銀行預金を、スーパーのレジでも引き出せるように。金融庁が規制緩和へ。

未分類

昔、イギリスに駐在していた高校時代の友達が、
日本にはない、スーパーでのサービスを教えてくれました。

それは、週末など、スーパーで買い物したとき、
買い物のついでにレジで現金を受け取れるというものです。
(キャッシュバック)

例えば60ポンドの買いものをしたとします。
レジでそれをキャッシュカード(デビット機能付き)で
支払います。(クレジットカードも使えるみたいです。
支払いにつくポイントはどうなるのかはその時、
聞かなかったのですが)

その際に、通常なら60ポンドということで、
それをクレジットカードで支払うのですが、
「20ポンドの現金が欲しい」と思った時、
「20ポンド、キャッシュバック」と告げると、
買い物の金額にキャッシュバックの金額20ポンドを加え、
80ポンドの支払い額にしてくれ、レジで、
20ポンドの現金がもらえるという仕組みです。

ATMで現金を引き出す手間と時間を節約できたり、
田舎でATMがなかったりするときに便利だと。
(買い物をせず、キャッシュバックのみはできない。
またキャッシュバックの利用額の上限も決められているそう)

日本でもようやく金融庁が、銀行預金をスーパーの
レジなどで、引き出せるよう規制緩和する方針のようです。

その方針を受け、みずほ銀行などが、2017年にも
サービスを始める準備をしているとのこと。

このサービスを使いたい人は、レジ係に、引き出したい金額を指定。
暗証番号を入力すれば、レジで現金を受け取ることが出来るというもの。
デビットカードと同じく、現金引き出しの分は、口座の預金からひかれます。

なおこのサービスの手数料は、無料になる見通しとのこと。

すでにキャッシュカードで買い物ができる
「J―デビット」というシステムがありますが、
これに対応している銀行のカードであれば使えるそう。

なお最近では、宅配業者が、クレジットカード支払いなどの
支払いのため、携帯型端末を持っていますが、それにも
対応し、現金引き出しができる見込みです。

日本では、海外に較べまだまだ現金支払いの割合が高く
(およそ54%)、現金の必要性が高いので、
こうしたサービスの需要はあるようです。

○利用額の制限
利用額は、最大でも3万円程度。
レジに現金がないときは、
店側がサービスを断れる。

○銀行側のメリット
ATMの維持費用より安く、現金引き出しの手段を帝京できる。

オールアバウト
《イギリス/イギリスのお土産・ショッピング
ココに注意! スーパーでの暗黙ルール》
http://allabout.co.jp/gm/gc/79259/2/

○スーパーなどのレジでキャッシュバックするメリット
買い物のほかにわざわざATMを探さなくてすむ。
街中にむき出しにあるATMより、スーパーなどの
店の中、人がいるところで渡してくれるので安全。

○個人的には、昔に較べ、現金支払いの割合が激減している。
千円単位の買い物などの場合はクレジットカード。
小額の決済は電子マネー(Edy、Suica、nanacoなど)
地方都市などで、クレジットカードも電子マネーも
使えない所は、今でも現金が必要なんだろうなー。
たまに出張、旅行で地方に行ったとき、現金の持ち合わせが
少なくて、心細くなる時がある。

コメント