亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

ため息は幸せを逃がす。口癖は人生を決定する。

   

小さい頃、「はあー」とため息をつくと、
父母や周囲の人から、
「ため息をつくと、幸せが逃げる」と
よく注意をされました。

それからなるべく人前では
ため息をつかないようにしています。

先日、ストレスに関する専門家が書いた記事を
読んでいたら、知らない間に、何度も出てしまう
ため息は、ストレスが非常に強くかかったり、
精神的な疾患にかかっている場合が多いので要注意。

ただ積極的に意識してため息をつくことは、
腹式呼吸をして酸素をより多くとりいれることになり、
脳や体が活性化し、ストレス発散になると。

思わぬため息の効能にびっくりさせられました。

ため息をつくのと同じくらい、注意されていたのは、
「でも」「だから」「自分なんか」といった否定的な
口癖。

言う方もまた聞く方も嫌な気分になり、
その場の空気がよどみ、活気がなくなり、
沈んでしまうのでやめなさいと言われてきました。

昨日、あるところを訪れた際、そこの方が、
ご自身への戒めとして次のような言葉を記して、
壁に貼られていました。

「口癖が人生を決定する」。

以前にも書いたことがあるのですけれど、
その人が思わず言ってしまう言葉づかいは、
その人の考え方の癖、性格を如実に表すのだそう。

自分のように相手が何を言っても、
「でも」で始める人は、相手を否定し、
自分を認めさせたいと考えている。

つまり自分の方が相手より立派で優れている
と思っていると。

思っているから口にでる。
口にすると、またそう思うようになる。
そうしてどんどんと、言葉の通りになっていく。

それがプラスの言葉ならいいが、
マイナスだと、どんどん悪い方向に。

小さいころと同じ注意を、昨日見たのもなにかの縁。
口癖に注意したいと思います。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

郵便局の人がわが家にお米を持ってやってきた。その訳は。

昨日、電話があり、近所の郵便局の人が、 わが家に今日の昼、やってきました。 手に …

三浦雄一郎さんの「攻める健康法」。「余命3年」宣告からの復活。「ヘビーウォーキング」「男性ホルモン補充療法」

80歳でエベレスト登頂に成功した三浦雄一郎さん。 2018年、85歳で、世界第6 …

温活。お勧めされたのは、カイロポケット付き薄型腹巻き。腹巻き、カイロのW温熱パワー。お腹と背中を同時に。

体温が低下すると免疫機能が低くなり、 風邪、インフルエンザはもちろん、 様々な病 …

取引先の人から打ち合わせの後、驚くべき告白。定年前の海外移住。

取引先で打ち合わせ。 1時間くらいで終わり雑談。 取引先の人は、9月に入ってから …

知人から教えてもらったすぐに食べられるキウイとアボカド。ついに購入。知人がこの商品に抱く不安と嫌な気分とは?

昨日、近所のスーパーに行って、 ついにずっと欲しかったものを 買いました。 キウ …

今年2015年は、平成27年。そして昭和90年。明治148年、大正104年。

2013年12月に、サザンオールスターズの桑田佳祐さんが、 「昭和八十八年度! …

朝日新聞連載の「折々のことば」を毎日書写する知人。読み、切り抜き、書き写し、貼るというアナログな行為が言葉を血肉にする。

以前、このブログで、毎日、筆ペンや筆で、 自分の好きな言葉や偉人の言葉を手書きす …

知合いが始めた定期契約・支出の見直し、カット。リスト化しておくと、万が一の際、遺族が助かる。

あなたは定期的 (毎日、週間、月間、季間、年間など)な契約を どのくらいされてい …

母子手帳ならぬ「祖父母手帳」。今時の子育ての常識をまとめた手帳をさいたま市が発行。「孫育て」と「孫疲れ」。

何年か前、中学の同級生(女性)に孫が出来たと知り、驚きました。 若い時に結婚し、 …

「鑿(のみ)と言えば槌(つち)」。気働き。「一を聞いて十を知る」。

あなたは、 「鑿(のみ)と言えば槌(つち)」(もしくは「鑿と言わば槌」) という …