年を取ると、味覚は子どもの頃に戻るのか? 甘くないみたらし団子を食べたいと岐阜出身の母が言い出す。

スポンサーリンク
未分類

お昼過ぎ、家に帰ると、母が、
「お団子が食べたい。お醤油味の」
と言い出しました。

「みたらし団子?」と聞くと、
甘いのではなく、生醤油をつけて焼いたもの
とのこと。

母の出身地の岐阜では、
醤油だけをつけて焼いたものを
「みたらし団子」と呼ぶようです。

東京では、甘みをたした葛いりの醤油味のものを
「みたらし団子」とよび、醤油をつけて焼いたものは、
「醤油焼き団子」「生醤油団子」などと呼んだりします。

東京にお嫁入りして、とまどったものの一つに、
この「みたらし団子」があったと言います。

長い東京生活で、東京の甘い「みたらし団子」にも慣れ、
近所の和菓子屋さんのものを食べていたのですけれど、
どうした訳か、このごろ、無性に小さい頃食べた、
「みたらし団子」が食べたくなったようです。

「年を取ると味覚が子どもの頃に戻る」なんて
言われますが、それが母にも起こったのかもしれません。

という訳で、とりあえず近所の和菓子屋さんへ。

馬喰町の亀屋大和に。
http://kameyayamato.co.jp/introduce.php

自転車を飛ばしていきました。
残念。
ほかのところに比べれば、
砂糖は控えめですが、入っています。

焼き団子
《タレには、醤油・砂糖・味醂(みりん)の
調味料しか使用せず、代々続く秘伝の配合で
作り続けています。》

夕方、合羽橋によったあと、
浅草、国際通り沿いの「桃太郎」へ。

こちらは、生醤油だけの焼き団子が売っています。
ところが、合羽橋での用事が手間取り遅くなったため、
醤油団子は売り切れ。(かわりに豆大福購入)

こうなったら、もう一軒ということで、
仲見世から1本裏の「浅草よ兵衛」へ。
http://www.agemochi-yohei.com/
http://tokyobookmark.net/selections/detail/2283
こちらは団子と揚げ餠のお店。

こちらも時間が遅かったので、
「生醤油」「のり」が売り切れ。
(生醤油、あまから、のり、
つぶあん、ごまあんの5種)

わが家の近くで、生醤油の団子を
売っているお店。

「羽二重団子」
https://www.habutae.jp/
《昔ながらの生醤油の焼き団子と、
渋抜き漉し餡団子の二種類を商っております。》

本店は日暮里だが、東京駅、
日本橋高島屋などに入っている。

「茂助だんご」
http://www.mosukedango.co.jp/
醤油焼き
http://www.fukumo.jp/about.html

築地市場内が本店だが、松屋銀座、
聖路加国際病院などで売られている。

〇みたらし団子
甘みのあるみたらし団子は、
下鴨神社近くにある「加茂みたらし茶屋」の主人が考案。
それが全国に広まったとされる。

それ以前のみたらし団子は、醤油焼きのもの。

賀茂御祖神社(下賀茂神社)の葵祭や
御手洗会(みたらしえ)などの時に氏子が家々で作り、
のちには神社の茶店で売った団子。
小さな団子を5つずつ串にさし、醤油でつけ焼きにした。

岐阜県飛騨地方では、京都のそれが
伝わったまま、今に受け継がれている。

「みだらし(団子)」と濁る。

東京などでは、団子は4つだが、
高山では京都と同じく5つ。
街のあちこちに屋根のついた
小さな店があり、そこで焼かれ
販売されている。

二四三屋
陣屋だんご店など。

 

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント