亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

あなたは、今日で生まれてから何日ですか? 1万日=27歳4ヶ月、2万日=54歳9ヶ月、3万日=82歳1ヶ月。万日を祝う動き。

   

あなたは、今日が生まれてから
何日目かご存じですか?

これまで、生まれてから何日たったか、
確かめたことはありますか?

2013年1月21日ふと思い立って、
インターネットのあるサイトを使って、
確かめてみました。

中途半端な日数だったのですが、
その数字の大きさに驚いてしまいました。

あれからもう1271日。
時の流れの速さにまたもやびっくりです。

2016年7月15日、読売新聞。
《生誕1万日 お祝いの日に》《「2万日」「3万日」…新しい記念日》
との記事が出ていました。

《人生の節目となる新たな記念日として、
誕生から1万日や1万にtいなどの「万日」を祝う
動きが広がっている》との内容。

1万日のサプライズプロポーズをしたカップル、
2万日を娘さんからサプライズでお祝いされたお母さん、
2人の様子が紹介されています。

なぜこうした万日が注目されたのか?

記事では、次のように分析されています。

《2015年の日本人の平均寿命は世界1位の83.7歳。
日数換算で「人生3万日時代」と言われるようになり、
万日の節目が注目され出した》。

「人生3万日」と自分が聞いたのは、もう少し前で、
それを聞いて2014年にブログに記事を書きました。

また2013年に自分が生まれてからの日数を計算して、
やはりブログにエントリーをアップ。

ただその時は「お祝い」という意識はありませんでした。

記事では、この万日をめぐる
最近の動きについても記されています。

2016年2月に、一般社団法人「10000日記念日」が
http://www.10000days.net/
設立されたそう。
そのサイトでは、生年月日を入力すれば、万日目を
いつ迎えるかが計算できるようになっています。
(なお生まれた日=誕生日は0日目という計算となっています)
またお祝いのメッセージ付き証明書も。

また万日を祝う風船も発売されているとのこと。
さらに結婚式場の口コミサイトは、万日を記念した
イベント、例えば誕生1万日目に式を挙げるプランが
増えるのではと予測しています。

なんだか、商業的な匂いが強くなるのは
個人的にはちょっといただけない気がします。

1万日目の誕生日で思い出したのは、
映画「ハウルの城」の原作
「魔法使いハウルと火の悪魔―ハウルの動く城」。

ハウルが年齢に関して次のように語ります。
「その日(夏至)は僕が生まれてから
一万日目なんだよ、お節介さん」。

生まれてから1万日ということを意識することが
イギリスにはあったのでしょうか?

イギリスを始めとする欧米でも
こうした1万日を祝う意識が高まったのは、
古いことではなく、SNSが盛んになったつい最近。

1975〜89年生まれの世代「ジェネレーションY」の間で、
祝うことがブームになったのだそう。

1万という切りのいい数字の節目であることに加え、
「27歳」という年齢は、自分の生き方を見直すのに
ふさわしい時期であることも、
こうしたお祝いの背景にあるようです。

“10k Day”もしくは”Tk Day”と呼ばれているみたいですね。
アルク、英辞郎on the web
http://eow.alc.co.jp/search?q=10K+day

ちなみに
〇10,000日 27歳4ヶ月と19日前後
〇20,000日 54歳9ヶ月と4日前後
〇30,000日 82歳1ヵ月と19日前後
〇40.000日 109歳6ヶ月と8日前後。

万日は余りにも間があきすぐているので、
個人的には1日1日を大事にしながらも
千日も意識して節目を乗り越えていきたいですね。

アーティスト、ニック・ケイヴの
生誕2万日目を見つめるという形で、
彼の人生、そして発想の秘密に迫る音楽ドキュメンタリー。

関連エントリー
《人生やり残しリスト》
あなたは、今日で生まれてから何日ですか?
日本人男性の平均寿命が80歳を超える。人生3万日。健康寿命は?

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ジョギング好きの知合い、足底腱膜炎に。意外なところに原因。

同年代の知人は、もう何年も前から、 毎日ジョギングをしています。 久しぶりに先日 …

「雨のことば辞典」。雨づくしの1200語。青葉雨、麦雨。雨濯、筍流し。豊かな言葉。

新聞の書籍広告に、 「雨のことば辞典」が出ていました。 《雨づくしの一二〇〇語》 …

「古川に水絶えず」。わが家の意味は、一般的なそれとは違っていた。

自分の祖父母や両親から 教えられていたことと、 世間一般の教えが異なる。 そんな …

12月1日「乙子の朔日」。月に一度、朔日(ついたち)を「自分のための日」に。1日、15日に赤ご飯(小豆ご飯、小豆がゆ)の風習。

12月1日。 月の第一日は朔日(さくじつ、ついたち)。 以前、別のところに書いた …

「咢堂が雄弁は真珠玉を盤上に転じ、木堂が演説は霜夜に松籟を聞く」とは?

2015年4月28日、読売新聞の編集手帳。 同紙に掲載された小学4年生の 「右側 …

毎朝のカプチーノのカップが重いと言い出した母。軽くて丈夫で持ちやすく、安っぽくないコーヒーカップはどこに?

裕福な家に生まれ育って、 自分で働いたことのないことのたとえとして、 「箸より重 …

80代の知合いが8月に受けた健康診断、栄養指導で、栄養不足中でもタンパク質不足を指摘される。

先日、80代の知合いに合った時、 「いやー、栄養不足だっていわれちゃって……」 …

鎌倉大仏。2016年1月~3月、調査のため、拝観できず。

去年、本当に久しぶりに長谷寺と 鎌倉大仏を訪れました。 鎌倉大仏では、胎内巡りも …

寒中、明日2016年1月21日は大寒。寒稽古、寒餅。寒紅。

2016年1月20日、東京は外に出ると、 体の芯から冷えるような寒さでした。 今 …

2015年統一地方選の投票日の天声人語。菊池寛の「入れ札」。投票とくじ引き。

2015年4月26日、統一地方選の投票日ですね。 東京都中央区に住んでいます。 …