亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

50年以上取り続けた宅配牛乳をやめるにあたって、母が配達店に書いた手紙。

   

50年以上、ずっと取り続けていた
宅配牛乳を今日で終わりにしました。

とることを決めたのも、
辞めるのを決意したのも母です。

50年前、取り始めた時は、家の周囲には、
コンビニやパン屋さんなど、牛乳を売る店はなく、
毎朝、飲みたいと思ってもすぐに買える所が
なかったので、取り始めたそう。

医者からも、タンパク質、カルシウムをとるのに、
牛乳が最適といわれたのも、とるのを決めた
理由のようです。

家族が増えるにつれ、本数を増やしました。

けれど姉の結婚などで家族も減り、
母も年をとるにつれて、毎日1本を
飲みきれなくなってきたのです。

最近では週に6本の宅配牛乳を
余すようになっていたのです。

また家のすぐ近くに24時間営業の
ミニスーパー、コンビニもでき、
いつでも牛乳を手に入れられることも、
宅配をやめる理由となりました。

母が骨粗しょう症の検査を受けたとき、
「この年齢にしては、骨がすごく丈夫です」
と言われ、「それは、おそらく毎日、しっかりと
牛乳を飲み続けたおかげ」
と医者から言われのを嬉しそうに何度も
家族に話していた母。

そんなこともあって、母は、
宅配牛乳には大きな感謝の念を
持っていたようです。

「宅配牛乳をやめようと思うけど」
と相談された時、
「お母さんがいらないのなら、もうやめれば」
と答えたのですが、もしかしたら、母は、
「僕がかわりに飲むから……」
と答えてほしかったのかもしれません。

昨日の夕食の時、母は
「手紙を書かなくては」と
話しかけてきました。

「誰に?」と尋ねると、
「牛乳屋さんに。長い間世話になったから。
でも、うちみたいにやめる人ばっかり増えて、
大変だねー、この商売も。でも時代かねー」
と寂しそうにぽつり。

寝る前には、その手紙を書き終えていました。

これまで長期間にわたって配達してくれた牛乳が、
自分も含め、家族の健康を支えてくれたお礼。
ただ最近では家族も減り、自分も年を取り、
飲み残してしまうようになったこと。
なの残念だが配達をやめざるを得ないこと。
最後は、お店の人の健康、商売繁盛を願う
言葉で締めたようです。

空き瓶とともに手紙を牛乳箱の中にいれたようです。

今朝、配達された牛乳瓶を取り込みながら、
「牛乳屋さんはどうおもったかなー」との
母のつぶやきを聞き、ぐっと何かが
こみあげてきました。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

健康のためのインターバル速歩。脳のためのドリルなどで大活躍しているグッズとは?

インターバル速歩。 ご存じでしょうか? 通常のウォーキングではなく、 あるときは …

「三塁生まれ」とは? 「銀のスプーンをくわえて生まれる」。乳母日傘。

2015年4月28日、東京新聞のコラム筆洗。 「三塁の上で生まれた」との表現を取 …

読み終えた新聞をビリビリ破って捨てる人の気持ち。大阪の電車の網棚。

仕事柄、毎日新聞を大量に読んでいます。 読み終えた後の新聞。 家、会社にいるとき …

「思い出とは?」「過ぎ去ったもののことをいうのではない、過ぎ去らなかったもののことを言うのだ」。

ノンフィクション作家・久田恵さんの 産経新聞の連載「家族がいてもいなくても」。 …

絵本の読み聞かせボランティアのトレーニングに参加した知合い。簡単だと思っていたが……。記憶力向上に効果。

60代の知合いが、子どもたちに絵本を 読み聞かせるボランティアになりたいと 思っ …

給食から、あのソフトめんが消える? 小さい時の味の記憶。

学校給食の思い出。 いろいろあります。 地域や年代によって、いろいろと異なってい …

アルファフェイバリット英和辞典第2版を読む。carat~。

アルファフェイバリット英和辞典第2版を読む。 carat カラット オランダ語k …

80代の知合いが8月に受けた健康診断、栄養指導で、栄養不足中でもタンパク質不足を指摘される。

先日、80代の知合いに合った時、 「いやー、栄養不足だっていわれちゃって……」 …

ホームのベンチを線路と垂直に。コの字形で授業をしたら学力向上。夫婦の座る位置を変えたら。

毎年、春から夏にかけて通っている取引先は、 京王線の沿線にあります。 このため、 …

生涯で2枚だけ名刺を受け取らなかったことがある。温厚な年上の方が明かしたその理由。

出張先で取引先の方と立ち話。 かなり地位の高い方なのですが、 出入りの業者にも気 …