亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「ありがとう」がない社会・民族。それはアマゾンのマチゲンガ族。

   

人類がアフリカからアメリカ大陸まで広がった
道を逆向きに旅する「グレートジャーニー」、
そして、日本列島にたどりついた人類の旅をたどる
「新グレートジャーニー」をなしとげたのが、
探検家で武蔵野美術大学教授の関野吉晴さんです。

2016年10月21日、読売新聞夕刊、「いま風」、
「にほんご」の《言葉のアルバム》に登場しています。

その中で関野さんは、大学時代に
アマゾンをゴムボートで下った際に
初めて訪れ、以来、何度も訪れている
源流に広がるジャングル。
そこにあるペルの先住民マチゲンガ族について
語っています。

関野さんは、徒歩が基本で、化石燃料を使う
エネルギーに頼らず、手こぎのカヤックや
帆を掛けたカヌーで海を渡るなど、自分の力、
自然の力で移動、旅します。

一直線にゴールを目指す旅ではありません。
《旅の信条は「待つ」こと》だと。

現地の暮らしや文化に影響を与えたくないので、
時間をかけて友達になるところから始めると
言います。

写真の許しをえるまで1ヶ月以上かけたこともあったそう。

彼らは獲物が捕れたさいには、関野さんにも
分け隔て無く振る舞ってくれる。

彼らは、《自然を破壊せず、自然に
寄り添って生きる。蓄えはなくても、みんなが
平等に暮らしていた。共同体の中で人々が
つながり合う姿が魅力的だった》と。

関野さんは、《日本で希薄になりつつあった
人と人とのつながりを取り戻すヒントが、
辺境の暮らしにあるのではないか。》

それが、探検家を志すきっかけだそう。

次の関野さんの言葉が、この記事の中で、
個人的にはもっとも衝撃を受けたものです。

《「ため込まずに分かち合う。支え合うのが
当たり前だから、ありがとうみたいに感謝する
言葉もない。》

あなたは、いかがですか?

感謝する言葉もない民族、社会。

これまで、私たちは、何かされたら、
必ずありがとうといいなさいと教わりました。
感謝の心が大事だと。

以前、海外の各地に出かけた人のはなしを
伺ったことがあります。

その人が、旅を充実させるためのコツを
いくつか教えてくれました。

その一つは訪れる国の言葉を覚えること。
すべてを覚えられない場合は、3つ覚えること。

その3つとは、「こんにちは」(挨拶)
「ありがとう」(感謝)、
そして「ごめんなさい」(謝罪)だと。

その人は、この3つの言葉・感情は、
全世界どの民族でも同じだから
と話していたのです。

自分もなるほどと納得したのでした。

しかし、「ありがとう」といった感謝の
言葉がない社会・民族があるとは。

それはある意味、
理想的な社会なのかもしれませんね。

関野さんの本は何冊も読み、
お話を伺ったことも、そして、
「グレートジャーニー展」にも行ったことがあります。

改めて、関野さんの本を読み返してみたいと思いました。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

早起きすると、梅の香りの贈り物。東京地方の梅、2016年1月10日開花。

2016年1月10日、今日も東京地方は、 暖かで穏やかなお天気で春のようでした。 …

俳句が趣味の知り合い。データベース、アプリをフル活用。

藤井裕太四段の活躍で、 久しぶりに将棋を始めて、 驚いたのが、将棋ソフトの充実ぶ …

最近、来たお嫁さんだけが気づいた家の水の異常。慣れは怖い。

あなたは毎日、どんな水を飲んだり、 料理に使ったりしていますか? 水道水をそのま …

糖尿病はマグネシウム不足から?

糖尿病、糖尿病予備群の人の数が増えています。 カロリーをとらなくなったのに、なぜ …

知人のお母さんが毎日、「トットちゃん!」を見ながら行なっていること。

現在、テレビ朝日系で お昼の12時30分~12時50分に 放送中のドラマ「トット …

枕元の「宝水」入れに最適なストロー付きのボトル。深夜、のどの渇きをうるおす。脳梗塞の予防にも。

「宝水」をご存じですか? 以前、このブログで書いたことがあるのですが、 旅館など …

旅先で自分に絵はがき・手紙を出す。あとあと最高の自分へのお土産に。ご当地フォルムカード、特別消印。

高齢になっても足繁く、様々な所に 出かけている知合いの方からちょっといいな と思 …

声帯の老化を防ぐため毎日、家で大きな声で歌う。近所迷惑にならない秘密兵器。

最近、誤嚥性肺炎にならないように 喉を鍛えるという体操、本について 紹介しました …

中原誠将棋名誉王座が脳出血、大腸がんで引退した後、励みにした画家・中川一政の生き方。真鶴の港を20年間描き続ける。

日本経済新聞の「私の履歴書」。 著名人が自分の人生を振り返る 人気の連載です。 …

高齢の知人が修理・交換してうれしいモノとは?

先日、会社と仕事場で使っている ボールペン2本の芯を使い切りました。 近所の文房 …