生涯で2枚だけ名刺を受け取らなかったことがある。温厚な年上の方が明かしたその理由。

スポンサーリンク
未分類

出張先で取引先の方と立ち話。

かなり地位の高い方なのですが、
出入りの業者にも気さくに声をかけ、
話してくれる方です。

業界の最新の情報を教えていただきました。
それに関連して、意外なエピソードが
明かされました。

次のような内容です。

もうそろそろ仕事人生を終える。
これまでのビジネスで数え切れない人と出会い、
名刺交換をしてきたけれど、これまで2人だけ、
初対面の時に、名刺をもらわなかった、また
その場で返した人がいると。

その2人の名前も教えてもらったのですが、
どちらとも会ったことがある人物でした。
その2人はプライベートはもちろん、
ビジネスでも、一緒に仕事をしたくない
と思わせる2人でした。
(その後、一緒に仕事をしたのですが、
2度目はありません)

その話を聞いて、意外に思いました。
というのは、取引先のその方は、
誰にでも気軽に接し、温厚で付き合いやすい
人物だと思われているからです。

名刺を交換しなかった理由を尋ねました。

理由は簡単。
その2人とも自分のことばかり考え、
相手を利用しようとばかり考えているから。

その方曰く、そうした人と無理してつきあっても、
結局はいい仕事ができないし、やればやるほど、
心身ともに毒になるからだと。

その人は、上の立場で、
自分で決済できる権限を持っているので、
下の地位にあるものとは事情が異なると思います。

ただ、自分の価値観、生き方に照らし合わせてみて、
ダメだと判断したなら、目先で、いくらお金が
もうかると思っても、付き合うのはやめた方がいいと。

自分にあわない人とつきあう害は、
目には見えず、すぐに金銭には
換算できないかもしれないが、
大きく自分の身体と心をむしばんでしまうと。

ストレスの9割は対人関係と言われているそう。
取引先のその方から、これから生きていくのに、
大きなヒントをいただいたように感じました。

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント