亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

50年以上取り続けた宅配牛乳をやめるにあたって、母が配達店に書いた手紙。

   

50年以上、ずっと取り続けていた
宅配牛乳を今日で終わりにしました。

とることを決めたのも、
辞めるのを決意したのも母です。

50年前、取り始めた時は、家の周囲には、
コンビニやパン屋さんなど、牛乳を売る店はなく、
毎朝、飲みたいと思ってもすぐに買える所が
なかったので、取り始めたそう。

医者からも、タンパク質、カルシウムをとるのに、
牛乳が最適といわれたのも、とるのを決めた
理由のようです。

家族が増えるにつれ、本数を増やしました。

けれど姉の結婚などで家族も減り、
母も年をとるにつれて、毎日1本を
飲みきれなくなってきたのです。

最近では週に6本の宅配牛乳を
余すようになっていたのです。

また家のすぐ近くに24時間営業の
ミニスーパー、コンビニもでき、
いつでも牛乳を手に入れられることも、
宅配をやめる理由となりました。

母が骨粗しょう症の検査を受けたとき、
「この年齢にしては、骨がすごく丈夫です」
と言われ、「それは、おそらく毎日、しっかりと
牛乳を飲み続けたおかげ」
と医者から言われのを嬉しそうに何度も
家族に話していた母。

そんなこともあって、母は、
宅配牛乳には大きな感謝の念を
持っていたようです。

「宅配牛乳をやめようと思うけど」
と相談された時、
「お母さんがいらないのなら、もうやめれば」
と答えたのですが、もしかしたら、母は、
「僕がかわりに飲むから……」
と答えてほしかったのかもしれません。

昨日の夕食の時、母は
「手紙を書かなくては」と
話しかけてきました。

「誰に?」と尋ねると、
「牛乳屋さんに。長い間世話になったから。
でも、うちみたいにやめる人ばっかり増えて、
大変だねー、この商売も。でも時代かねー」
と寂しそうにぽつり。

寝る前には、その手紙を書き終えていました。

これまで長期間にわたって配達してくれた牛乳が、
自分も含め、家族の健康を支えてくれたお礼。
ただ最近では家族も減り、自分も年を取り、
飲み残してしまうようになったこと。
なの残念だが配達をやめざるを得ないこと。
最後は、お店の人の健康、商売繁盛を願う
言葉で締めたようです。

空き瓶とともに手紙を牛乳箱の中にいれたようです。

今朝、配達された牛乳瓶を取り込みながら、
「牛乳屋さんはどうおもったかなー」との
母のつぶやきを聞き、ぐっと何かが
こみあげてきました。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

3時間931円のレンタカー。足利市のエコレンタカー。沖縄もレンタカーが安い。

先日、足利市を仕事で訪れました。 東武伊勢崎線足利市駅から取引先まで、 2人でタ …

「トイレが詰まりました」を正確な英語で言えるより大事なこと。

海外のホテルでトイレが詰まった経験はありますか? 何度かあります。 困りました。 …

申年の赤い下着で病気知らず。イタリアでは大晦日に赤い下着で福を呼ぶ。

もうずいぶん前になります。 巣鴨のとげ抜き地蔵にお参りした後、 参道の商店街を見 …

「大番頭」ってどう読みますか? 「おおばんとう」「おおばんがしら」。

「大番頭」。 どう読みますか? 突然、知合いから上の単語を書いた紙を 見せられ、 …

ゆで卵入りかまぼこ「アリマド(アルマド)」。懐かしい思い出の味。

2016年12月20日、BS日テレ 《三宅裕司のふるさと探訪》は、アンコール放送 …

「使えるときに使っておかないと、年を取ると使えなくなるよ」。高齢の知合いがお金を使い始めた訳。

80歳過ぎの知合いが、 最近、急にお金を使い始めたそうです。 例えば、これまでど …

またもや近所の個人経営のお店が閉店。絶品のサンドイッチ・調理パンがもう味わえなくなる。

今日の昼前、母が買い物から帰ってきて、 「パン屋さんがこの12月23日で閉店する …

年をとればとるほど歴史を知りたくなる。世界史の勉強を始めた友達。「世界史20話プロジェクト」。

絶え間なく揺れ動く世界情勢。 今の世界の動きを深く知るには、 世界史の知識が欠か …

永六輔さん。亡くなる。各地を旅して、そこの体験、空気を、放送で伝える。民俗学者・宮本常一の言葉を実践。

放送作家、作詞家、エッセイスト、 ラジオパーソナリティなど 数多くの肩書きを持ち …

高齢の知人、2017年から財布を持たないことにした。その理由は?

春財布。 ご存じですか? 新春、立春に財布を買う (もしくは買ってもらう)と 金 …