亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「ありがとう」がない社会・民族。それはアマゾンのマチゲンガ族。

   

人類がアフリカからアメリカ大陸まで広がった
道を逆向きに旅する「グレートジャーニー」、
そして、日本列島にたどりついた人類の旅をたどる
「新グレートジャーニー」をなしとげたのが、
探検家で武蔵野美術大学教授の関野吉晴さんです。

2016年10月21日、読売新聞夕刊、「いま風」、
「にほんご」の《言葉のアルバム》に登場しています。

その中で関野さんは、大学時代に
アマゾンをゴムボートで下った際に
初めて訪れ、以来、何度も訪れている
源流に広がるジャングル。
そこにあるペルの先住民マチゲンガ族について
語っています。

関野さんは、徒歩が基本で、化石燃料を使う
エネルギーに頼らず、手こぎのカヤックや
帆を掛けたカヌーで海を渡るなど、自分の力、
自然の力で移動、旅します。

一直線にゴールを目指す旅ではありません。
《旅の信条は「待つ」こと》だと。

現地の暮らしや文化に影響を与えたくないので、
時間をかけて友達になるところから始めると
言います。

写真の許しをえるまで1ヶ月以上かけたこともあったそう。

彼らは獲物が捕れたさいには、関野さんにも
分け隔て無く振る舞ってくれる。

彼らは、《自然を破壊せず、自然に
寄り添って生きる。蓄えはなくても、みんなが
平等に暮らしていた。共同体の中で人々が
つながり合う姿が魅力的だった》と。

関野さんは、《日本で希薄になりつつあった
人と人とのつながりを取り戻すヒントが、
辺境の暮らしにあるのではないか。》

それが、探検家を志すきっかけだそう。

次の関野さんの言葉が、この記事の中で、
個人的にはもっとも衝撃を受けたものです。

《「ため込まずに分かち合う。支え合うのが
当たり前だから、ありがとうみたいに感謝する
言葉もない。》

あなたは、いかがですか?

感謝する言葉もない民族、社会。

これまで、私たちは、何かされたら、
必ずありがとうといいなさいと教わりました。
感謝の心が大事だと。

以前、海外の各地に出かけた人のはなしを
伺ったことがあります。

その人が、旅を充実させるためのコツを
いくつか教えてくれました。

その一つは訪れる国の言葉を覚えること。
すべてを覚えられない場合は、3つ覚えること。

その3つとは、「こんにちは」(挨拶)
「ありがとう」(感謝)、
そして「ごめんなさい」(謝罪)だと。

その人は、この3つの言葉・感情は、
全世界どの民族でも同じだから
と話していたのです。

自分もなるほどと納得したのでした。

しかし、「ありがとう」といった感謝の
言葉がない社会・民族があるとは。

それはある意味、
理想的な社会なのかもしれませんね。

関野さんの本は何冊も読み、
お話を伺ったことも、そして、
「グレートジャーニー展」にも行ったことがあります。

改めて、関野さんの本を読み返してみたいと思いました。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

申年の赤い下着で病気知らず。イタリアでは大晦日に赤い下着で福を呼ぶ。

もうずいぶん前になります。 巣鴨のとげ抜き地蔵にお参りした後、 参道の商店街を見 …

90歳の知人、88歳の時に免許返上。70代前半の知合いも、あと2~3年で運転を止めると決意。高齢者の運転問題。

先日、東京郊外に住む 90歳の知合いとお会いしました。 中華料理の昼食をご一緒し …

駅弁の掛け紙についての新刊を見て、胸がちくちく痛む。

あなたは鉄道旅で駅弁を買われますか? 多くの方はイエス と答えるのではないでしょ …

母が急にモズクをたくさん買ってきた。アルギン酸、フコイダンが腎臓によい? 幻の手摘みモズク。

モズク、 お好きですか? 毎日1個ずつ食べられるように モズク酢のパックを買って …

「心の白い人」とはどんな人?  ミャンマーから来た新聞奨学生が落とした7万円、無事、戻る。

少し前になりますけれど、 2016年4月7日、毎日新聞の都内版に、 およそ7万円 …

体力測定の結果、体力年齢=実年齢+30歳を嘆く知人。

体育の日の休日。 体を動かされましたか。 この日に、各地で運動会や、 体力に関す …

電動スープメーカーを買って、1年365日スープを飲んで健康になった知合い。スープ健康法。

料理研究家の辰巳芳子さん。 映画にもなったスープ作り。 病床のお父さんのために …

大竹しのぶさんがスリランカで体験したシロダーラ。悲しい思い出が次々と。

女優・大竹しのぶさんが、 朝日新聞夕刊に連載しています。 3月10日の話題は、 …

日課を楽しくこなすための工夫。高齢の知合いが実行している方法。「三日三月三年」。

小さい頃、母・祖母によく言われていた言葉の一つが、 「三日三ヶ月三年(みっか・み …

2月23日富士山の日。富士山初登頂した友人が強烈に富士登山を勧める訳。

語呂合わせで2月23日は富士山の日だそう。 富士山というと、 数年前の友達のチャ …