ニュースな言葉。500万円で落札された「五輝星(いつきぼし)」

ニュースな言葉

いつもニュースで伝えられる度に思っていました。
あんな高い値段で落札された食べ物は、
どこの誰が食べるのだろうかと。

夕張メロン、サクランボ、松葉ガニ、白トリュフ。

毎年、初物がとんでもない値段をつけるものがあります。

つい最近では、松葉ガニ。
11月7日になんと500万円の値がつきました。

この松葉ガニの行方を追った記事が
2019年11月26日の産経新聞に出ていました。

《世界最高額500万円のカニはどこへ行った》
https://www.sankei.com/premium/news/191119/prm1911190005-n1.html

500万円で落札されたのは、
鳥取県の最高級ブランドガニ「五輝星(いつきぼし)」だそう。

こちらは、5つの厳しい認定基準を満たしたもの。

鳥取県のサイトでは、
《基準
 大きさ 甲幅13.5センチ以上 
 重さ  1.2kg以上(重量は市場での販売時点に生で計測)
 形状  脚が全てそろっているもの
 色合い 鮮やかな色合い
 身入り 身が詰まっていること
 この5つの基準に基づき、10人の目利き人が
  厳しい目でトップブランドを選別します。
 ※重さの基準については、市場での販売時点(生)のものです。》
とあり、全体のわずか1.5%ほどだとか。
《令和元年度の松葉がにの初競りが行われました。》
https://www.pref.tottori.lg.jp/251719.htm

記事では昨年のデータがあがっており、
昨年は、総水揚げ量のわずか0.02%101匹だったとのこと。

今回のカニは、
《甲羅の幅14・6センチ、重さ1・24キロ。》

《落札したのは、鳥取市の仲買業者「かねまさ・浜下商店」》。
実際に、お客さんに提供したお店は、
《割烹(かっぽう)料理店「銀座結絆(ゆいな)」
(東京都中央区銀座7丁目)》。
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13240349/

聞いたことないと思ったら、今月4日にオープンしたばかりだとか。

お客さんから、五輝星のカニでの接待の注文が
あったので、「かねまさ・浜下商店」に落札を
依頼したとのこと。

11月9日の夜に、男性2人が、
松葉ガニを使ったコースメニューを食したとのこと。

このコースは、通常3万円。

この日の特別コースは、800万円。

《メニューは刺し身や焼きガニ、天ぷら、
しゃぶしゃぶ、雑炊、炊き込みご飯など。》

いやー、それにしてもすごいなー。
わずか1食で800万円か。

接待としても、これ、経費で落ちるんだろうか。

○2018年、200万円で落札されたカニがいるのは、
 鳥取市の水族館「とっとり賀露(かろ)かにっこ館」。
https://www.kanikko.jp/
 「かねまさ・浜下商店」が落札し、県に寄贈。
 そして上の水族館にきたんですね。

 なお平成27年、70万円、平成28年、130万円で落札された
 カニは、もう死んでいて剥製になって、同水族館に展示。

以前は、松葉ガニを食べに、
日本海のあるお店に行ったことがあるけれど、
今は昔ほどとれなくなったのか、相当高価。
もう手も足も出ません。

created by Rinker
西日本出版社
¥1,650(2019/12/14 22:12:28時点 Amazon調べ-詳細)

《No.5265 交際費等の範囲と損金不算入額の計算》
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/hojin/5265.htm

追記、2019年12月5日。
2019年12月5日放送、
「二代目 和風総本家」、
「先っぽ村でお悩み全部聞いてみた&
追跡!最高級品¥買ったのは誰?」2時間SPで、
この和食店で500万円のカニを召し上がった2人が、
顔出しNGでしたが、登場していました。
(50代の医院経営、50代の投資家)

Amazonサーチ
ニュースな言葉
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント