亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

勧められた「ところ天」を食べて見たら……。「友達の誘いには乗ってみるものだ」との祖母の教え。

   

あなたは、ところ天がお好きですか?

夏の暑い日、少し冷やした
ところ太をすすり込む。
細長い糸が、あっさりつるつると、
口からのどに滑り落ちる。

たまりませんよね。

かけるのは、黒蜜、三杯酢、生姜醤油、
青のり、ごま、唐辛子粉など。

あなたはどんな味で召しあがりますか?

つゆ、芥子などが、
天草の香りと弾力に風味を加えてくれますね。

先日、ある友達から、ところ天好きの自分に
「最近、見つけたんだけれど」と、
ある会社のところ天を勧めてくれました。

以前にも築地の路地裏にある
自家製のところ天、寒天を作っている
人気の甘味処も教えてくれた友人です。

天まめ
http://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13168055/

本当だったら、その店のところ太を買い、
自宅で食べる直前、ところ天突きでついた
つきたて(?)を食べるのも最も美味しい……
のですが、いつもそういう訳にはいきません。

という訳でパッケージに入った製品を紹介してくれたのです。

http://www.mutsumi-tokyo.co.jp/itemlist/zeitaku.html

早速、近くの店で買ってきて、食べてみました。

少し柔らかめで香り高い。
付属の柚子鰹つゆがすごい。
醤油は近藤醸造の「キッコーゴ丸大豆醤油」、
枕崎産のかつお節、国産柚子果汁。
粉末で柚子唐辛子、さらに四万十川産の糸青のり、
金ごまふりかけも。

いつも買っているものより少し高めですが、
高いだけの価値はありました。

頂きながら、教えてくれた友達に感謝。
そして祖母の言葉を思い出していました。

「友達の誘いには乗ってみるものだ」。

自分のことを思って、誘ってくれる。
そうしたものには、まず行ってみる、
おこなってみる、実行してみるものだと。

新しいこと、危険を恐れ、またおっくうがって
断っていると、誰からも誘われなくなる。

世界を広くするチャンスを逃すことになる。

「ところ天」で、人生のチャンスとは
大げさですが、そうした姿勢は案外、
大切なことなのかもしれませんね。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

形見分けするより、生前プレゼント。亡くなる前に親しい人を呼んで物を整理。

形見分け。 亡くなった人を思い出すよすがとなる品を、 親しい(目下の)人に分ける …

地震、火災など非常時に備えて持つべき意外なグッズとは。

箱根の大涌谷、 2015年5月25日、月曜日。 5月29日、口永良部島の噴火、 …

ご飯の量が減って栄養失調気味と言われた高齢の知合い夫婦が、食べる量を倍増させた方法は?

あなたは1日、どれくらいご飯を 召しあがっていますか? 病気などで、ご飯を控えて …

直木賞作家・黒川博行さんの新作「勁草」。勁草書房の由来。「疾風に勁草を知る」とは。

直木賞作家・黒川博行さんの新作「勁草(けいそう)」。 広告が2015年7月6日の …

50年以上取り続けた宅配牛乳をやめるにあたって、母が配達店に書いた手紙。

50年以上、ずっと取り続けていた 宅配牛乳を今日で終わりにしました。 とることを …

「赤いアンデス」。38年ぶりにアンデスメロンの新品種、誕生。

「アンデスメロン」、お好きですか? 小さい頃、メロンは、高級品でした。 あったの …

温活を本格的に開始。白湯、温熱サポーター。今年から加わったジンジャーココア。

あるとき、久しぶりに体温を測ったら、35度台。 それに驚いて、体を温める温活を始 …

「ノーチラスな人びと」ってどんな人?

「ノーチラスな人びと」。 日本評論社の書籍広告が、 2015年4月14日の毎日新 …

日常の小さな贅沢が人生を豊かにする。作家・池波正太郎の母のにぎり寿司。

長時間、パソコンの前座っているせいか、 目が疲れ、背中、肩が張っています。 スト …

寒い季節。暖かいスープ、煮物を作るのに最適。プチプチ、発泡スチロールで省エネ、ほったらかし保温調理。

寒い季節、暖かい料理が恋しい季節となりました。 冷え性で体温が低く「温活」をして …