亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「いらなくなった本棚、譲ります」と、大量の蔵書を整理・処分した知合い。「本の並びは自分の頭の中の歴史」。

   

読書週間が始まりました。

最近では、電子書籍が徐々に
普及していているようです。

電子書籍なら、何冊あろうが、
体積が増える心配はありません。

それに比べて、紙の本は、
増えれば増えるだけ、部屋を占領していきます。

書斎だけでなく、トイレ、廊下、階段などに、
あふれた本に悩んでいる愛書家の方は多いのでは
ないでしょうか。

自分よりずいぶん上の先輩が、
仕事、生活を変えることになりました。
仕事場を借りていたのですが、そこを
引き払い、また一軒家のご自宅も処分し、
マンションに引っ越しをされるそう。

それを機会に不要なものを整理すると。
家・仕事場の中でもっとも場所を
とっているのが、本・雑誌類。

これを機に思い切って整理・処分することに。
目標は本棚2本分。従来の10分の1の冊数。

とにかく残したいものには、
テープで印をつけたそうです。
(その時点ではまだ目標オーバー)

それから後輩、知合いなどを仕事場、家に呼び、
印欲しいものはもっていっていいと呼びかけた
のですが、ほとんど減らなかったそう。

続いては、本の買い取り業者に売ることに。
申し込むと、段ボールを無料で送ってきたといいます。

そこに詰めて、業者に送ると、しばらくして、
買い取り額の提示があり、それに納得すれば、
口座に振り込まれて手続き終了。

その正確な額は教えてもらえませんでしたが、
万の単位に届くか届かないかくらいだと。

おそらく買った額の100分の一ほどではないでしょうか。

それでも処分できたということで
あきらめがついたといいます。

そうそう、その知人がそうした本の整理をするにあたって、
先に処分した人からアドバイスをもらったとか。

そのアドバイスの一つが、
本棚に並んだ状態の写真をとっておくこと。
つまり背表紙が並んだ状態を記録しておくこと。

電子書籍にはない、紙の本の良さは、
図書館、本屋のように背表紙をざっと眺められること。
その並びで、これまで自分が読んできた、買ってきた
本の歴史、また自分の本を読んだ感想、思想が蘇るのだと。

なるほどそうかもしれませんね。

紙の本だと、本棚のどこに置いてあったかとか、
一冊の本だと、本の厚みのどのあたりか、
ページの中の位置で、書かれていた箇所を
思い出したりします。

本がある空間、また本自体の中に、
これまで本とともに過ごした
楽しい時間が詰まっているのかもしれません。

本を整理した知人は、そうすることで、
もう一つ不要になったものが出ました。

それは本棚。
長い間使ったものですが、まだ新品同様。
このまま捨てるには惜しいと、やはり
知人・友人に譲る旨、告げたそう。

けれど反応は鈍かったそうです。

また知人に教えられ、
地元の情報交換サイト(アプリ)にも情報を
流したものの、問い合わせはほとんどなかったとのこと。

今どきは、家に立派な本棚
という時代ではないのかもしれませんね。

このまま引き取り手がいなければ、
粗大ゴミとして区に有料でひきとってもらうとのこと。

なんだかもったいないことですね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「花の司の牡丹でさえも 冬は菰着て 春を待つ」。辛抱して待てば、いつかよい日が来る。

俳優・歌手の梅沢富美男さんが、 毎日新聞の「私だけの東京」に登場しています。 毎 …

またもや近所の個人経営のお店が閉店。絶品のサンドイッチ・調理パンがもう味わえなくなる。

今日の昼前、母が買い物から帰ってきて、 「パン屋さんがこの12月23日で閉店する …

ある焼き肉店の店主。味のためにどんどん捨てる肉。儲けより信念。誠実さとは。

先日、NHKの番組「プロフェッショナル」で、 山谷のコーヒー豆焙煎、喫茶店のカフ …

近所の餅名人にとっての日本一の草餅は?

聖路加国際病院の帰りに、 出入り口近くの売店の外で、 草餅を販売していました。 …

イオンの「伊勢形紙」を使った浴衣のCMを見て。伊勢「形紙」と伊勢「型紙」。

2015年5月26日、テレビを見ていたら、 イオンの浴衣のコマーシャルが。 それ …

日本で2番目に小さい市ってどこ? 小田急線のダイヤ改定で大喜びの市民。各停のみから準急停車へ。

「日本で2番目に小さい市」。 ご存じですか? よぽどのクイズマニアかその市及びそ …

初詣のおみくじで「いろいろな所に出かけよ」との内容のお告げを信じ、歩き回った知人は……。

初詣でおみくじをひいたら、 「いろいろな所に出かけよ」といった趣旨の お告げが書 …

「大人に刺さる園児の名言」「見てる、知ってる、考えてる」。その年でないと出来ない表現。

先日、新聞の書籍広告に が出ていました。 タイトル通り、子どもが語った 大人が感 …

イワタニの煙が出ない「やきまる」、買いました。ヨドバシで諦め、ヨーカドーで。リビングで焼き肉。

岩谷産業の「やきまる」。 ご存じですか。 2017年春、テレビで紹介されたことで …

砂糖水に冷し飴、そしてニッキ水。懐かしの夏の飲み物。

自分が小さい頃、すでにラムネ、サイダーの ほかに、コカコーラ、ファンタ、チェリオ …