買った値段以上に処分費がかかった不要品。安物買いの銭失いを体験した年下の知人。

スポンサーリンク
未分類

年下の知人が、結婚することになりました。

結婚準備のための引っ越しを
先日、行なったそう。

その時に感じたことがあるといいます。

事前に準備したつもりだったのですが、
結局、引っ越しの準備できず、
不要品の処分がぎりぎりになり、
高い廃棄費用を支払わなければならなかったとのこと。

そしてそれらの不要品の処分費用は、
買った時の値段以上かかったとのことです。

大学を卒業した後、アパートなどで一人暮らし。

何度かの引っ越しはしたものの、
基本的にずっと一人暮らし。

家電製品、家具類は、
引っ越しして傷むし、
すぐに結婚するだろうから
間に合わせで、安物を買ったと言います。

まあ10年ももてばいいと……。

ところが、一人暮らしが長引き、
10年が15年そして20年近くたって
ようやく結婚。

中には、買い換えたものも
あるそうですが、
基本的には大体20年物。

今時は古いものでも、
アプリ(メルカリ?)、オークションで
処分が出来るようですが、
時間がなかったため、
それがほとんど出来ず。

また知合い、後輩などに、タダで譲ろうか
(引き取ってもらおうか)と思ったのですが、
家電製品類は古すぎたり汚すぎててダメ。

また家具類も安物で20年も使っているので、
いくら無料でも、引き取る、もらいたいという人は
一人もいなかったそう。

もちろん新居には持って行けません。

時間があれば、自治体に頼めば
粗大ゴミとして、有料でも格安で、
引き取ってくれるのですが、
これも時間がなくできず。

最終的には電話1本できてくれた
専門業者に依頼することに。

一人暮らしにしては期間が長く、
物が多かったたのか、
費用はかなり多め。

間に合わせで安く買ったつもりが、
買った値段よりも高く付いてしまったのですね。

今は処分するにもお金がかかる時代。

買うならちゃんとしたものを買う。
それならいっそ購入せず、レンタル、リースで
借りてすます手もあったと強く思ったそう。

わが家も先日、家の物置などに長年使われず
眠っていた不要品を処分したのですが、
物を処分するには、費用はもちろん、精神的にも、
肉体的にもずいぶん負担がかかると痛感しました。

これからは大きなモノは、買う前に、
買わずにすませられないか、もし買うなら、
最後に処分することまでを
考えておかねばならないなと思いました。

 

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント