亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

ご近所でペットのお葬式。慰霊堂で個別に火葬、お骨上げ、合同納骨。ここまでするのは、気持ちの整理、区切りでペットロスの軽減。

   

先日、ご近所でペットのお葬式がありました。

年配のご夫婦が長年飼っていた犬が、
亡くなったとのこと。

最近は、ペットの葬儀屋さんがいくつもあり、
その中から、信頼の出来る所を選び、自宅まで
引き取りにきてもらい、慰霊堂まで一緒に行き、
そこで火葬してもらい、骨上げした後、骨壺を
慰霊堂に収めた(合同納骨)とのこと。

ペットの葬儀、納骨に関しては、
いろいろ細かく分かれているようです。

自宅に引き取りにきてくれ、
専用車で個別に火葬。
骨上げも行い、遺骨は引き取る。

引き取ってもらい、他のペットと一緒に、
合同で火葬。遺骨は引き取らず。
(合同で保管)

ひきとってもらい個別に火葬。

上のように、慰霊堂で
個別に火葬するものの、
業者に一任する場合と、
立ち会う場合など。

それぞれに細かく値段がついています。

ご近所さんは、以前、別の犬が亡くなった時は、
引き取ってもらい、合同で火葬。合同で遺骨を供養
という形式だったそう。

けれど、人間の場合のように、
火葬した後、お骨を拾って、骨壺につめて……
と最後の最後まで、つきあえず、
お別れが出来なかったことで、のちのちずっと悔いが
残ったので、今回は、慰霊堂まで行き、個別に火葬し、
骨上げし、そこに収めるという形をとったようです。

それによって一区切りついたとのこと。

そのご夫婦は、年齢も年齢なので、
今後は犬、猫などは飼わないと。

かつての犬たちの写真、ビデオ、そして
遺骨で、これまでの楽しい思い出を振り返り、
心の平安を得たいとのこと。

亡くなったペットのために、自分たちは、
できる限りのことを最後までしてあげた
というのが、悲しみを少しでも
軽くしてくれるのでしょうね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

大人のための粉ミルク「ミルク生活」。森永乳業が販売開始。昔はやった粉ミルクダイエット、美容法。

もうずいぶん前になりますが、 赤ちゃん、乳児が飲む粉ミルクを 大人が飲むというの …

養父市、ごぞんじですか? 「ようふし」「ようちちし」? 2015年8月11日朝日新聞に全面広告。市町村生き残り戦略。

「養父市」という市をごぞんじでしょうか? 兵庫県にある市です。 日本全国には難読 …

チェッコリ。本を学び終えたあと、先生に感謝し仲間と祝う韓国の行事。大叔母の思い出。

チェッコリ。 韓国語です。 頭の片隅に、 このちょっと可愛い響きの言葉があります …

認知症発表の大山のぶ代さんが、声優の仕事に復帰。認知症になっても仕事は可能。ケアの重要性。

2015年5月に、夫の砂川啓介さんが、 妻である大山のぶ代さんが 認知症の闘病中 …

家に来ていたつがいのホオジロ。一羽がいなくなり、ひとりぼっち。年を取ると、花鳥風月が心にしみる。

家に少しだけ木が植わっています。 そこに様々な生き物がやってきます。 一番多いの …

2月6日は海苔の日。海外在住の友人たちの日本食への思い。一枚の海苔が教えてくれたこと。

2月6日は海苔の日だそう。 http://www.zennori.or.jp/d …

握力が強い人は、長生き。脳卒中、認知症のリスクが少ない。

少し前から母が、 親指の力が入りにくい と訴えていました。 かかりつけのお医者さ …

「縛りを解き放て」。お孫さんの「なんで」攻撃で悟った知人。

お子さん、お孫さんなど、 家族と一緒に過ごすことが多いお正月。 知人のお孫さんは …

高齢の知人、2017年から財布を持たないことにした。その理由は?

春財布。 ご存じですか? 新春、立春に財布を買う (もしくは買ってもらう)と 金 …

一人暮らしの知合いたが、旅の仲間(旅友)を募るサイトを利用。

一人旅も良いですけれど、 集団で行く旅行も思い出を後で、 語り合え楽しいですね。 …