ニュースな言葉「としまえん」。営業再開も2020年8月で閉園。

ニュースな言葉

2020年6月15日、お昼のNHKニュースで、「としまえん」が営業再開した
とのニュースが放送されていました。

その中で、練馬区の遊園地「としまえん」
との表現に家族が戸惑っていました。

「としまえんなのに、豊島区ではなくて練馬区なの」と。

あなたはご存じですか。
昔は、品川駅は何区にある」などとともに、
よくクイズなどでも出されていたので、
ご存じの方も多いでしょう。

としまえん
http://www.toshimaen.co.jp/
豊島園
東京都練馬区向山3-25-1

豊島園の歴史
http://www.toshimaen.co.jp/guide/history.html

豊島園は大正15年に開設されました。
名前の由来は、次の通り。
《かつて、この土地を治めていた、豊島左近太夫景村の居城跡にあたることから、
名前もそれにちなみ「豊島園」と命名されました。》

豊島区の由来は。
《区名の由来・区のおいたち》
https://www.city.toshima.lg.jp/012/kuse/gaiyo/000782.html
《「豊島」の地名は、古代律令制下の武蔵国の郡名にまでさかのぼる》。
《大化2(646)年、大和政権から東国に派遣された国司の監査報告の中に
「豊島」の地名が見え、律令制定下(701年制定)の郡制制定後まもなく
郡名に用いられたと思われます。》
《豊島区は、昭和7(1932)年10月、東京市郡合併により近郊82カ町村が
東京市に編入され、新たに20区が設けられた際に誕生》。
《豊島区は、それまで北豊島郡下にあった巣鴨町・西巣鴨町・
長崎町・高田町の4つの町が統合されたもの》。
《北豊島郡がなくなることから、この郡の中心にあたるこの区に、
その由緒ある名前を残すことが決められ、「豊島区」が誕生しました。》

豊島左近太夫景村は鎌倉時代から室町時代にかけて、この辺りを治めていた武士。
その居城跡の住所は、大正15年当時は、東京府北豊島郡上練馬村です。
北豊島郡上練馬村は豊島区ではなく、練馬区となったので、
豊島園の住所は練馬区なんですね。

としまえんは、94年ほどの歴史がありますが、先日、
今年8月31日で閉園することを発表しました。
その後には、「ハリー・ポッター」の
テーマパーク20203年春にもオープン予定とのことです。

としまえんには、小さい頃は遊園地、大学生の頃はプール、
最近では、サウナ目当てに、「豊島園庭の湯」に行っていました。
「豊島園庭の湯」は9月1日以降も営業をするそうなので、
その点は安心です。

自分は、としまえんには、それほど思い入れはないのですが、
池袋出身の知合いは、小さい時から、小学校、家庭など
何かというと「としまえん」だったそう。
なかでも古いメリーゴーランドと、今は無くなってしまった
「アフリカ館」には、思い出がつまっているとか。
そうした知人にとって、としまえん閉園はショックだろうなー。

〇そういえば、ちょうど今時分、あじさいを見に行った記憶が。
〇社会人になって間もない頃、取引先の運動会がとしまえんで
 開かれ、手伝いに行った記憶も。

Amazonサーチ
ニュースな言葉
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント