拾った20ドルで宝くじを買ったら、100万ドルの大当たり。サンフランシスコ。

スポンサーリンク
未分類

あなたは、道ばたで20ドル、
2400円ほど拾ったらどうされますか?

警察、交番に届ける
と言う方が多いのではないでしょうか。

アメリカ、カリフォルニア州サンフランシスコ空港近くの
道ばたで20ドル札(およそ2400円)を拾った男性が、
その金で宝くじを買ったところ、なんと
100万ドル(およそ1億2千万円)が当たったと
カリフォルニア宝くじが発表しました。

削って数字をあわせるスクラッチ式の宝くじを
2枚買ったところ、その1枚が当たったものです。

この男性は空港で働くバーテンダー。
8月26日にお金を拾い、10年ぶりに宝くじを買ったそう。

マスコミは、「ベイエリアで最も幸運な一人」などと、
伝えているのですけれど、拾った20ドルで、宝くじを
買ったことについては、非難したり問題視したり
という報道はないそう。

もし日本で同様なことが起こったら、
どうでしょう。

日本の法律で言えば、この男性の行為は、
占有離脱物横領になるのかな。

〇拾得した場合
商店、モールなど誰かの管理下にある場合、
管理者に24時間以内に届ける。
路上で拾った場合、1週間以内に警察に届ける。
〇3ヶ月以内に所有者が見つからない場合、
届け出をした人の所有となる。
(以前は6ヶ月だったが、短くなった)

《Bartender finds $20 bill, wins $1 million California lottery with it》
http://www.reuters.com/article/2015/08/31/usa-lottery-winner-idUSL1N1161IP20150831

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント