認知症に効果? 夢の薬、物質か、「プラズマローゲン」。日本が精製、実験中。

スポンサーリンク
未分類

認知症。
高齢化社会を迎えた日本だけでなく、
世界的にも患者が増えている病気です。

全世界がこの治療薬、治療法を見つけようと
必至になって研究・開発を行っています。

その中で、有力な物質が見つかり、
現在、実験が行われている最中とか。

実験中なのですが、すでにかなり
有望な結果が出ているようです。

その夢のような物質は「プラズマローゲン」。

これは、もともと人や動物の体内にある物質。
抗酸化、イオンの輸送に重要な役割を果たす
リン脂質の一種だそう。

日本で研究開発したのは、九州大学名誉教授で
内科医の藤野武彦さん。
脳疲労を専門に研究されている方です。

20世紀末にアメリカで、亡くなったアルツハイマー病患者の脳で、
このプラズマローゲンが減少していることが明らかに。
その後の調査で、生きている患者の血液でも減っていることがわかりました。

ここから研究がさらに進み、このプラズマローゲンが、
認知症の予防、進行を防止するとの結果が出たのです。

この結果が分かってから、プラズマローゲンを
抽出、精製する研究がスタート。

それを世界で初めてなしとげたのは、
藤野さんと共同で研究を行っていた
九州大学の馬渡志郎博士。

2009年に高純度のプラズマローゲンを
大量抽出・製造することに成功したのです。

このプラズマローゲンを動物実験で確認。
《プラズマローゲンは①海馬の神経細胞を新生する
②βアミロイドによる認知学習障害を改善する
③神経炎症・βアミロイドの蓄積を防ぐ事、
及びそのメカニズムが明らかとなりました》。

次は人。
2013年から、福岡大学医学部(と共同で
アルツハイマー型認知症40人を対象に実験開始。

その結果、プラズマローゲンを投与したグループは、
認知レベルの向上が見られたとのこと。

アルツハイマー型のみならず、
レビー小体型認知症、意味性認知症でも
改善例が見られているようです。

そして2014年11月から、軽症アルツハイマー病400人を目標に、
多施設二重盲検臨床試験(6カ月)が開始し、実験中とのこと。
軽症アルツハイマー病を除く全認知症に対して、
3カ月間のオープン試験(実薬のみ投与)も実施中とのこと。

医薬品になるには時間が10年単位でかかるので、
まずはサプリメントの形で発売するとのこと。

九州医事新報《「プラズマローゲン」で認知症改善。世界が変わる、やっと変わる。》
http://k-ijishinpo.jp/article/2015/201503/001870.html
レオロジー機能食品研究所
http://www.reoken.com/
鶏の胸肉から抽出していたが、現在はホタテ貝から。
プラズマローゲン
http://www.reoken.com/material/plasmalogen.html
http://www.reoken.com/plasmalogen/

製品開発例
プラズマローゲンSゼリー
http://www.reoken.com/product/plasmalogen.html
プラズマローゲン研究所
http://www.pls.jp/
FAB
http://www.plasmalogen.co.jp/
「高純度プラズマローゲン」サプリ
(こちらのサプリは鶏ムネ肉から抽出)
http://www.suppli-tm.com/pls/

夢の扉+
《難題「認知症」に、型破りな手法で挑む!
“5人に1人”の危機!?~ある物質の“知られざる力”とは
ドリームメーカー:
九州大学名誉教授 内科医/藤野武彦さん》
http://www.tbs.co.jp/yumetobi-plus/backnumber/20150208.html

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント