アルファフェイバリット英和辞典第2版を読む。windswept~。

スポンサーリンク
アルファフェイバリット英和辞典第2版

アルファフェイバリット英和辞典第2版を読む。

windswept (場所が)吹きさらしの
windup 終結、投手のワインドアップ
ワインドアップとは、投手が球を投げる直前に、
両腕を振りかぶる行為。

windy 風の吹く、風の強い
脚本家の早坂暁さんの故郷は愛媛県松山市(旧・北条市)。
風早郡と呼ばれていた。隣の今治市出身の英語の先生が、
この風早郡の名前の由来が、風が吹く、風の強いところだから
と言った趣旨のことを話した。英語で言えばwindyと。
強く印象に残っている。
(高校時代の日本史の先生が「正岡」という名字。
正岡子規の一族。そもそもの起こりはこの風早郡だと。
なお一族の会で「正岡会」というのがあるらしい)

wine ワイン
小さい時、家にあったワインは、赤玉ポートワイン。
中学生の頃だったか、親戚か近所の人が海外旅行のお土産と
いって持ってきたのが、イタリアのキャンティワイン。
丸っこいボトルの底と側面の一部を、わらを編んだもの(こも)で
覆っていた特徴的なもの。(フィアスコボトル、fiasco)
もともと農家が自家用に編んでいたもので、伝統的なパッケージ。
しかし専門の編み手(職人)が少なくなり、一方で流通量が増えたので、
現在は昔に較べ、このボトルが少なくなったという。

Amazonサーチ
アルファフェイバリット英和辞典第2版
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント