亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

萩の花。ご覧になったことありますか? 秋の萩見。萩寺。花を愛でて季節の移り変わりを感じる。

   

「花より団子」という言い回しがあります。

「風流より実利を重んじる」
といった意味合いです。

あなたは、「お萩」を
召し上がったことはありますか?

おそらく甘いものが苦手な方でも、
小さい頃に、一度は口にされたことが
あるのではないでしょうか?

そのお菓子の名前の元になった
と言われているのが「萩」です。

秋の七草の一つですけれど、あなたは、
萩の花をご覧になったことがありますか?

意外に少ないのでは?

知り合いは、春の桜はもちろん、
季節季節の花をその旬の時期に、
名所を訪れ、愛でるという行楽を
行っています。

花は、年に一度しか咲かず、
先送り先送りをしていると、
結局、機会を逃し、一生、
その花を愛でずになくなってしまう
と考えたから。

母もそうですが、年をとればとるほど、
季節の移り変わりが心にしみるようになる。

時の移ろいを象徴するのが花。
その花をしっかり見て、その生命力を
心に刻んでおこうと思うようです。

知人も同様に、東京の花の名所を
あちこち訪れています。

萩の名所は、わが家からも
意外に近い場所にありました。

江戸時代から「萩寺」として名高いのが、
亀戸の龍眼寺(りょうがんじ)。
http://www.ryugenji.net/

《江戸初期には、住職が百種類もの萩を諸国から集めて
境内に植えたことから、通称“萩寺”として多くの
文人墨客が訪れ、「江戸名所図会」には萩を愛でる
人々で賑わう様子が描かれています。》

ちなみに江戸時代の花見は春は梅、
そして秋は萩だったとか。

境内には松尾芭蕉の句碑が。

「濡れていく 人もおかしや 雨の萩」

境内には数種類のあわせて
数千株もの萩が植えられているそう。

見頃は秋のお彼岸の頃から、
10月の上旬。

残念ながらもう、今は見頃を過ぎたようです。

秋の花の名所
http://www.enjoytokyo.jp/feature/flower/cosmos/other.html?__ngt__=TT0c6dddcb3001ac1e4a1021MspdiS4kVEc9f1PfVB8wuw

個人的にも、花に限らず、
季節ごとの自然の移り変わりを
じっくりと感じたいと思う年頃になりました。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

炊飯器のご飯。どこが一番美味しい? 羽釜を使いおくどさんで炊いた銀シャリの美味さ。ご先祖様への感謝の心。

この6月末から7月ころは、 電気炊飯器の新製品が発売される時期なんだそう。 梅雨 …

秘密のお米結社から、ブランド米の贈り物。今日は龍の瞳、昨日はなすひかり。

最近、日本各地で様々なブランド米が 誕生し、販売されていますね。 北海道のななつ …

アルファフェイバリット英和辞典第2版を読む。 eleven~。

eleven 11、11個の、11人 eleventh 11番の、第11の 11 …

「朝起きたら目があかない」。何事と思って近所の眼科医に問い合わせたら……。

あなたは、 朝起きて、目を開けようとして、 目が明かなかったことはありますか? …

現金は重い。腰痛めると常陽銀行が、ロボットスーツを導入。

すでに様々な農業やビジネスの場に取り入られている ロボットスーツ。 今度は、常陽 …

背中合掌、また割りできますか? 毎日のストレッチで出来るようになった知合い。

背中合掌という言葉を お聞きになったことはありますか? 普通、合掌は胸の前で 両 …

「人生最後のご馳走」。淀川キリスト教病院ホスピス・こどもホスピス病院の取り組み。ガン患者の食の願いをかなえる。

「人生最後に何を食べたいか」。 よくこんな質問がされ、答えます。 あなたは最後は …

勤続30年・銀婚式の記念の四国旅行で、珍しい自分の名字と同じ駅名を見つけた知合い。ルーツ探し。

先日、ある方と知合いました。 とても珍しい名字だったので、 名前の由来、出身地を …

地蔵盆の思い出。大阪の祖母宅で過ごした夏休み。

「地蔵盆」。 ご存じでしょうか? 関西方面、北陸、長野の方は当たり前。 他の地方 …

認知症予防に食前10分のガムかみが効果あり。

このブログや別ブログで、チューインガムを上手く活用すると、 ドライマウス、歯周病 …