亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「思い出とは?」「過ぎ去ったもののことをいうのではない、過ぎ去らなかったもののことを言うのだ」。

   

ノンフィクション作家・久田恵さんの
産経新聞の連載「家族がいてもいなくても」。

9月1日は《過ぎ去らなかった思い出》
と見出しが出ています。

《家族がいてもいなくても(463)
クールコーヒー飲みながら…
過ぎ去らなかった「思い出」について》
http://www.sankei.com/life/news/160901/lif1609010014-n1.html

久田さんの家のご近所にある「隠房(かくれんぼう)」という
http://www.kakurenbou.jp/
自家焙煎、ドリップ淹れのコーヒー店の
店主との奇縁について書かれています。

今から3年前に、ご自宅の最寄り駅のホームで、
店主から声を掛けられ、四十数年ぶりに再会したとのこと。

この店主は、かつてはミュージシャン志望の大学生。

久田さんが作詞した人形劇の脚本の
挿入歌を作曲した方だったのだとか。

四十数年ぶりの再会。
そんなことってあるんですね。

この出会いがきっかけとなり、
ご自身が20代のころに書いた台本、
芝居の手書きのチラシを発見し、
当時の記憶が鮮明になってきたと言います。

お店で店主が命名した「クールコーヒー」を飲みながら、
当時の思い出話で盛り上がったとのこと。

エッセイの最後は、店からの帰り道に
ある詩人の言葉が思い浮かんだとして、
次のフレーズを書かれています。

「思い出とは、過ぎ去ったもののことをいうのではない、
過ぎ去らなかったもののことを言うのだ」。

あー。
これは長田弘さんの作品ですね。
(長田弘さんは残念ながら、
2015年5月3日、75歳で亡くなられました)

「思い出」ではなく
「記憶」だった気がしますが……。

「記憶のつくり方」との詩集の
「あとがき」の中に出てきます。
http://www.shobunsha.co.jp/?p=1075

《記憶は、過去のものではない。
それは、すでに過ぎ去ったもののことでなく、
むしろ過ぎさらなかったもののことだ。》

さらに続きます。

《とどまるのが記憶であり、じぶんのうちに確かにとどまって、
じぶんの現在の土壌となってきたものは、記憶だ。
記憶という土の中に種子を播いて、季節のなかで手をかけて
そだてることができなければ、ことばはなかなか実らない。
じぶんの記憶をよく耕すこと。その記憶の庭にそだってゆくものが、
人生とよばれるものなのだと思う。》

この本には、そうして育ててきた長田さんの記憶から
紡ぎ出された作品が並べられています。

《ジャングル・ジムに登りきったときふいに
空が展(ひら)け、訪れる静かな世界》、
そしてそこから落ちた時の痛み。

学校を休んだ時の午前の光に感じる孤独。

主に子どものころに記憶された情景を
大人になってからも育て続け、それを
思い起こして言葉が綴られています。

誰のものか忘れてしまいましたが、
「記録ではなく、記憶されたものだけが人生だ」
という言葉があります。

紙、写真、ビデオなどに記録されている人生の一コマ。
しかしそこにその時のすべてが記録されている訳ではありません。
その場所の匂い、触感、自分の感情、感覚などは、
自分の記憶の中にしかありません。

膨大な時間の中から記憶された
一瞬、一瞬がその人の人生を形作っている
と言えるのではないか。

お金や物より、そうした記憶を
たくさん持っている人の方が、
豊かで充実した人生なのかもしれません。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

あなたの靴下は膝下までありますか? 膝下靴下をはき始めて、足元が暖かくなったと知人。意外に多い男性の脚のむくみ、冷え症。 

あなたの靴下の長さはどれくらいですか? かかとくらいまでの若者は別にして、 多く …

参議院議員の三原じゅん子さんが段差で転ぶ。緑内障、目のトラブルが隠れている場合も。転倒予防する。

元女優で、参院議員の三原じゅん子さん51歳が、 2016年1月4日、段差で転んだ …

「大番頭」ってどう読みますか? 「おおばんとう」「おおばんがしら」。

「大番頭」。 どう読みますか? 突然、知合いから上の単語を書いた紙を 見せられ、 …

ちょっとした手助けに、シルバー人材センターの利用。わずかな金銭的負担で生活が楽になったと知合いの高齢者。

電球の付け替え、掛け時計の電池交換、 敗れた網戸の張り替え、いらなくなった 鉢植 …

スイートコーンのゆでたてを食べながら、昔のモチトウモロコシを思う。

昨日、お隣の方から、 トウモロコシをいただきました。 お隣も知合いから、もぎたて …

「ノートルダムのせむし男」問題。劇団四季、2016年12月から「ノートルダムの鐘」を上演。「せむし男」はなぜ消えた。

地下鉄の車内広告に、 劇団四季が12月11日から上演を予定している 「ノートルダ …

無塩朝食で本格的に高血圧対策を始めた知合い。

このブログでも何度もご紹介していますが、 日本人の食塩摂取量、1日あたり 成人男 …

夜中のセミの声。けれど日中、セミ捕りの少年は見かけない。

毎日、1時間ウォーキングをしています。 夏の間は日中、暑いので、日が暮れてから …

素人ながら、知人が美術オークションに毎月、参加。会場がわが家の近くでびっくり。

バブルの頃、大量に買った絵画、彫刻類。 それらをどうにかしようと、 知人は、もう …

「干」と「千」。間違いやすいですね。東京メトロ、「北干住駅」と1ヶ月近く間違ったパネルを表示。

海外に行って、ホテル、日本料理のお店などにいくと、 その説明書き、メニューなどに …