久しぶりに昔、通った田舎料理の店を訪ねたら……。

スポンサーリンク
未分類

このところ、新宿三丁目の2つの取引先に、
毎週、定期的に通っています。

どちらも花園神社の近く。
昔、その参道に脇にある
田舎料理の店に、良く通っていました。

もともとは、そこの常連だった
取引先の先輩に連れて行ってもらい、
静かで落ち着いた雰囲気、そこの女主人の
人柄にひかれ、一時は、毎晩のように訪れていました。

けれどいつの間にか、新宿方面での
仕事がなくなったのをきっかけに、
足が遠のいていました。

夜にその店の近くで、仕事が終わるので、
女将さんの顔だけでも見ようと、
会議の後、言ってみました。

蒸し暑かったのか、店の引き戸はあけっぱなし。
でも中を覗くと、ママはいません。
カウンターに男性が一人。

訪ねると「まだ来てないよ」。
そう、この店は常連さんが、ビールを冷やしたり、
店番をしたりするんです。

残念ながら今夜は別の店で打ち合わせがあるので、
長居は出来ないので、花園神社をお参りして、
一回りして、再び店を訪れたら、女主人がいました。

とても明るい、元気な顔をしていました。
10年ほどの歳月の流れが信じられないくらい。
(でも腰の手術をして、店をやすんでいた期間もあったそう)

お店を開いたのが、昭和45年1970年。
それから、今年で45年になるんですね。

若い時に通っていた店が次々と閉店していくなか、
この店のママさんには、これからも長く続けて
いってほしいですね。

近いうちに、再訪して、話を聞きたいなー。

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント