者の世話をする専門家の方から お話を伺ったことがあります。 たくさんの …

「花は咲いているけれど、見る人の心のありようで、見えたり見えなかったりする」。いつも通る店の藤の花に気付かなかった自分。

先日、母と近所を歩いていたら、 母が「もう藤が咲いている」と言いました。 藤には …