アルファフェイバリット英和辞典第2版を読む。erhinc~。

スポンサーリンク
アルファフェイバリット英和辞典第2版

アルファフェイバリット英和辞典第2版を読む。

erhinc 民族の
人種の。

ethnology 民俗学
ethos エトス
ある民族・社会に共通の気風・特性。
もともとはギリシア語でēthosで、
「倫理的に見た性質、状態、性格」の意味。
アリストテレス倫理学における重要な概念。
習慣的、持続的な性質・状態。習慣によって
獲得した資質のこと。
そこからさらにある民族、社会集団の慣習、
習俗、道徳。その基となった精神、特質を言う。
反対概念はパトス=揺り動かされた感情のこと。

etiquette エチケット
フランス語から、礼儀作法。
ワインボトルに貼られたワイン名、
産地・生産者などを書いたラベルのこと。
小学校の時の遠足。学校からバスで行く
ことが多かったが乗り物酔いをする人の必需品。
酔い止め薬を飲んでも戻してしまう人は、
乗っている間中、このエチケット袋を
口元にあてていた。エチケットと言えば、
もう一つこの名前が付いたグッズがある。それは
エチケットブラシ。服のほこりなどを取り除くブラシ。
どういう訳か中学の時にこれがクラス中ではやり、
みんな持っていた。

Eton イートン
ロンドンの西にある町。こちらにパブリック
スクールの名門であるイートン校(カレッジ)が
ある。1440年ヘンリー六世が創設した。
上流・富裕階級の男子の子弟を全寮制で教育している。
イギリスでは私立の中高一貫の男子校を指すが、
アメリカでは公立学校を指す。

Amazonサーチ
アルファフェイバリット英和辞典第2版
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント