亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

勧められた「ところ天」を食べて見たら……。「友達の誘いには乗ってみるものだ」との祖母の教え。

   

あなたは、ところ天がお好きですか?

夏の暑い日、少し冷やした
ところ太をすすり込む。
細長い糸が、あっさりつるつると、
口からのどに滑り落ちる。

たまりませんよね。

かけるのは、黒蜜、三杯酢、生姜醤油、
青のり、ごま、唐辛子粉など。

あなたはどんな味で召しあがりますか?

つゆ、芥子などが、
天草の香りと弾力に風味を加えてくれますね。

先日、ある友達から、ところ天好きの自分に
「最近、見つけたんだけれど」と、
ある会社のところ天を勧めてくれました。

以前にも築地の路地裏にある
自家製のところ天、寒天を作っている
人気の甘味処も教えてくれた友人です。

天まめ
http://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13168055/

本当だったら、その店のところ太を買い、
自宅で食べる直前、ところ天突きでついた
つきたて(?)を食べるのも最も美味しい……
のですが、いつもそういう訳にはいきません。

という訳でパッケージに入った製品を紹介してくれたのです。

http://www.mutsumi-tokyo.co.jp/itemlist/zeitaku.html

早速、近くの店で買ってきて、食べてみました。

少し柔らかめで香り高い。
付属の柚子鰹つゆがすごい。
醤油は近藤醸造の「キッコーゴ丸大豆醤油」、
枕崎産のかつお節、国産柚子果汁。
粉末で柚子唐辛子、さらに四万十川産の糸青のり、
金ごまふりかけも。

いつも買っているものより少し高めですが、
高いだけの価値はありました。

頂きながら、教えてくれた友達に感謝。
そして祖母の言葉を思い出していました。

「友達の誘いには乗ってみるものだ」。

自分のことを思って、誘ってくれる。
そうしたものには、まず行ってみる、
おこなってみる、実行してみるものだと。

新しいこと、危険を恐れ、またおっくうがって
断っていると、誰からも誘われなくなる。

世界を広くするチャンスを逃すことになる。

「ところ天」で、人生のチャンスとは
大げさですが、そうした姿勢は案外、
大切なことなのかもしれませんね。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

長嶋茂雄さん「人生は習慣の織物である」。アナウンサー中井美穂さんが30歳の時に贈った色紙の言葉。

2016年7月30日読売新聞に、 第22回口腔保健シンポジウムの様子が 2ページ …

ため息は幸せを逃がす。口癖は人生を決定する。

小さい頃、「はあー」とため息をつくと、 父母や周囲の人から、 「ため息をつくと、 …

92歳の女性、マラソンを完走。女性の最高齢。マラソン開始は76歳から。いくつになってもできる。

毎日、ウォーキングを続けています。 それで体重を減らし、ランニングを始め、 最終 …

ノートパソコンの故障で反省。モノへの感謝の気持ち、忘れていなかったか。故障はあなたの身代わり。

2016年7月16日、毎日、メインで使っている ノートパソコン、レッツノートが突 …

年を取ると、味覚は子どもの頃に戻るのか? 甘くないみたらし団子を食べたいと岐阜出身の母が言い出す。

お昼過ぎ、家に帰ると、母が、 「お団子が食べたい。お醤油味の」 と言い出しました …

知人がこの冬、買って感動するほど良かったものは? 卓上切り出し七輪。

久しぶりに食通の知人に会いました。 会ってすぐに彼が話し始めたのは、 この冬買っ …

月待ち、スーパームーンの中秋の名月、そしての後の月。三夜の月見。

2015年9月27日、明日は、旧暦の8月15日、 中秋の名月ですね。 東京地方は …

家庭内の投票の秘密。夫と妻、親など家族のの投票先を知っていますか?

明日、2017年10月22日は衆議院選挙ですね。 全国的に天気が悪い予想が出てお …

燻製より簡単。干物、一夜干し作りに励む知合い。料理をしたことがない人でも簡単に出来る。

定年を迎えた知合い。 まだ仕事は続けていますが、 以前に比べて、時間が出来たので …

スロージューサー。人参林檎ジュースを毎日、作り飲んでいる友の悩み。大量の絞りかすの消費。コールドプレスジュース。

朝日新聞土曜版。 青木奈緒さんの連載「作家の口福」。 《うまし悩まし健康ジュース …